YOUNG GUITAR presents 鋼鉄武具合戦

  • 6.16… ページ公開。

来る7月7日(金)〜9日(日)、ヤング・ギターが主催する楽器イベント“鋼鉄武具合戦”が島村楽器ミーナ町田店を会場に開催される。メタル系ギタリストをターゲットにした本イベントには、ギターやアンプを中心に計18ブランドの一押しモデルが集結。本ウェブサイトではこの開催に先立ち、出品予定のギターの中から特に注目してもらいたい選りすぐりの12本を、試奏レポート付きでご紹介しよう!

試奏レポート●坂本光久 撮影● 竹澤 宏

DEAN GUITARS:Icon Flame Top

DEAN GUITARS:Icon Flame Top

妥協のない高品質な仕上がり

本機は手の届きやすいリーズナブルな価格帯ながらも、妥協のない高品質な仕上がりで人気のディーン“Icon”シリーズの1本だ。ボディー材はフレイム・メイプル・トップ&マホガニー・バックで、アーチ加工が施されたトップの美しい杢目が高級感を漂わせている。ミディアム・スケールのネックはマホガニーを使用しており、指板はローズウッド。ネック・シェイプは昨今のモデルには珍しいやや太めのCシェイプとなっており、この厚みとジャンボ・タイプのフレットのおかげでチョーキングやヴィブラートなどが非常にプレイしやすい。チューン・O・マティック式のブリッジとストップ・テイルピースには同社製のパーツを使用。ピックアップもディーンのオリジナルで、ピッキングのタッチや強弱に対するレスポンスに優れた“DMT Series Nostalgia”を搭載している。

その音色はオールドスクールなヘヴィ・メタル・サウンドと言うべきか、'80sを彷彿させる中域が特徴的なキャラクターだ。ディーンの看板アーティストと言えばマイケル・シェンカーだが、彼のような泣きのリードを奏でるには最適のサウンドだろう。ギター本体のヴォリュームの効き具合も絶妙で、ノブを絞ればブルース・フィール溢れるクランチーな音色が得られる。プレイの細かなニュアンスで勝負したいギタリストには、ぜひとも試してもらいたい1本だ。

クローズアップ

DEAN GUITARS:Icon Flame Top
(写真をクリック or タップで拡大)

DEAN GUITARS Icon Flame Top 拡大1 DEAN GUITARS Icon Flame Top 拡大2
DEAN GUITARS Icon Flame Top 拡大3 DEAN GUITARS Icon Flame Top 拡大4

スペック

ボディーフレイム・メイプル(トップ)&マホガニー(バック)
ネックマホガニー
フィンガーボードローズウッド
フレット数22
スケール629mm
ジョイントセット・ネック
ピックアップ“DMT Series Nostalgia”(フロント&リア)
コントロールヴォリューム×2、トーン×2、3ウェイ・ピックアップ・セレクター
ブリッジチューン・O・マティック&ストップ・テイルピース
カラーチャコール・サンバースト
価格オープン・プライス

お問い合わせ

黒澤楽器店 [TEL]03-5911-0611
http://www.kurosawagakki.com/

開催概要

EDWARDS:E-MR-FR7

EDWARDS:E-MR-FR7

鋭いアタック感とクリアな7弦音

サテン・フィニッシュのブラック・ボディーにホワイトのバインディングが映えるこちらは、エドワーズの7弦モデル“E-MR-FR7”。ボディーはアルダーでネックはハード・メイプルとウォルナットを組み合わせた7ピース構造、フィンガーボードはエボニーという仕様だ。指板のラディアスは305Rとやや平たく仕上げられている。ハードウェアにはブリッジにフロイドローズ“FRT-1000”を搭載し、ペグにゴトー“SG360-07”を採用。ピックアップはセイモア・ダンカンの7弦用ハムバッカーを2基搭載しており、フロントに“Sentient-7”、リアに“Nazgûl-7”をマウント。パワフルなだけでなく、鋭いアタック感とクリアな7弦音も実現している点は、流石はセイモア・ダンカンという印象だ。

トーン・ノブはプル式のスイッチになっており、引き上げると2つのハムバッカーのうち片方のコイルがパラレル接続されたハム・キャンセル状態になり、シングルコイル風のサウンドを出すことが可能。またアッセンブリーには、ヴォリューム・ノブを絞った際に高域が痩せないトレブル・スルー・サーキットが採用されているのもポイントだ。実際にディストーション・サウンドで7弦を中心にプレイしてみると、高域での歯切れ良さや表現性を犠牲にすることなくロー・エンドの芯と鳴りをキープすることに成功している印象。またコイル・スプリット・モードにした際のクリーン・サウンドも特筆モノだ。

