毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

BLUES IN THE AFERBURNER/CHRIS DUARTE GROUP

ジジ臭くて格式ばったのがブルースだという先入観を持つ人にこそ聴いてほしいのが、クリス・デュアーテというギタリストだ。この8枚目のスタジオ作でもギターが悲鳴を上げているかのようにラウドな弾きまくりで腹が一杯になる。楽曲がブ…

BESTIAL THRASHING BULLDOZER/FASTKILL

トーキョー突撃スラッシュ・コマンドー、約4年振りとなる3rd。不朽の名作、スレイヤー『REIGN IN BLOOD』(’86年)ですらセルアウトと見なしちゃっていた、かの日のアグレッシヴなメタル根性、熱きスラ…

ANIME EYE/JACKBADRA!

8弦ギターを操るムラトリックスのむらとり(怒)が結成したバンドの、活動休止を経て10年振りにリリースされた4th。モロに“けいおん!”をパロったロゴや卑猥なアートワークに歌詞、コントのような会話、メタル・カヴァーに日本語…

THE LANDING/IRON SAVIOR

ピート・シールク(vo, g)率いるパワー・メタラーの第7作。前作『MEGATROPOLIS』(’07年)から約4年半ものブランクが空いたが、ガンマ・レイをより男臭く無骨にし、ブラインド・ガーディアンのSFテ…

BLACK AS DEATH/IRON MASK

“ベルギーのイングヴェイ”ことダッシャン・ペトロッシ(g)率いるパワー・メタル・バンドの4th。本作ではシンガーの交替が行なわれているが、新たに加わったのは何とマーク・ボールズ。元イングヴェイ・バンドで近年ではロイヤル・…

SCRIPTED/ICON FOR HIRE

シアトルの重要パンク・レーベル“トゥース&ネイル”が送り込む新星。女性ヴォーカルによるラウド・ロックで、エヴァネッセンスを少しライトにした印象を受けた。ザクザク刻まれるリフや起伏に富む劇的な展開は近年のラウド・ロック・マ…

THE LASTMAN STANDING/GUARDIAN HACKER

群馬出身、女性ヴォーカルを擁する5人組の3rdフル・アルバム。重量感溢れる音の壁を構築するリフに絡みつくエレクトロニクス・アレンジやグロウルによるコーラス、メランコリックなメロディーには今時のヘヴィ・ロック〜エモ/スクリ…

GENTLE GUITAR V/GENTLE GUITAR V

本誌でもお馴染みの、宮脇俊郎、小林信一、野村大輔、山口和也、菰口雄矢によるジェントル・ギター・ファイヴ・プロジェクトの1stアルバム。発起人の安保氏によれば「現代日本人ギタリストのテクニックや音楽性は海外ギタリストに何ら…

オドレナリン/RIDER CHIPS

野村義男と’80年代のジャパン・メタル・ムーヴメントの中枢にいた寺沢功一(b)、宮脇知史(dr)、そしてRicky(vo)という強力なメンバーが集まったRIDER CHIPSの4thアルバム。全体的に独自のポ…

SHOW ME HOW TO LIVE/ROYAL HUNT

ジョン・ウェストもマーク・ボールズももちろん素晴らしいシンガーだが、「One More Day」のDCクーパーの歌声が聴こえた瞬間、まずは何とも言えずホッとした気分に襲われた。いかにもアンドレ・アンダーセン(key)らし…

NONSTOP/SICK OF IT ALL

四半世紀に渡り活動しているニューヨーク・ハードコア・シーンの重鎮。輝ける25周年記念盤は、自身の“名曲”を再録音した変則的なベスト・アルバムとなった。僅か4日で20曲の録音とミックスを終了しただけに、まさにハードコアその…

TIME MACHINE 2011: LIVE IN CLEVELAND/RUSH

近年はライヴ作品を出し過ぎなんじゃないかという気がしないでもなかったが、これは話が別だ。’11年4月の“Time Machine Tour”に於けるクリーヴランド公演を収録したもので、同ツアー最大の売り物だっ…

203 / 231 ページ最初201202203204205最後

掲載号別 レビュー 一覧