毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

ブルース・ギター秘伝の書

  • 2016年02月20日 発売
書名:ブルース・ギター秘伝の書
種別:楽譜(教本)
著者:竹内一弘(著・演奏)
サイズ:A4判
ページ数:144ページ
付録:CD
定価:本体価格 2,000円+税
ISBN:978-4-401-14560-7
発行所:シンコーミュージック・エンタテイメント
アマゾンで購入 

シカゴ、ルイジアナ、テキサス、ファンク、ジャズ…等々、多岐に渡るブルース・ギターのエッセンスを一冊でマスター!

ロックをきっかけにギターを始めたアマチュア・ギタリストの中には、40歳を越えてそろそろ年齢相応の「渋い」ギターを弾きたいと考えている人も少なくないのでは? そして、そんな貴兄にとって、ギター1本でも表現できる「ブルース・ギター」は最適な素材。……でも、一口に「ブルース」と言ってもそのスタイルは様々、「シカゴ・ブルース」「ルイジアナ・ブルース」「テキサス・ブルース」「ファンク・ブルース」「ジャズ・ブルース」等々、同じ根っこを持ちながらも独自に発展してきたスタイルがあります。

そこで本書では、ブルース・ビギナーには今イチ分かりづらいそれらの各種ブルース奏法のポイントを詳細に解説。スタイル別に定番リックを紹介し、最終的にギター1本で各種ブルース・ギターが弾きコナせるように構成されています。ペンタトニック・スケールを使った“なんちゃってブルース”の世界からは卒業、人前で弾きたくなる“渋く”て“カッコいい”ブルース・ギターを弾くための、究極の一冊の登場です!!