クローズアップ

EDWARDS:E-MR-FR7
(写真をクリック or タップで拡大)

EDWARDS E-MR-FR7 拡大1 EDWARDS E-MR-FR7 拡大2
EDWARDS E-MR-FR7 拡大3 EDWARDS E-MR-FR7 拡大4

スペック

ボディーアルダー
ネックハード・メイプル&ウォルナット
フィンガーボードエボニー
フレット数24
スケール648mm
ジョイントボルト・オン
ピックアップセイモア・ダンカン“Sentient-7”(フロント)&“Nazgûl-7”(リア)
コントロールマスター・ヴォリューム、マスター・トーン(コイル・スプリット・スイッチ兼用)、3ウェイ・ピックアップ・セレクター
ブリッジフロイドローズ
カラーブラック・サテン
価格¥168,000(税別)

お問い合わせ

ESP [TEL]049-274-3810
http://espguitars.co.jp/

開催概要

ERNIE BALL MUSIC MAN:Majesty6

ERNIE BALL MUSIC MAN:Majesty6

極限まで高められた機能性と操作性

アーニーボール・ミュージックマンのジョン・ペトルーシ・モデル“Majesty”は、多彩なサウンド・メイクを可能にするピックアップ・システムが最大のポイント。まずは何と言ってもピエゾ・ピックアップ内蔵のブリッジを搭載しているのが特筆で、ディマジオのマグネティック・ピックアップ“Illuminator”のサウンドと同時に出力することもできる。また“Illuminator”はセレクターがセンター時にはトーン・ノブをプッシュすることでコイル・タップが可能で、マグネティック・ヴォリューム・ノブを押すことでゲイン・ブーストもできてしまうのだ。さらにボディー・バックには4つのトリマーが搭載されており、これによりブースト量やマグネティックとピエゾのミックス量なども調節できてしまう。基本的なスペックも紹介しておくと、マホガニー・ネックがヘッドからボディー・エンドまで貫くスルー・ネック構造で、ボディーはバスウッド(バック)とメイプル(トップ)の組み合わせだ。

サウンドはキメが細かく、ソリッドというよりは暖かみのある印象。ピエゾ・サウンドは実にクリアで、マグネティックと組み合わせれば太さを残したまま煌びやかな音色を鳴らすことができる。両手タッピングのみでプレイするような、現代的なスタイルのギタリストにはぜひオススメだ。機能性と操作性を極限まで高めつつ、デザイン性も持ち合わせている点には脱帽してしまう。

クローズアップ

ERNIE BALL MUSIC MAN:Majesty6
(写真をクリック or タップで拡大)

ERNIE BALL MUSIC MAN Majesty6 拡大1 ERNIE BALL MUSIC MAN Majesty6 拡大2
ERNIE BALL MUSIC MAN Majesty6 拡大3 ERNIE BALL MUSIC MAN Majesty6 拡大4

スペック

ボディーメイプル(トップ)&バスウッド(バック)
ネックマホガニー
フィンガーボードエボニー
フレット数24
スケール648mm
ジョイントスルー・ネック
ピックアップディマジオ“DP256 Illuminator Neck”(フロント)&“DP257 Illuminator Bridge”(リア)、ピエゾ・ブリッジ・ピックアップ
コントロールマグネティック・ヴォリューム(ゲイン・ブースト・スイッチ兼用)、マグネティック用・トーン(コイル・タップ・スイッチ兼用)、ピエゾ・ヴォリューム(モノ/ステレオ・アウト・モーメンタリー・スイッチ兼用)、3ウェイ・ピックアップ・セレクター、ピックアップ・モード・スイッチ、[ボディー裏]マグネット・ブースト、マグネット/ピエゾ・ミックス、ピエゾ・トレブル、ピエゾ・ベース
ブリッジCustom John Petrucci Music Man Piezo Floating Tremolo
カラーアイスド・クリムゾン
価格¥490,000(税別)

