毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

LOCK UP - NECROPOLIS TRANSPARENT
NECROPOLIS TRANSPARENT/LOCK UP

錚々たる面々(列挙は割愛)が在籍するEUグラインディング・デス・メタル・オールスターズの9年ぶりの3rdフル。亡くなったジェシー(g)の不在は実に寂しいが、新加入のアントン(元ペンタグラム、クリミナル)が良い仕事をしてい…

LILLIX - TIGERLILY
TIGERLILY/LILLIX

前作『INSIDE THE HOLLOW』(’06年)が日本でも大ヒットした、カナダのエヴィン姉妹率いるリリックス。メジャーを離れインディーから発表した3作目が、本国からちょうど1年遅れで日本でもリリースとな…

HOLY MARTYR - INVINCIBLE
INVINCIBLE/HOLY MARTYR

イタリア産5人組による5作目で本邦デビュー作。これまで常に“戦”をテーマにした作品を提供してきた彼らだが、今回の主題に選ばれたのは何と日本の“サムライ”。“座頭市”“七人の侍”という直球なタイトルが凄い…。ツイン・リード…

HELMET - SEEING EYE DOG
SEEING EYE DOG/HELMET

ジャズの学位を持つペイジ・ハミルトン(vo, g)率いる、伝説のヘヴィ・バンドによる7作目。不協和音の音の洪水と、めまぐるしい曲展開で聴き手を参らせるバンドは数多いが、彼らのように、AC/DC並とまでは言わないまでも、極…

GOTTHARD - HOMEGROWN - LIVE IN LLUGANO
HOMEGROWN – ALIVE IN LUGANO/GOTTHARD

昨年秋、不慮の事故でスティーヴ・リー(vo)を喪ったスイス産ハード・ロック・バンドによる──スティーヴ存命時の’10年7月17日、地元スイスでの公演を収めたライヴ作(’99年暮のショウを収めたDV…

FLESHGOD APOCALYPSE - AGONY
AGONY/FLESHGOD APOCALYPSE

イタリア出身のデス・メタル・バンドによる2ndにして日本デビュー盤。サフォケイション系の技巧派ブルータル・デスにクラシック・センスに基づくオーケストラをアレンジするスタイルは、これまでのリリースに於いても驚くべき完成度を…

FARCRY - OPTIMISM
OPTIMISM/FARCRY

米ニュージャージー出身のメロディアス・ハード・ロッカーの2nd。ロッカーマでも活躍するピート・フライ(g)を中心にゲスト・キーボーディストも含めた6人で、ファイヤーハウスやデンジャー・デンジャーにも通じる爽快なアメリカン…

PRAY FOR THE EARTH - EARTHSHAKER
PRAY FOR THE EARTH/EARTHSHAKER

日本のハード・ロック/ヘヴィ・メタル史の礎を築いた4人組による、“ネクサス”レーベル復帰作第2弾。「アースシェイカー史上、最もメロディアスなアルバム」(西田昌史/vo)とのコメントにも頷かされる音像だが、バンドのグルーヴ…

DEAD BY APRIL - INCOMPARABLE
INCOMPARABLE/DEAD BY APRIL

スウェーデンはイエテボリ出身のメタルコア/スクリーモ・バンドによる2nd。バックストリート・ボーイズすら思い浮かぶポップなメロディー、スクリームと歪みリフのメタリックな刺々しさ、両者をうまく繋ぐ媒体としてのエレクトロニク…

DAVID MARK PEARCE - STRANGE ANGELS
STRANGE ANG3LS/DAVID MARK PEARCE

他のアーティストのバックやセッション、スタジオでプレイしてきたデヴィッド・マーク・ピアース初のソロ・アルバム。ギタリストとしてだけではなく、エンジニア/プロデューサーとして数多くのレコーディングも経験しているというだけあ…

CONCERTO MOON - SAVIOUR NEVER CRY
SAVIOR NEVER CRY/CONCERTO MOON

新ラインナップで制作した通算9枚目のアルバム。後任シンガーに迎えられたのは、福岡で結成されたスクリーミング・シンフォニーで活動してきた久世敦史で、前任者にも通じるパワーを押し出した歌唱スタイルが持ち味だ。この声の存在感が…

COMMUNIC
THE BOTTOM DEEP/COMMUNIC

ノルウェー産プログレ・パワー・メタル・バンドによる4th。ネヴァーモアにキャンドルマスのエキスを注入したようなダークかつドゥーミー、刺々しく攻撃的だがメリハリをわきまえた音楽性は今回も高い完成度で示されており、トリオとは…

203 / 205 ページ最初201202203204205

掲載号別 レビュー 一覧