毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

Ryoji(GYZE)特別コラム第2回:ドイツ“SUMMER BREEZE OPEN AIR 2016”回想記

Ryoji - Summer Breeze Open Air 2016

国内のメロディック・デス・メタル・シーンにおいて最も勢いのある若手バンドの1つ、GYZE(ギゼ)。これまでに2枚のフル・アルバムを発表し、昨年の“LOUD PARK 15”に出演を果たすなど順調にキャリアを積み重ねている彼らは、この夏ドイツ、スロバキア、ポーランドを廻るヨーロッパ・ツアーを敢行した。そのツアーに関する思い出を、GYZEのフロントマンであるRyoji(vo, g)が綴った特別コラムをここYG公式ウェブサイトにてお届け! 今回はドイツ“SUMMER BREEZE OPEN AIR 2016”について回想している、第2回をご覧いただこう。

どんなアンプでも自分の音が出せるように…! 様々な事態に備えたギター・サウンド環境

前回ヨーロッパ・ツアー全体の流れをお話しましたが、ここでは話をツアー初日に戻して──ドイツのフェス“SUMMER BREEZE OPEN AIR 2016”に出演した時のことをお伝えしようと思います! GYZEはスレイヤーのケリー・キングに激似な、マティアスという運転手と共に会場へ向かいました。後に分かったのですが、彼はマイケル・シェンカーといった著名ミュージシャンとも仕事をされたことがある重鎮ドライヴァーだそうです。

ryoji-column2-01

“SUMMER BREEZE〜”の会場はだだっ広い草原の中にあり、ちょっと牛の匂いがしたりGYZEの故郷である北海道を彷彿させる場所でした。
ryoji-column2-02

一方、市内はヨーロッパらしい綺麗な街。こんなメルヘンチックな街がメタルTシャツを着た人々で溢れており、異様な光景にも思いました。ホテルはこんな風貌。
ryoji-column2-03

会場のアーティスト・エリアにはアイバニーズのブースがあったりして、退屈することなく遊ばせてもらいました~! 最近流行りのケンパーの方とお話しすることもできて、実に楽しい空間でしたよ! そんな中でも、練習は怠らず…。
ryoji-column2-04

そんな時役に立ったのが、場所を選ばずにメタル・サウンドでギターをプレイできるVOXのヘッドフォン・ギター・アンプ“amPlug 2”。 外部オーディオ機器に接続できるので、曲に合わせて演奏することも可能です! イヤフォンはエンドースしているオンキヨーさんのカスタム・イン・イヤー・モニター。耳に密着して外部の音をしっかり遮断してくれるので、本番までにバッチリ集中してウォーム・アップできちゃいました!
ryoji-column2-05

オンキヨー:カスタム・イン・イヤー・モニター製作レポート
http://www.stereosound.co.jp/review/article/2016/06/28/47361.html

VOX公式サイト
http://www.voxamps.com/headphone

また、アーティスト・エリアは有名バンドのメンバーでごった返していました。 特にサバトンのヴォーカル(ヨアキム・ブローデン)は目立ってたな〜。テスタメントのギタリスト(エリック・ピーターソン&アレックス・スコルニック)もオーラを放っていました。

GYZEの出番はメイン・アクトのサバトンが終わった直後、その隣のステージで行なわれました。今回の海外公演に持ち込んだ機材は、ジャクソンのギター“Jackson Custom Shop RR24 Ryoji Custom “BLACK BRIDE””とシュアのワイヤレス・システム“GLXD16”のみ!(国内ではこれにアンプのピーヴィー“5150”を足すだけ!) “Simple is best”と言われますが、かなり歪ませるメタル・サウンドにおいてこの考え方は本当に重要なんですよ!

海外でツアーをする際は通常、レンタル希望の機材リストを提出するのですが、大抵は希望通りに用意されていません(笑)。 昨年ドイツでやった時はヒュース&ケトナーのコンボ・アンプが出て来て…焦ったな〜(汗)。まあとにかく、どんなアンプでも自分の音が出せるように、日頃からヤング・ギターを読んで練習を積んでおくことが大事ですよネ!(笑)

ただ今回は、最終兵器──iPhoneに取り入れた“AmpliTube”(“5150”のモデリング・アンプ使用)とIK Multimedia“iRig”があったので、最悪の場合はこれで音作りするつもりでした。直接スピーカーに繋いで音を出すことも可能ですからね。これだけでもちゃんとライヴができる音を出せることは確認済みだったので、その点では心配なかったです。
ryoji-column2-06

iTunes “AmpliTube”
https://itunes.apple.com/jp/app/amplitube/id373524000?mt=8

IK Multimedia “iRig”
http://www.ikmultimedia.com/jp/products/irigpro/

で、結局この日は会場に用意されてたエングルのアンプの調子がすこぶる良かったので、そのまま使いました!
Gyze auf dem Summer Breeze Open Air 2016

さて、肝心のライヴですが──やっぱり海外フェスとなると、最初はソコソコの人数しか集まらないんですよね。でも演奏が始まると、徐々にジャーマン・メタルヘッズが集まってきてくれて、ステージからそれを体感できたことは実に感動的…鳥肌が収まらなかったです。僕らのライヴでは恒例のウォール・オブ・デスやサークル・ピットも巻き起こり、大盛り上がりに! GYZEの音楽とパフォーマンスが、ドイツのオーディエンスにしっかりと伝わったんだなっていう自信につながりました。

GYZE live video / Desire at Summer Breeze Open Air 2016 YouTube動画(公式)
https://www.youtube.com/watch?v=FcV-AVnwAcA

GYZE セットリスト @SUMMER BREEZE OPEN AIR 2016, Germany 2016.8.19

1. BLACK BRIDE 動画(公式)
2. IN GRIEF 動画
3. NANOHANA
4. FINAL REVENGE 動画
5. DESIRE 動画(公式)

ステージ上からの動画

Pic by ©2016 Summer Breeze