お問い合わせ

神田商会 [TEL]03-3254-3611
https://www.kandashokai.co.jp/

開催概要

HUFSCHMID GUITARS:Tantalum 6 FM

HUFSCHMID GUITARS:Tantalum 6 FM

ザクッとした低域と抜けの良い高域

「1年間に6本のギターしか製作しない」と公言しているスイス発のハフシュミット・ギターズ──創業者でありビルダーでもあるパトリック・ハフシュミット氏が、ギターのデザインからビルド・アップ、ピックアップ等の設計まですべてを1人で手がけるという、徹底的なこだわりの元で運営されているメーカーだ。ここでは希少な同社のモデルから“Tantalum 6 FM”を紹介しよう。ボディーがフレイム・メイプル・トップ&マホガニー・バック、フィンガーボードにウェスト・アフリカン・エボニーを使用している本機は、パッと見ただけで相当な上級クラスの木材をセレクトしていることが伺える。ヒップショット製のペグは一般的な平たい形状ではなく棒状になっており、最初は違和感があるかも知れないが慣れると非常に扱いやすい。またポジション・マークが蓄光式になっているのも特徴的だ。

アンプで歪ませて鳴らしたところ、ザクッとした低域と抜けの良い高域が非常にバランス良く鳴っており、実に心地好いディストーション・サウンドだと感じた。リード弾きした際の音の伸びも圧倒的で、ハフシュミット氏自身が'80〜'90年代メタルのファンを公言しているだけにその狙い所がよく理解できる。価格はかなり高級だが、間違いなくそれだけの価値のある秀逸な1本だ。

クローズアップ

HUFSCHMID GUITARS:Tantalum 6 FM
(写真をクリック or タップで拡大)

HUFSCHMID GUITARS Tantalum 6 FM 拡大1 HUFSCHMID GUITARS Tantalum 6 FM 拡大2
HUFSCHMID GUITARS Tantalum 6 FM 拡大3 HUFSCHMID GUITARS Tantalum 6 FM 拡大4

スペック

ボディーフレイム・メイプル(トップ)&マホガニー(バック)
ネックマホガニー
フィンガーボードウェスト・アフリカン・エボニー
フレット数24
スケール648mm
ジョイントボルト・オン
ピックアップオリジナル・ハムバッカー(フロント&リア) 
コントロールマスター・ヴォリューム、マスター・トーン、3ウェイ・ピックアップ・セレクター
ブリッジヒップショット
カラーナチュラル
価格オープン・プライス

お問い合わせ

島村楽器 www.shimamura.co.jp

開催概要

IBANEZ:RGAIX7U

IBANEZ:RGAIX7U

パンチのあるタイトな出音

スティーヴ・ヴァイとの共同企画でスタートした7弦モデルの“Universe”を始め、'80年代末から多弦ギターの開発に力を入れシーンをリードしてきたアイバニーズ。ここに紹介する“RGAIX7U”は、そんな同社が近年注力しているメタル系プレイヤー向けの製品を多数揃えた“Iron Label”シリーズの1本だ。ネックは強度とサステインを向上させるために高硬度のブビンガ材をメイプル材で挟み込んだ3ピース構造となっており、指板には音の立ち上がりに優れたエボニーを採用。ネック・シェイプは同社ならではの薄型だが、しっかりとしたグリップ感が得られる絶妙な仕上がりだ。ボディーはアッシュ材に塗料を染み込ませたアンティーク・ブラウン・ステインド・フィニッシュとなっており、気品に溢れた独特のムードを漂わせている。

ピックアップには昨今のテクニカル・メタル・シーンで人気を博しているベア・ナックル社の“Aftermath 7”(フロント&リア)を搭載しており、ミドル〜ハイの帯域をクリアに鳴らしてくれる。また、このサウンドのクリアさに一役買っているのがフィックスド・タイプのオリジナル・ブリッジ“Gibraltar Standard II-7”だろう。ベース・プレートは限界まで薄く、かつ低く設計されており、弦振動を非常に効率よくボディーへ伝えてくれる。出音のタイトさも特筆もので、どんなポジションでもパンチのあるサウンドが得られる。

クローズアップ

IBANEZ:RGAIX7U
(写真をクリック or タップで拡大)

IBANEZ RGAIX7U 拡大1 IBANEZ RGAIX7U 拡大2
IBANEZ RGAIX7U 拡大3 IBANEZ RGAIX7U 拡大4

スペック

ボディーアッシュ
ネックメイプル&ブビンガ
フィンガーボードエボニー
フレット数24
スケール648mm
ジョイントボルト・オン
ピックアップベア・ナックル“Aftermath 7”(フロント&リア)
コントロールマスター・ヴォリューム、3ウェイ・ピックアップ・セレクター、コイル・タップ・スイッチ
ブリッジGibraltar Standard II-7 Bridge
カラーアンティーク・ブラウン・ステインド
価格¥210,000(税別)

