毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

BanG Dream! 4th☆LIVE Miracle PARTY 2017! at 日本武道館 2017.8.21 ライヴ・レポート

レポート●早川洋介

ファンを飽きさせないエンターテイメント性溢れる『バンドリ!』ライヴ

武道館といったら、ロック・バンドの聖地だって刷り込まれてますね。“ライヴハウス・武道館”というフレーズの印象もありますし、あとは“魔物が住んでる”とも言われたり」(愛美/vo, g)
 
私は“ビートルズが立ったから聖地になった”というイメージが強いですね」(大塚紗英/g)

コミックやTVアニメ、ゲームなど、様々な形で展開するメディア・ミックス・プロジェクト『BanG Dream!(バンドリ!)』。その世界とリンクする形で、声優を務める5人のキャストにより現実でも結成されたのがガールズ・バンド:Poppin’Party(通称ポピパ)だ。筆者が初めて彼女達のステージを観た時、想像以上に生々しいサウンドとライヴ感溢れるパフォーマンスに驚かされたというのが正直なところだったりする。加えて、初の日本武道館公演が決定した際に、ギター・チームの愛美と大塚紗英は冒頭に書いたような話を取材時にしていたが、そんなどこかロック・ファンの心をくすぐる言葉も相俟って、本誌的にも注目してきた存在なのである。

2017年8月21日。メジャー・デビューから1年半、ガールズ・バンド史上最速のタイミングで日本武道館ワンマンを実現させたポピパ。アリーナ中央に設置されたセンター・ステージの存在感もさることながら、360度開放された客席が、2階スタンド最上部まで埋め尽くされた画は実に壮観だ(オーディエンスが手にした色とりどりのサイリウム・ライトも鮮やか!)。

オープニングでは、インタビュー/リハーサル風景/過去のライヴ・シーンなどを織り交ぜたドキュメントVTRがステージ上空の全方位型スクリーンに映され、ドラマティックな演出を経て、メンバーが劇的に登場…! TVアニメ『バンドリ!』のオープニング主題歌「ときめきエクスペリエンス!」でライヴをスタートさせたが、ポップでありつつ、バンドらしいリアルな音像は武道館でも変わらずだ。サビでは、舞台中央の円型ステージが回転し、まさにアニメのオープニング・ムービーの再現となる。トレードマークである真紅の“RANDOM STAR Kasumi”を手にして歌う、戸山香澄役=愛美の目力の強さにも初っ端から引き込まれた。

続いて、「夏空SUN! SUN! SEVEN!」「ぽっぴん’しゃっふる」「1000回潤んだ空」をメドレーで披露。このセクションでは、頭打ちのビートやスピーディーなシャッフルなど、山吹沙綾役=大橋彩香(dr)による多彩なリズムが光り、青色の“SNAPPER Tae”を操る花園たえ役=大塚紗英のロックンロール・ギターも華々しいパーティー・ムードを演出する。また、客席にほど近い位置まで移動してプレイする際、市ヶ谷有咲役=伊藤彩沙(key)はショルダー・キーボードを持ってパフォーマンスと、“魅せる”ことにも余念がない。


以降、ポピパ誕生までの軌跡をミニ・ドラマと楽曲を組み合わせて描いていったり、その後は各メンバーがハンド・マイクを持って歌うソロ・ナンバーを連打。そこで大塚は、本誌上でも公言していた通り、「花園電気ギター!!!」の冒頭で“歯ギター”(ジミ・ヘンドリックスなどで有名な、ギター表面を顔に近づけて歯で弦を弾く奏法)を披露した模様。しかしながら、2階スタンド席のてっぺんからでは細部までの確認が難しく…。次の機会には、例えばソロ・タイムの一環などで、もう一度じっくりと見たいところだ。

そして中盤、メンバーが輪になり、椅子に腰掛けながらアコースティック・ヴァージョンで2曲をプレイ。テイストは変われど、「走り始めたばかりのキミに」の存在感はさすがで、叙情的でドラマティックなアレンジが光る。愛美はコード・ストローク主体、一方の大塚はアルペジオでメイン・メロディーも交えながら演奏し、2人が使うエレアコは同じ仕様ながら、ここでも各カラーが赤と青に分かれているのだ。この曲で大橋は両手にボール・マラカスを持ち、その音色が良いエッセンスとなって響く。