CONTENTS ◆ 掲載内容

ブルースの歴史〜ギタリストの栄光にフォーカス〜…………………………………………… 4

ブルースの基本構造……………………………………………… 6

ブルースの基本構造 連動音源へ

Chapter 1 デルタ・ブルース

ミシシッピ州デルタ地帯で誕生した悪魔の音楽……… 10

基本ストラミング、スナッピングを用いたパーカッシヴなバッキング
チャーリー・パットンに学ぶ ……………………………… 12

基本モノトニック・ベースのバッキング
ビッグ・ビル・ブルーンジーに学ぶ………………………… 14

基本ウォーキング・ベースのバッキング+ボトルネックのオブリガート
ロバート・ジョンソンに学ぶ……………………………… 16

基本泥臭いボトルネック奏法
ハンボーン・ウィリー・ニューバーンに学ぶ…………… 18

基本ラグタイム・ブルース
ブラインド・ブレイクに学ぶ………………………………… 20

COLUMN タイム・スリップしてきたブルースマン………… 22

Chapter 1 連動音源へ

Chapter 2 シカゴ(〜デトロイト)・ブルース

工業都市で育まれたバンド・スタイルのブルース…… 24

基本低音弦2本によるウォーキング・ベース
エディ・テイラーに学ぶ……………………………………… 26

上級低音弦2本によるウォーキング・ベース
エディ・テイラーに学ぶ……………………………………… 28

基本単音バッキング・ライン
マディ・ウォーターズに学ぶ………………………………… 30

基本工夫を凝らしたバッキング・パターン
ロバート・ジュニア・ロックウッドに学ぶ…………………. 32

上級工夫を凝らしたバッキング・パターン
ロバート・ジュニア・ロックウッドに学ぶ…………………… 34

基本コードに即したソロ・パターン
ジミー・ロジャースに学ぶ…………………………………… 36

基本グリッサンドやチョーキングを活用するソロ・アプローチ
ヒューバート・サムリンに学ぶ………………………………. 38

基本レギュラー・チューニングのボトルネック奏法
ロバート・ナイトホークに学ぶ……………………………… 40

基本オープンD・チューニングのボトルネック奏法
エルモア・ジェイムスに学ぶ………………………………… 42

基本ワン・アンド・オンリーのストンプ&ブギ
ジョン・リー・フッカーに学ぶ……………………………… 44

COLUMN ブルースの立ち位置……………………………… 46

Chapter 2 連動音源へ

Chapter 3 テキサス(〜ウェスト・コースト)・ブルース

荒々しいジャンプ・ナンバー、またジャジーなテイストも魅力…………………………… 48

基本9thコードのバッキング
ピー・ウィー・クレイトンに学ぶ…………………………… 50

上級9thコードのバッキング
T- ボーン・ウォーカーに学ぶ………………………………… 52

基本マイナー&メジャー・ペンタトニック・スケールの扱い方
T- ボーン・ウォーカーに学ぶ………………………………… 54

上級マイナー&メジャー・ペンタトニック・スケールの扱い方
T- ボーン・ウォーカーに学ぶ………………………………… 56

基本倍テンポを取り入れたソロ
ゲイトマウス・ブラウンに学ぶ……………………………… 58

基本ジャズ・テイストを取り入れたソロ
ピー・ウィー・クレイトンに学ぶ…………………………… 60

上級ジャズ・テイストを取り入れたソロ
サンダース・キングに学ぶ…………………………………… 62

基本切り裂く鋭いソロ
アルバート・コリンズに学ぶ………………………………… 64

上級切り裂く鋭いソロ
アルバート・コリンズに学ぶ………………………………… 66

基本ストーミー・マンデー進行のバッキング
T- ボーン・ウォーカーに学ぶ………………………………… 68

基本ストーミー・マンデー進行のソロ
T- ボーン・ウォーカーに学ぶ………………………………… 70

COLUMN ブルース・ギタリストが愛したギター 〈フェンダー・テレキャスター〉………… 72

Chapter 3 連動音源へ

Chapter 4 ルイジアナ・ブルース

人種のるつぼが生み出す緩くて雑多なR&B風味の音楽….. 74

基本メロディアスに弾くR&Bテイストのソロ
ギター・スリムに学ぶ………………………………………… 76

基本モチーフを展開させるソロ
アール・キングに学ぶ………………………………………… 78

基本カッティングとソロが共存するプレイ・スタイル
スヌークス・イーグリンに学ぶ……………………………… 80

基本スワンプ・ブルースの一角を担ったスタイル
ライトニン・スリムに学ぶ…………………………………… 82

上級スワンプ・ブルースの一角を担ったスタイル
ライトニン・スリムに学ぶ…………………………………… 84

COLUMN ブルース・ギタリストが愛したギター 〈フェンダー・ストラトキャスター/セミ・アコースティック編〉………… 86

Chapter 4 連動音源へ

Chapter 5 モダン・ブルース

王達がギターをブルースの主役楽器に定着させた…… 88

基本表現の宝庫、チョーキング
バディ・ガイに学ぶ…………………………………………… 90

上級表現の宝庫、チョーキング
B.B. キングに学ぶ…………………………………………… 92

基本ブルースのこぶし
B.B. キングに学ぶ…………………………………………… 94

基本ブルース・ロックの源泉的スタイル
フレディ・キングに学ぶ……………………………………… 96

基本ダブル・ストップによるソロ
バディ・ガイに学ぶ…………………………………………… 98

基本ペンタトニック・スケールの枠に収まらないジャズ的アプローチ
マット・マーフィーに学ぶ…………………………………… 100

基本モダン化したシカゴ・スタイル
マジック・サムに学ぶ………………………………………… 102

上級モダン化したシカゴ・スタイル
マジック・サムに学ぶ………………………………………… 104

基本8小節ブルース進行のソロ
B.B. キングに学ぶ…………………………………………… 106

基本マイナー・ブルースのソロ
オーティス・ラッシュに学ぶ………………………………… 108

COLUMN ギターの音は何で決まる? 〈エレクトリック・ギター編〉……………………… 110

Chapter 5 連動音源へ

Chapter 6 ファンク・ブルース

ファンクのビートを取り入れたブルース、ブルース形式を取り入れたファンク……………… 112

基本ファンクのリズム&16ビート・バッキング……… 114

基本いなたさと洗練さが融合、テキサス流ファンク・ブルース
フィリップ・ウォーカーに学ぶ……………………………… 116

基本“間”でファンキーさを演出
ジョニー・ギター・ワトソンに学ぶ………………………… 118

基本洗練された新感覚のブルース・アプローチ
コーネル・デュプリーに学ぶ………………………………… 120

基本ジャジーに攻めるクール・ファンク・ブルース
フィル・アップチャーチに学ぶ……………………………… 122

COLUMN ギターの音は何で決まる? 〈アコースティック・ギター編〉……………………… 124

Chapter 6 連動音源へ

Chapter 7 ジャズ・ブルース

コード進行を細分化して4ビートで奏でるブルース…..126

基本ジャズに於けるブルース進行とバッキング(4ビート/コンピング)………………. 128

基本1人コール&レスポンス
ケニー・バレルに学ぶ………………………………………… 130

基本どこまでもシングル・ノートのソロ
グラント・グリーンに学ぶ…………………………………… 132

上級どこまでもシングル・ノートのソロ
グラント・グリーンに学ぶ…………………………………… 134

基本裏コードを使ったソロ
ウェス・モンゴメリーに学ぶ………………………………… 136

基本オクターヴ奏法&コード・ソロ
ウェス・モンゴメリーに学ぶ………………………………… 138

[附録]定番のイントロ&エンディング…………………………… 140

Chapter 7 連動音源へ

譜例連動音源

※本書に掲載されている小譜例のEx音源が、下記にて試聴できます。各チャプターごとにプレイリストが用意されています。

ブルースの基本構造


トップに戻る

Chapter 1 デルタ・ブルース 譜例連動音源

トップに戻る

Chapter 2 シカゴ(〜デトロイト)・ブルース 譜例連動音源


トップに戻る

Chapter 3 テキサス(〜ウェスト・コースト)・ブルース 譜例連動音源


トップに戻る

Chapter 4 ルイジアナ・ブルース 譜例連動音源


トップに戻る

Chapter 5 モダン・ブルース 譜例連動音源


トップに戻る

Chapter 6 ファンク・ブルース 譜例連動音源


トップに戻る

Chapter 7 ジャズ・ブルース


トップに戻る

注意事項

※本書の附属CDに収録されているデモンストレーション音源と、本ページにて公開している連動譜例音源の内容は異なります。両方を併せてご活用下さい。

※P.8のEx-4と記載されている譜例は、正しくはEx-5となります。
ここにお詫びして訂正致します。

また、本ページの連動音源を試聴する際は、Ex-5をご参照ください。