お問い合わせ

星野楽器販売 [TEL]0561-89-6900
http://www.ibanez.co.jp/

開催概要

JACKSON:

JACKSON:

想像以上に暖かみのあるサウンド

ジャクソンのProシリーズにラインナップされた、ペリフェリーのリーダー:ミーシャ・マンソーのシグネチュア・モデル“Pro Juggernaut HT6”。ボディーはバスウッドで、グラファイトにより剛性を高めたメイプル・ネックをボルト・オン方式でジョイントしている。指板上のポジション・マークは12f以下が正面向かって左端に、15f以上が右端に打たれているところがユニークだ。確かに12f以降は低音弦側でフレーズを弾くことが高音弦側に比べて少ないので、理に適った仕様と言えるだろう。ピックアップはジャクソン・オリジナルの“MM1”を搭載。トーン・ノブはプッシュ/プル式のスイッチになっており、引っ張り上げるとトーン機構をバイパスさせることが可能だ。ブリッジはハードテイル仕様で、ボディー裏から弦を通し、レゾナンス成分をダイレクトにボディーに伝える構造となっている。

実際にアンプで鳴らしてみると、想像以上に暖かみのあるサウンドで驚かされた。中域が極端に削られていたり、低域が必要以上にパワフルだったりという過度なディフォルメがなく、非常にバランスの良い音色となっている。エフェクトの乗りの良さも特筆点だが、これはムードたっぷりのアルペジオやエレクトロ的なアンビエント・サウンドも駆使した音楽を奏でる、ペリフェリーのギタリストならではのこだわりを感じるところだ。

クローズアップ

JACKSON:
(写真をクリック or タップで拡大)

JACKSON  拡大1 JACKSON  拡大2
JACKSON  拡大3 JACKSON  拡大4

スペック

ボディーバスウッド
ネックメイプル
フィンガーボードエボニー
フレット数24
スケール648mm
ジョイントボルト・オン
ピックアップジャクソン“MM1”(フロント&リア)
コントロールマスター・ヴォリューム、マスター・トーン(ダイレクト・スイッチ兼用)、5ウェイ・ピックアップ・セレクター
ブリッジジャクソン“HT6 6-String Hardtail With Strings-Through-Body”
カラーサテン・ホワイト
価格¥165,000(税別)

お問い合わせ

神田商会 [TEL]03-3254-3611
https://www.kandashokai.co.jp/

開催概要

LEGATOR:NRF7-200

LEGATOR:NRF7-200

初めてのファンド・フレット仕様に

'12年に発足したアメリカの新興ブランド、レガター。「唯一無二の演奏性」という点に重きを置いた楽器作りを信念の1つに掲げている同社の人気シリーズ“Ninja”の“NRF7-200 ”は、まさにそのコンセプトが結実した高品質な7弦モデルとなっている。マホガニー・ボディーにフレイム柄のトップ板を貼ることで、高級感溢れる仕上がりを実現。マルチ・スケールのおかげで7弦側のテンションがしっかりと保たれており、ダウン・チューニング時でも張りのある音色を出せるのも大きなポイントだ。フレットは比較的緩やかな傾き具合で取り付けられているので、通常タイプのギターから持ち替えてもそれほど違和感なくプレイできるはず。初めてファンド・フレット仕様のギターを買う人には大いにオススメしたい。

ピックアップはレガター・オリジナルの“NNH2-7”(フロント)と“NBH2-7”(リア)をマウント。かなりパワフルな出音ながら低音弦の音が潰れてしまうようなことはなく、中域の艶も印象的で、非常に扱いやすく耳に心地好いサウンドだと感じた。ザクザクと刻むようなリズム・プレイ主体のメタル・スタイルだけでなく、アンビエントなコード・プレイやスラップのような奏法を用いる場合にも打って付けな1本となっている。

クローズアップ

LEGATOR:NRF7-200
(写真をクリック or タップで拡大)

LEGATOR NRF7-200 拡大1 LEGATOR NRF7-200 拡大2
LEGATOR NRF7-200 拡大3 LEGATOR NRF7-200 拡大4

スペック

ボディーフレイム・メイプル(トップ)&マホガニー(バック)
ネックマホガニー
フィンガーボードローズウッド
フレット数24
スケール698.5mm(7弦)〜648mm (1弦)
ジョイントボルト・オン
ピックアップレガター“NNH2-7”(フロント)&“NBH2-7”(リア)
コントロールマスター・ヴォリューム、マスター・トーン、3ウェイ・ピックアップ・セレクター
ブリッジレガター“FFB 2SE-7”
カラーブラック・サテン
価格オープン・プライス

