毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

RESURRECTION/MICHAEL SCHENKER FEST

リザレクション/マイケル・シェンカー・フェスト

MICHAEL SCHENKER FEST - RESURRECTION
アーティスト名 MICHAEL SCHENKER FEST
マイケル・シェンカー・フェスト
アルバム名 RESURRECTION
リザレクション


CD | ワードレコーズ | 2018年2月28日発売

Amazonで購入する

MSGの歴代シンガーであるゲイリー・バーデン、グラハム・ボネット、ロビン・マッコーリーに、テンプル・オブ・ロックの一員であるドゥギー・ホワイトを加えた計4名のシンガーを迎えて制作された、マイケル・シェンカー・フェスト名義での初スタジオ作。バックを支えるのは、’80年代のMSG黄金期を支えたクリス・グレン(b)、テッド・マッケンナ(dr)、そしてスティーヴ・マン(g, key)という、ファンにとっては文字通り「祭典」と呼ぶに相応しい布陣だ。

シェンカー・ファンを公言するメタリカのカーク・ハメット(g)がアップ・テンポに迫る「Heart And Soul」でゲスト参加しており、マイケルと緊張感溢れるソロ・バトルを繰り広げているのも大きな聴き所の1つだが、4人のシンガーが全員揃って力強い歌唱を披露する古典的ハード・ロック曲「Warrior」や、ラストを飾る叙情的な「The Last Supper」も必聴だ。グラハムの熱唱が印象的なミドル・テンポの「Night Moods」、正確無比なピッキングによるリフ・ワークが圧倒的な「Everest」、ダブル・ベース・シャッフルのリズムに合わせて情感たっぷりに弾きまくる本作唯一のインスト「Salvation」など、“神”ならではの王道曲を多数収録。暗さを湛えた“泣き”のフレーズはなく、どこか全体的に爽快感や明るさを伴った楽曲が多い印象だが、それは近年のコンスタントかつ旺盛な活動が創作面でもポジティヴな影響を与えている証拠だろう。
(Masa Eto)