毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

匠&UTA/sukekiyo 『ADORATIO』

インタビュー&文●ヤング・ギター編集部 ライヴ写真●尾形隆夫

sukekiyo-05

陰でこだわっているタイプですね、お互い

YG:ではレコーディングに使った機材を教えてもらえますか?
匠:『IMMORTALIS』ではすべて生のアンプを使ってリアンプしながら録っていて、『VITIUM』ではライヴとレコーディング時の音を同じにしたくてケンパーを使ったんですが、今回はまた質感を変えてみたくてプラグインだけ。NATIVE INSTRUMENTSの“Guiar Rig 5”で録りました。色々な新しいアイデアを常に試したくて。簡単にアンプの種類を変えられるから、逆にこだわっちゃって時間がかかりましたけどね。エフェクトのかかりも良くて、例えば「白濁」で使ったロータリー・シミュレーターなんかはかなり理想に近い音が出せました。ギターはPRSの“Custom 24”と“McCarty”、それにESPさんからお借りしているE-IIの“Arrow”を使ってます。
UTA:俺はメインのギターがドラゴンフライの少しスケールが長い“Border 666”、それにクルーズのソープバー・ピックアップが載っているモデルですね。アンプは“Pro Tools”内のプラグイン、それにBOSSの“GT-10”も使ってます。

YG:お二人ともライン録りがメインということは、録音作業はほぼ自宅で?
UTA:そうですね。それに「疑似ネクロマンサー」の最初のアルペジオなんかは、ミニ・アンプを鳴らして録っていたりします。“GT-10”をミニ・アンプにつないで、マイクで拾った音をテック21“SansAmp”でいじったり。アコースティックの録音以外はすべて自宅でやりました。
匠:僕も自宅ですね。だからこそ、散々悩んで時間をかけようと思いました。まあテイクによりますけどね。「これだ!」と思える音が録れたら、プリプロの音でもあっさり使いますし。陰でこだわっているタイプですね、お互い。

YG:さて、[DISC-2]に関しても少し。こちらに収録されている7曲では様々な豪華ゲストをお迎えしていますが、お二人それぞれ印象に残った曲を選ぶと?
匠:僕は「elisabeth addict」ですね。これはsukekiyoで一番最初に京さんと作った曲で、そこにD’ERLANGERのkyoさんの声が加わった形で聴けたのが、すごく嬉しいです。kyoさんの声の色もしっかり出た上で曲の世界観とすごくマッチしていますし、純粋に感動しました。自分の原点としても大事な曲ですね。
UTA:俺も意外に同じ曲です。他で言えば、BARBEE BOYSのKONTAさんが参加して下さった「耳ゾゾ」が嬉しかったですね。KONTAさんは昔から大好きなので、よくぞこの曲を選んでくださったと思います。

YG:そしてライヴ映像を主に収録した[DISC-3](112分収録)。sukekiyoは今までにライヴ映像を数多く発表していますが、やはり毎回新曲をかなり作り込むからこそ、生演奏の姿も記録しておきたいという意識があるのでしょうか?
匠:たとえ同じ曲であっても、ライヴでは時期によって形がまるで違っていたりするので、現在に至るまでの過程として観ていただければいいと思っています。今回収録されている映像はすごくレアですよ、以前ニコ生で生中継した公演もフル尺で入っていますから(2016年3月20日、横浜F.A.Dで行なわれた“sukekiyo 二〇一六年公演「漆黒の儀」”)。会場はライヴハウスなのにカメラがたくさん入っていて、面白い映像が撮れています。

YG:では最後に一言ずつ、作品に関してのメッセージをお願いします。
UTA:今作は冒険色が非常に強いんですが、こだわりの強い自信作でもありますので、本当にみなさんの手元に届くのが楽しみです。今までに作った作品も何回も聴かなければ捉え切れないようなものでしたけど、今作こそ繰り返し聴かないといけないかもしれない。自分たちですらまだ処理し切れていないですから(笑)。
匠:情報量の多さがポイントだと思いますね。聴きやすい「艶」とか「白濁」にしても、作るのにすごく時間がかかっています。一方で冒険してぶち込んでいった新しい要素もあり、すべてが混ざって現在のsukekiyoになっているので、作品全体を通して聴いてほしいですね。ライヴはもう、CDと全く一緒じゃなくてもいいかな…と思っています(笑)。
UTA:ライヴが楽しみな反面、初めて“恐い”という気持ちがちょっとありますね。練習しないと。

最新リリース情報

sukekiyo - ADORATIO

『ADORATIO』sukekiyo

音源&映像作品集 | sun-krad Co., Ltd. | 2017年6月リリース

収録曲

DISC 1 [Blu-spec CD2]

  1. 擬似ネクロマンサー
  2. グニャ結論。そして血眼。
  3. 襞謳
  4. 純朴、無垢であろうが
  5. マニエリスムな冷たい葬列者
  6. 首吊り遊具
  7. されど道連れ
  8. 死霊のアリアナ
  9. 嬲り
  10. 耳ゾゾ
  11. 黝いヒステリア
  12. 白濁

DISC 2 [Blu-spec CD2]

  1. mama Collaboration with ガラ (MERRY)
  2. in all weathers Collaboration with YUKIYA (Kαin)
  3. 鵠 Collaboration with 藤崎 賢一 (Justy-Nasty)
  4. elisabeth addict Collaboration with kyo (D’ERLANGER)
  5. 斑人間 Collaboration with 福井 祥史 (VINYL, ex.STRAWBERRY FIELDS, ex.D’ERLANGER)
  6. 耳ゾゾ Collaboration with KONTA (ex.BARBEE BOYS)
  7. maniera Remixed by Daniel Ash (Bauhaus, Tones On Tail, Love And Rockets, Poptone)

DISC 3 [Blu-ray]

  • ◆ Music Video
    • ・艶
    • ・襞謳
  • ◆ Live Footage
    • ・sukekiyo 二〇一六年公演「漆黒の儀」
      2016年3月20日(日) 横浜F.A.D
    • ・sukekiyo 二〇一六年公演「ハロウィン殺しの儀」
      2016年12月21日(水) SHIBUYA WWW X ※公演の一部を抜粋
    • ・MERRY主催イベント
      三月に咲く愚鈍共による錆びたハサミと戒厳令の雨あられ三輪車の花園にて、
      許しておくんなはれや
      2017年3月21日(火) 新宿ReNY ※公演の一部を抜粋
  • ◆ Rehearsal Footage

sukekiyo公式サイト

http://sukekiyo-official.jp/

公式通販サイト GALAXY BROAD SHOP

https://www.galaxybroadshop.com/products/detail.php?product_id=892