お問い合わせ

島村楽器 www.shimamura.co.jp

開催概要

MAYONES GUITARS:Regius Pro 6

MAYONES GUITARS:Regius Pro 6

極太ゲージ対応の多層構造ネック

現在のメタル・シーンで知名度が急上昇しているポーランドのギター・ブランド:メイワンズ。今回紹介する6弦モデル“Regius Pro 6”は一見すると分からないが、ネックが“モノリス・ネック”という同社オリジナルの凝った作りとなっている。これはメイプルやマホガニーなど4種類の木材を11枚重ねた多層構造のネックで、ハードなアーミングやヘヴィ・ゲージの弦を張ることに伴う強いテンションに充分に対応できる強度を実現。スルー・ネック仕様となっており、ロング・サステインと豊かなレゾナンスが得られるのも特徴的だ。ボディーはメイプル・トップとアッシュ・バックという組み合わせで、ブライトで音抜けの良いサウンドを作り出している。ピックアップはEMGのアクティヴ・タイプ“85”(フロント)と“81”(リア)を搭載。

実際に試奏してみて印象的だったのは、まず身体への良好なフィット感だ。ボディーのバック・サイドはかなり滑らかなアーチ形状になっており、抱えた時の安心感が格別。またハイ・フレット・ポジションでの演奏性の高さも秀逸で、特にネック・ジョイント部でのプレイのしやすさが特筆だ。サウンドはロー・ノイズでありながら、ボトムが潰れない明瞭さも◎。ザクザクとリフを刻むタイプのプレイヤーはもちろんのこと、華やかなソロで魅せる“ギター・ヒーロー”タイプにもぜひ手に取ってもらいたい。

クローズアップ

MAYONES GUITARS:Regius Pro 6
(写真をクリック or タップで拡大)

MAYONES GUITARS Regius Pro 6 拡大1 MAYONES GUITARS Regius Pro 6 拡大2
MAYONES GUITARS Regius Pro 6 拡大3 MAYONES GUITARS Regius Pro 6 拡大4

スペック

ボディーフレイム・メイプル(トップ)&アッシュ(バック)
ネックメイプル、マホガニー、オヴァンコール、ウェンジ
フィンガーボードエボニー
フレット数24
スケール648mm
ジョイントスルー・ネック
ピックアップEMG“85”(フロント)&“81”(リア)
コントロールマスター・ヴォリューム、マスター・トーン、3ウェイ・ピックアップ・セレクター
ブリッジシャーラー“Floyd Rose Pro”
カラートランスペアレント・ダーティ・レッド・グロス・フィニッシュ
価格オープン・プライス

お問い合わせ

スリークエリート [TEL]03-6383-2968
http://sleekelite.com/

開催概要

SCHECTER:SD-DX-24-AS-FXD/R

SCHECTER:SD-DX-24-AS-FXD/R

ヌケの良さとクリーンの美しさ

シェクターの“SD-DX”は、同社の代表機種である“EX”を踏襲しつつ優れたコスト・パフォーマンスも実現したシリーズだ。今回紹介するのはその“SD-DX”にヒップショット製のフィックスド・ブリッジを採用した1本で、ボディー材はトップがキルテッド・メイプル、バックがアッシュとなっている。トップ材の美しい杢目とパール柄のピックガードの組み合わせは、実にエレガントな印象だ。ピックアップは同社が“SD-DX”シリーズのために新たに開発した、“Super Rock II Pro”ハムバッカーをフロント&リアに、“Monster Tone II Pro”シングルコイルをセンターに搭載している。トーン・ノブはプッシュ/プル式のスイッチになっており、プルした状態ではロー・カット・コントローラーとして機能。またミニ・スイッチの操作でコイル・タップすることも可能だ。

サウンドはシェクターならではのヌケの良さが印象的で、低域がドンドンと身体に響くような感じではなく、中高域が押し出されている。人数の多いバンド・アンサンブルの中でも、しっかりと自分のサウンドを響かせることができるだろう。また特筆すべきはやはり“Monster Tone II Pro”を使った時のクリーン・トーンの美しさ。個人的にはフロントとセンターのミックス・ポジションにして、なおかつコイル・タップした時の鈴鳴りのようなシャリーンとした音色が病み付きになってしまった。

