毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

181D_Almah_Motion
MOTION/ALMAH

ANGRAのシンガー:エドゥ・ファラスキのリーダー・バンドによる約3年ぶりの3rd。ANGRAでの盟友フェリッペ・アンドレオーリ(b)らと共にバンド体制を構築した前作と変わらぬ布陣で制作されているが、楽曲スタイルは大きく…

CHICKENFOOT - CHICKENFOOT III
CHICKENFOOT Ⅲ/CHICKENFOOT

2ndなのに出来が良いので『Ⅱ』を飛ばして『Ⅲ』ということらしい。ライヴ盤を含めたトータルで13枚目を『Ⅲ』としたヴァン・ヘイレンは「12以上数えられないから」とトボけたが、どちらもタイトルにこだわりなし、要は中身…とい…

PAIN - YOU ONLY LIVE TWICE
YOU ONLY LIVE TWICE/PAIN

スウェーデンを代表するメタル・プロデューサーの1人、ピーター・テクレンによるソロ・プロジェクト。気付けば活動歴15年、7枚目となるフル・アルバム。ジ・アビスはもちろん彼の在籍する最も有名な“バンド”であるヒポクリシーでさ…

CRIMES OF PASSION
TO DIE FOR/CRIMES OF PASSION

英シェフィールド出身の正統派メタル・バンドの2nd。’99年結成のDEADLINEが’05年に改名して現在に至るということで、この名義では2作目ながら既に結成から12年を数える中堅どころ。シンガー…

CRIMSON WIND
THE WINGS OF SALVATION/CRIMSON WIND

イタリアのエピック・パワー・メタル・バンド:ザイ・マジェスティの現ヴォーカルが並行して籍を置いているもう1つのバンドによるデビュー作。ザイ・マジェスティよりもっと素直でストレートなメロパワを聴かせており、ハイ・トーンを駆…

BLACK TIDE
POST MORTEM/BLACK TIDE

米マイアミ出身のヤング・モダン・メタラーの2nd。3年前に“メンバー全員が10代のバンド”としてデビュー以来、“LOUD PARK”やトリヴィアムに帯同しての来日を含む多くのツアーを経験し、少年4人はグッとタイトに成長。…

ALYSON AVENUE
CHANGES/ALYSON AVENUE

現ナイトウィッシュのアネット・オルゾン(vo)がかつて在籍し、その脱退を機に活動を休止していたスウェーデン産メロディアス・ハード・ロッカーが新シンガーを迎えて復活。新任のアラベラ・ヴィタンクも張りと伸びを備えた実力者で、…

THIS IS WHERE IT ENDS - ALL SHALL PERISH
THIS IS WHERE IT ENDS/ALL SHALL PERISH

現在“デスコア”と呼称されるジャンルの雛形を黎明期に築いたパイオニアにして、オールド・スタイルのデス・メタルとを繋ぐミッシング・リンクとなり得る数少ない存在の1つ。メンバー・チェンジも何のその、叙情性や技巧派ぶりを印象づ…

ALESTORM
BACK THROUGH TIME/ALESTORM

スコットランド出身、身なりから歌詞、音楽性すべに於いて徹底した海賊っぷりを披露する“パイレーツ・メタラー”の3rd。これまでの良い意味でのおちゃらけムードを保ちつつ、同時にシリアス感とドラマ性も共存させ始めてきたが、特に…

DIR EN GREY
DUM SPIRO SPERO/DIR EN GREY

DIR EN GREYの近作に関して個人的な解釈を言うと、前々作『THE MARROW OF A BONE』(’07年)は’90年代的なモダン・ヘヴィネス。そして前作『UROBOROS』(&#82…

MANRAZE
PUNKFUNKROOTSROCK/MANRAZE

デフ・レパードのフィル・コリン(g, vo)がガール時代の旧友ジェリー・ラフィー(b)、セックス・ピストルズのポール・クック(dr)と共に結成したサイド・プロジェクト・バンドが、この2ndアルバムで日本デビューを飾った。…

LIONVILLE
LIONVILLE/LIONVILLE

ステファノ・リオネッティなる、イタリアはジェノヴァを活動拠点とするギタリストを中心としたプロジェクトのデビュー・アルバム。全く無名の新人と言ってもいい存在ゆえに、本作の高い完成度には驚かされた。音楽的には透明感のある美旋…

198 / 204 ページ最初196197198199200最後

掲載号別 レビュー 一覧