毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

SERPENTINE
LIVING AND DYING IN HIGH DEFINITION/SERPENTINE

’07年からTNTに在籍する元シャイのトニー・ミルズ(vo)を迎えて本格始動した、イギリスの5人組による2ndアルバム。前作はメロディアスなハード・ロックの手本のような仕上がりでファンを驚喜させたが、やはり今…

SUICIDE SILENCE
THE BLACK CROWN/SUICIDE SILENCE

前作『NO TIME TO BLEED』(’09年)で、ここ日本での人気も確立した感のある彼らの3rdフル。前作ではシャープに攻撃する様が印象的だったが、本作では重心を落として、(ハードコア的な意味で)よりフ…

STORM WARRIOR
HEATHEN WARRIOR/STORMWARRIOR

ドイツ産メタラーによる、スタジオ・フルレンス第4作。前作からドラマーがチェンジしているが、無骨な味わいの“漢”パワー・メタル路線に変わりはなく、ミックス/マスタリングを手掛けたのが引き続きトミー・ハンセンというのにも注目…

KALISIA
CYBION/KALISIA

フランス産プログレッシヴ・メタラーのこの1stフルは、実に13年もの期間を制作に費やしたというSF仕立てのコンセプト大作。サイバーなアトモスフィアに包まれたそのテクニカルなサウンドは、シンフォニック/プログレッシヴ/デス…

incubus
IF NOT NOW, WHEN?/INCUBUS

活動停止の期間を挟み、およそ4年半振りとなる通算7作目。ブランドン・ボイド(vo)が「今までで最も豊潤でゆったりとした作品」と語るように、成熟した空気が全編に漂う。’90年代半ば、KORNの舎弟的な扱いでデビ…

hellintehclub
LET THE GAMES BEGIN/HELL IN THE CLUB

イタリアの4人組によるデビュー作。シークレット・スフィアとエルヴェンキングのメンバーらが始めたプロジェクトだが、音楽的には両者がそれぞれ志向するプログレッシヴ・メタルでもフォーク・メタルでもなく、’80年代後…

georgelynch_kill
KILL ALL CONTROL/GEORGE LYNCH

ジョージ・リンチが1stソロ『SACRED GROOVE』(’93年)以来となる、オリジナル・ナンバーで構成したソロ・アルバムを発表した。ソウルズ・オブ・ウィーのロンドン・レグランド(vo)やブレットボーイズ…

DEF LEPPARD - MIRROR BALL
MIRROR BALL – LIVE & MORE/DEF LEPPARD

新曲3曲を含む全25曲の代表曲を2枚組にまとめた、キャリアの集大成とも言えるバンド初のライヴ・フル・アルバムの登場だ。音源は’08年〜’09年に行なわれた“SPARKLE LOUNGE”ツアーから…

circle of silence
THE BLACKENED HALO/CIRCLE OF SILENCE

ドイツ南部はバーデン・ヴュルテンベルク州を拠点とする5人組パワー・メタル・バンドの3rd。剛健なメタル・エッジの中にガッツと愁いを封じ込めた硬派で男臭いサウンドは、同国のベテラン:ブレインストームとの共通項を強く感じさせ…

chthonic_takasago_1108
TAKASAGO ARMY/CHTHONIC

台湾出身のブラック・メタル・バンドによるニュー・アルバム。台湾の山岳民族により編成された旧日本軍の部隊:高砂義勇隊をテーマとしており、『SEEDIQ BALE』(’06年)、『MIRROR OF RETRIB…

THE BLACK DHALIA MURDER - RITUAL
RITUAL/THE BLACK DAHLIA MURDER

4度の来日を数える彼らの約2年振りの5th。作を追う毎にイーヴル指数を増長させている中、今作も独特の高低差を用いた咆哮&絶叫ヴォーカルはもちろん、ブラック・メタルのそれを踏襲したかのようなリフや音階がゴリゴリの邪悪度を演…

AUGUST BURNS RED
LEVELER/AUGUST BURNS RED

’07年の『MESSENGERS』で現行メタルコアのトップ・アクトへと到達、前作『CONSTELLATIONS』(’09年)でその地位を不動のものとした彼らの通算4枚目となるフル作。前2作での勢い…

193 / 204 ページ最初191192193194195最後

掲載号別 レビュー 一覧