クローズアップ

SCHECTER:SD-DX-24-AS-FXD/R
(写真をクリック or タップで拡大)

SCHECTER SD-DX-24-AS-FXD/R 拡大1 SCHECTER SD-DX-24-AS-FXD/R 拡大2
SCHECTER SD-DX-24-AS-FXD/R 拡大3 SCHECTER SD-DX-24-AS-FXD/R 拡大4

スペック

ボディーキルテッド・メイプル(トップ)&アッシュ(バック)
ネックメイプル
フィンガーボードローズウッド
フレット数24
スケール648mm
ジョイントボルト・オン
ピックアップシェクター“Super Rock II Pro”(フロント&リア)、“Monster Tone II Pro”(センタ—)
コントロールマスター・ヴォリューム、マスター・トーン、5ウェイ・ピックアップ・セレクター、コイル・タップ・スイッチ
ブリッジヒップショット“175 Fixed Bridge”
カラーブラック・ナチュラル・サンバースト
価格¥245,000(税別)

お問い合わせ

シェクターコーポレーション [TEL]049-293-8651
http://www.schecter.co.jp/

開催概要

SKERVESEN:Raptor 7 Poplar Burl

SKERVESEN:Raptor 7 Poplar Burl

超ロング・スケールの“硬質”な印象

昨今のメタル・シーンでは、アメリカやヨーロッパの工房が制作した独創的なカスタム・ギターを使用しているギタリストが散見される。しかし非常にクオリティが高いにもかかわらず日本ではまだ知名度が高くないものも多く、このスケルヴェセンもその1つだと言えるだろう。同社はポーランドのギター・メーカーで、年間製造数は150本程度と少なめ。日本ではかなりレアな存在だ。ここに取り上げた“Raptor 7 Poplar Burl”は個性的な模様のポプラ・バールをトップ材に使用しており、ブラック・ステイン・フィニッシュと相まってダークかつミステリアスな雰囲気を演出している。ネックはボリビアン・ローズウッドとウェンジを組み合わせた5層構造で、指板はブラック・エボニー。フロント&リア・ポジションにマウントされたベア・ナックルのハムバッカー“Aftermath”には、メタリックな迷彩柄のピックアップ・カヴァーが採用されており、これがボディーとよくマッチしていて本機のユニークさを増長している。

サウンド・チェックをしてみたところ、重低音の押し出し感が強く“硬質”な印象だ。低音弦を弾くと張りがあって埋もれないトーンが得られるが、これは27インチというスーパー・ロング・スケールのネックによる恩恵だろう。アンプのキャラクターを問わず、どんなに細かく刻んだ低音弦のリフでも明瞭なピッチ感で鳴らしてくれるはずだ。

クローズアップ

SKERVESEN:Raptor 7 Poplar Burl
(写真をクリック or タップで拡大)

SKERVESEN Raptor 7 Poplar Burl 拡大1 SKERVESEN Raptor 7 Poplar Burl 拡大2
SKERVESEN Raptor 7 Poplar Burl 拡大3 SKERVESEN Raptor 7 Poplar Burl 拡大4

スペック

ボディーポプラ・バール(トップ)&スワンプ・アッシュ(バック)
ネックボリヴィアン・ローズウッド、ウェンジ
フィンガーボードブラック・エボニー
フレット数24
スケール685.8mm
ジョイントボルト・オン
ピックアップベアナックル“Aftermath”(フロント&リア)
コントロールマスター・ヴォリューム(コイル・スプリット・スイッチ兼用)、3ウェイ・ピックアップ・セレクター
ブリッジヒップショット
カラーブラック・ステイン
価格オープン・プライス

お問い合わせ

島村楽器 www.shimamura.co.jp

開催概要

STRANDBERG:Verberg7

STRANDBERG:Verberg7

圧倒的な軽さとストレス皆無のネック

ストランドバーグのニュー・ヘッドレス・モデル“Verberg”は、トップ材のロック・メイプルとバック材のマホガニーでチェンバー加工を施した軽量なアルダー材を挟み込む3層構造となっているのが大きな特徴だ。これにより3種類の木材がお互いに共鳴し、奥行きのある独特のサウンドを生み出すことに成功している。人間工学に基づいて設計された同社独自の“エンデュアー・ネック”のおかげで、演奏時のストレスを極限まで軽減しているのもポイント。各弦のテンション感を統一するマルチ・スケール仕様となっており、それに合わせてファンド・フレットが採用されている点にも注目だ。またピックアップはクセの少ないフラットかつクリアなサウンドが特徴のレース製コイルレス・ピックアップ“ Alumitone”を搭載している。

