毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

THIS HOUSE IS NOT FOR SALE/BON JOVI

ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール/ボン・ジョヴィ

アーティスト名 BON JOVI
ボン・ジョヴィ
アルバム名 THIS HOUSE IS NOT FOR SALE
ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール


CD | ユニバーサル インターナショナル | 2016年11月4日発売

Amazonで購入する

前作『BURNING BRIDGES』(’15年)は、脱退したリッチー・サンボラ(g)の名がクレジットされた楽曲の存在も話題になったが、いわゆるアウトテイクをまとめた内容とも言われるなど、様々な憶測を呼んだ。長年に亘って友好関係にあったはずの前所属レーベルとの考え方の温度差、正式なギタリストとベーシストが不在の状況──そうしたこれまでのあらゆる負の感情を払拭する瑞々しさが、このニュー・アルバムには広がっている。
音楽的な方向性は、近作と大きな違いはない。ただし、明らかに異なるのは歌詞に込められたメッセージや自己主張だろう。“この家は売り物じゃない”という一節が象徴的で、ポジティヴなモチベーションが曲調そのものに表現されたことは容易に推測できる。これこそがボン・ジョヴィ流の普遍的ロックだ。
新加入のフィル・Xは多くの著名アーティストとの協業で知られるセッション・ギタリストで、’92〜’93年にはリック・エメットの後任としてカナダのトライアンフで活動していた人物。無論、実力は確かで、本作においてもどんなスタイルにでも対応できる高いポテンシャルを感じさせる、巧みなプレイで惹き付けていく。よい意味での特異さは今後の作品でより色濃く表出してくるはずだが、的確なフレージングやサウンド・メイキングは一聴の価値がある。
(土屋京輔)