毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

CONCRETE AND GOLD/FOO FIGHTERS

コンクリート・アンド・ゴールド/フー・ファイターズ

アーティスト名 FOO FIGHTERS
フー・ファイターズ
アルバム名 CONCRETE AND GOLD
コンクリート・アンド・ゴールド


CD | ソニー・ミュージック ジャパン インターナショナル | 2017年9月15日発売

Amazonで購入する

今夏の“サマソニ”でヘッドライナーを務めたフー・ファイターズ、通算9枚目のスタジオ新作が遂にリリースされる。ヘヴィな「Run」が先行発表され、デイヴ・グロール(vo, g)による「モーターヘッドが作った『SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND』みたいな作品にしたかった」という発言もあり、その全体像に対して色々と憶測を呼ぶこととなったが…。果たして試聴してみての印象は、まさにデイヴの言葉通り。“モーターヘッド”というのはハード、ヘヴィ、アグレッシヴ…といった面を比喩的に表したものだが、“ビートルズ”については随所にかなり直接的な影響/音楽的要素の取り込みを聴き取ることができる。

まあハード&ヘヴィでポップ&キャッチーという点ではいつものフーファイ節とも言えるわけだが、それを彩る鍵盤類やストリングスなども含む各楽器のアレンジは過去最高の緻密さと厚さを誇り、特にエレクトリック&アコースティックをふんだんに使ったギター・パートについては本人達も「何本ぐらい重ねられているか分からない」というほど分厚く多彩な層を成している。また、多くの曲で盛り上がりの“起爆剤”となるのがラウドなギター・リフであり、ほぼすべての曲に設けられた間奏でのメロディー/ソロも良いフックとなっている。「フーファイ史上、最もギター・オリエンテッドな作品」、そう断言できる。
(上田慎也)