実際に本機を抱えた時にまず驚かされるのが、その圧倒的な軽さ。そしてプレイしてみると、独自のネック・グリップに慣れてしまえばストレスが皆無と言い切れるほど快適に演奏できることに気付かされる。フレットの傾斜も緩やかなので、大きな違和感を感じない点も嬉しいところ。ヘヴィなリフ弾きからハイ・ポジションでのテクニカルなリード・ワークまで、どんなスタイルにもフィットしてくれるこの扱いやすさは流石という他ない。またゼロ・フレット仕様のおかげで、開放弦でも押弦時と変わらないナチュラルな音色が得られる点も特筆すべきポイントだ。

クローズアップ

STRANDBERG:Verberg7
(写真をクリック or タップで拡大)

STRANDBERG Verberg7 拡大1 STRANDBERG Verberg7 拡大2
STRANDBERG Verberg7 拡大3 STRANDBERG Verberg7 拡大4

スペック

ボディーブックマッチド・ロック・メイプル(トップ)、チェンバード・アルダー&マホガニー(バック)
ネックメイプル、カーボン・ファイバー・フィレット
フィンガーボードエボニー
フレット数24
スケール648mm (7弦)〜635mm(1弦)
ジョイントボルト・オン
ピックアップレース“Alumitone”(フロント&リア)
コントロールマスター・ヴォリューム(コイル・タップ・スイッチ兼用)、マスター・トーン、3ウェイ・ピックアップ・セレクター
ブリッジストランドバーグ“EGS Series 4 Fixed Bridge & Strings Locks”
カラーナチュラル
価格オープン・プライス

お問い合わせ

キョーリツコーポレーション support@kyoritsu-group.co.jp
http://kyoritsu-group.com/

開催概要

STRICTLY 7 GUITARS:Cobra Standard Plus7 HT / T Fanned Fret

STRICTLY 7 GUITARS:Cobra Standard Plus7 HT / T Fanned Fret

キレが良くスピード感のある低域

ジェントなどの多弦ギターを駆使したモダンなメタル・スタイルが普及していく中で、一気に頭角を現してきたブランドがSTRICTLY 7 GUITARS(S7G)だ。ここに紹介した“Cobra Standard Plus7 HT / T Fanned Fret”は、見ての通りマルチ・スケール&ファンド・フレット仕様の7弦モデル。ロック・メイプルとウォルナットを組み合わせた7ピース・ネックはいわゆるカマボコ型に近いシェイプで、良好なグリップ感とフィット感が得られる。ファンド・フレットがもたらすピッチの安定感も抜群で、複雑なテンション・コードを多様するプレイヤーなどにはその効果を強く実感してもらえることだろう。ブリッジはヒップショット製のフィックスド・タイプを搭載しており、ブリッジ・ミュートを掛けてかなり強めにピッキングしても妙な共振などを起こさずソリッドな鳴りを生み出してくれる。ザラリとした木肌を感じられるボディー・フィニッシュも個性的だ。

また全体のサウンドとしては、キレが良くスピード感のある低域が特徴だと言える。これ以上ローを強調するとベースに干渉するだろうという、ギリギリのラインで上手くチューニングしているようだ。横にワイドに広がるレンジ感というよりは、弾丸のように前へ前へと音が鋭く飛んでいく印象で、低域のダブつきが気になるギタリストにはお勧めだ。コントロール面がピックアップをフロントorリアで切り替えるトグル・スイッチとヴォリューム・ノブのみという潔さも◎。

クローズアップ

STRICTLY 7 GUITARS:Cobra Standard Plus7 HT / T Fanned Fret
(写真をクリック or タップで拡大)

STRICTLY 7 GUITARS Cobra Standard Plus7 HT / T Fanned Fret 拡大1 STRICTLY 7 GUITARS Cobra Standard Plus7 HT / T Fanned Fret 拡大2
STRICTLY 7 GUITARS Cobra Standard Plus7 HT / T Fanned Fret 拡大3 STRICTLY 7 GUITARS Cobra Standard Plus7 HT / T Fanned Fret 拡大4

スペック

ボディーノーザン・アッシュ
ネックロック・メイプル&ウォルナット
フィンガーボードエボニー
フレット数24
スケール698.5mm(7弦)〜648mm (1弦)
ジョイントスルー・ネック
ピックアップラングレン“Model M7”(フロント&リア)
コントロールマスター・ヴォリューム、3ウェイ・ピックアップ・セレクター
ブリッジヒップショット
カラーブラッド・レッド
価格オープン・プライス

お問い合わせ

島村楽器 www.shimamura.co.jp

開催概要

トップに戻る

他にもこんなメタル系ギアが集結!!