続いて、「初めて5人で合わせた曲」「この曲からすべてが始まった」(愛美)と紹介された1stシングル「Yes! BanG_Dream!」になると、伊藤は何とピアニカをプレイ。また、牛込りみ役=西本りみ(b)は指弾きの柔らかなニュアンスで曲を彩っていき、そのサウンドスケープの中でフレージングが活きていた。オーディエンスのハンドクラップも温かい。

さて、ハイライト・シーンはまだまだ続き、衣装を着替えたメンバーが現れると、9月20日リリースのシングル曲「Time Lapse」を本邦初披露。これがまた、ある意味本誌向きのナンバーと言ったらいいだろうか。イントロで大塚が引き摺るようなグルーヴ・リフを奏で、曲がスタートするとアップテンポに展開し、熱いシンガロング・コーラスが来るという、パンチの効いたロック・ナンバーに仕上がっているのだ。図太いリフにしろ、チョーキングで攻めるギター・ソロにしろ、ハード・ロック・テイストが強めで、彼女達の“バンド力”をよりダイレクトに計れるこうした楽曲は魅力である。残念ながら今回は、随一のロック・チューンでありギターを大きくフィーチュアした「ティアドロップス」がセットリストになかっただけに、次回ワンマンでは、是非とも同曲とダブルで聴きたいところだ。

これまで記したもの以外にも、メンバー自身が登場する趣向を凝らした内容の映像や、素顔が垣間見えるトーク等々…も随所に入れつつ、まさに盛り沢山のメニューで展開された本編が終了した。

そして、しばしのインターヴァルを挟み(とはいえ、ここでも西本の進行による、『バンドリ!』ゆかりの場所を訪ねた“聖地巡礼” のロケVTRが流れる)、アンコールに突入。まず披露された「八月のif」は、愛美とハンド・マイクを手にした大橋の2人がメイン・ヴォーカルを務める、ピアノの旋律が切ないミドル・チューンで、広い会場に響き渡る美しいハーモニーも印象的であった。

曲が終わり、いよいよクライマックスを迎える前にポピパの各々が感謝の想いを伝えていくが、ここでは感極まるメンバーも。そうした中で、最後に愛美が言う。

「どうやったらみんなに楽しんでもらえるかを、ひたすら考えていました。自分がPoppin’Partyのためにできることは何だろうと一生懸命考えて……今日、みんなの笑顔を見てホッとしました——」

リーダーとしても相当なプレッシャーを抱えていたのだろう、ついにはこらえきれずに涙ながらのMCとなったが、真っ直ぐな想いを吐露するその姿は純粋に胸に迫るものがある。

そして記念すべき日のラストを飾ったのは、「キラキラだとか夢だとか 〜Sing Girls〜」。先ほどまでの感傷的ムードに区切りをつけて、解き放たれたかのように満面の笑みを見せながらアクティヴに動き、歌う彼女達。TVアニメ『バンドリ!』のエンディング主題歌で締め括られる様式美も美しい。また間奏では、花道で愛美と大塚が向かい合い、そしてお互いに近づいていった2人が、顔を寄せ呼吸を合わせてプレイするという名場面も生まれたのだった。

終わってみれば、実に2時間45分に及ぶライヴであり、ファンを飽きさせないエンターテイメント性溢れる内容は、『バンドリ!』ならではの世界。リアルタイムで成長を如実に感じられ、今後さらにバンド感を増していくことを予感させるPoppin’Partyは、やはり今なお気になる存在なのだ。

Poppin’Party @日本武道館 2017.8.21 セットリスト

1. ときめきエクスペリエンス!
2. メドレー:夏色SUN! SUN! SEVEN!〜ぽっぴん’しゃっふる〜100回潤んだ空
3. きらきら星 〜はじまりのステージVer.〜
4. 私の心はチョココロネ
5. STAR BEAT!
6. 光るなら(Goose houseカヴァー)
7. 花園電気ギター!!!
8. チョコレイトの低音レシピ
9. 遠い音楽 〜ハートビート〜
10. す、好きなんかじゃない!
11. どきどきSING OUT!
12. 走り始めたばかりのキミに 〜Acoustic Ver.〜
13. Yes! BanG_Dream! 〜Acoustic Ver.〜
14. Time Lapse
15. 前へススメ
16. 夢みるSunflower
[encore]
17. 八月のif
18. キラキラだとか夢だとか 〜Sing Girls〜

Poppin’Party 最新作紹介

Poppin’Party - Time Lapse

『Time Lapse』/Poppin’Party

CD | ブシロードミュージック | 2017年9月20日発売

Poppin’Party & BanG Dream! インフォメーション

公式サイト:https://bang-dream.com/