Ormsby

ファンド・フレットを採用したモデルを中心とするラインナップで、既に国内外で話題を集めているオーストラリア発のオームスビー。鮮やかなカラー&杢目とデザイン性が両立した、印象的なモデルが充実している。

Dingwall

ディングウォールはカナダから登場したブランドで、昨今ブームのモデルよりもいち早くマルチ・スケールの有用性を広く知らしめた。ファンド・フレット・ベースを代表する存在と言って間違いないだろう。

Mesa/Boogie

アメリカを代表するアンプ・ブランド:メサブギー。"Mark”や“Rectifier”といった有名シリーズを始め、誰もがそのサウンドを耳にしたことがあるはず。熱量とパワー、そして魂をサウンドに込めるギタリストにこそオススメしたい。

Fractal Audio Systems

“Axe-Fx”シリーズを始めとする圧倒的なモデリング・サウンドを誇るギター・プロセッサーで一世を風靡しているフラクタル・オーディオ・システム。その強力なサウンドだけでなく、ワールド・ツアーの過酷なロードでも安定して機能する耐久性の高さでも人気を集めている。

Line 6

'90年代から常にモデリング・アンプの最先端を走り続けるLine 6。近年展開している“Helix”シリーズでは、サウンド面や機能面において最高水準に達している。使いやすいインターフェイスなど、ライヴやレコーディングなど場所を問わずお勧めできる。

Orange

英国の伝統的なテイストを色濃く残す質実剛健なブランドがオレンジだ。轟音を響かせる様々なラインナップを有するヘッドはもちろん、デジタル・アンプ・ユーザーも納得のパワーを誇るキャビネット群も見逃せない。

鋼鉄武具合戦 開催概要

期間:2017年7月7日(金)・8日(土)・9日(日)
会場:島村楽器ミーナ町田店
   東京都町田市原町田4-1-17 ミーナ町田B1F
アクセス:JR町田駅下車 中央口より徒歩5分
入場料:無料
開催時間:10:00〜21:00

お問い合わせ:[TEL]042-710-6088

  • 出展ブランド一覧(ABC順):
  • DEAN GUITARS
  • DINGWALL
  • ERNIE BALL MUSIC MAN
  • ESP(EDWARDS、E-II)
  • FRACTAL AUDIO SYSTEMS
  • HUFSCHMID GUITARS
  • IBANEZ
  • JACKSON
  • LEGATOR
  • LINE 6
  • MAYONES
  • MESA/BOOGIE
  • ORANGE
  • ORMSBY GUITARS
  • SCHECTER
  • SKERVESEN
  • STRANDBERG
  • STRICTLY 7 GUITARS

同時開催イベント

DIMLIM × Ormsby × S7G DEMONSTRATION

DIMLIM × Ormsby × S7G DEMONSTRATION

  • 2017年7月7日(金) 18:00〜
  • 出演:DIMLIM

“SALTY DOG”KENT × S7G DEMONSTRATION

“SALTY DOG”KENT × S7G DEMONSTRATION

  • 2017年7月8日(土)14:00〜
  • 出演:“SALTY DOG”KENT

Fractal Audio Systems「Axe-Fx II XL Plus」「AX8」徹底解説セミナー feat 大和×ニケ

Fractal Audio Systems「Axe-Fx II XL Plus」「AX8」徹底解説セミナー feat 大和×ニケ

  • 2017年7月8日(土)15:30〜
  • 出演:大和、ニケ

Line 6“Helix”で奏でる極上鋼鉄サウンドの真髄 by ISAO

Line 6“Helix”で奏でる極上鋼鉄サウンドの真髄 by ISAO

  • 2017年7月9日(日)14:30〜
  • 出演:ISAO

Dingwallセミナー by Ayumu&SHU

Dingwallセミナー by Ayumu&SHU

  • 2017年7月9日(日)17:00〜
  • 出演:Ayumu、SHU