毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

ELECTRIC MARY Ⅲ/ELECTRIC MARY

本国オーストラリアだけではなく、欧米でも高い評価を得ているハード・ロック・バンド:エレクトリック・メアリー。オーストラリア出身のハード・ロック・バンドといえばAC/DCという超大物が頂点に君臨しているが、バンドとしてのア…

CARBON-BASED ANATOMY + RE-TRACED/CYNIC

復活作『TRACED IN AIR』(’08年)を最後に再び沈黙かも…と思っていたファンには嬉し過ぎるEP2作を収めた日本企画盤。復活作の再編集作『RE-TRACED』(’10年)だけでも驚喜だっ…

COMMUNICATE THE STORM/CIPHER SYSTEM

“Lifeforce”からのリリースでメタルコア・ファンにはお馴染みだったスウェーデン産メロディック・デス・メタル・バンドが“Nuclear Blast”とのディールを獲得。何と7年振り、やっとこさの2ndアルバムをリリ…

ANNIVERSARY/CATHEDRAL

英国ドゥーム・メタルの匠による初の公式ライヴ盤で、’10年12月3日の結成20周年ロンドン公演(2部構成)を収録の2枚組。第1部は“世界最遅”の異名を取った’91年のデビュー作を録音メンバーが再結…

DARK MATTER/BRETT GARSED

タッピングに特化したTJ・ヘリメリッチの相方と言えば分かりやすいか、ブレット・ガースド。彼のソロ作品は初が’03年『BIG SKY』。それ以来の本作はソロ名義の第2弾となる。耳ざといリスナーならご存知の通り、…

NEIGHBORHOODS/BLINK-182

’09年の活動再開から2年余り。ツアーの合間を縫ってようやく新作(通算6作目)が完成した。彼らの場合、“解散”ではなくあくまで“活動休止”だったわけで、’05年〜’09年までの休止期間…

FLYING COLOURS/THE BLANKO

フィンランド出身のトリオによる1stフル。剛毅なリフを軸にエネルギッシュかつカラフルに展開するハード・ロックをプレイしており、プログレの薫りも嗅げる有機的な楽曲展開で’70年代型のレトロスペクティヴを示しつつ…

OUR NEW LIFE ABOVE THE GROUND/AVALANCHE CITY

この夏、KT・タンストールのオープニング・アクトとしての来日が記憶に新しいアバランチ・シティは、デイヴ・バクスターという人物のソロ・プロジェクト。アコ・ギター、パーカッションなど多数の楽器から生まれた本作はフォーク色の濃…

PERFOMOCRACY/THE POODLES

スウェーデン産ハード・ロック/ポップ・メタラーの4th。ドキュメンタリーDVD〜ライヴ・アルバムのリリースを挟んでの約1年振りの作品となった本作は、ウィグ・ワムと並んで語られるこれまで通りのキャッチーな魅力は変わらずも、…

DRIVE/POISONBLACK

昨年“FINLAND FEST”で初来日を果たしたフィンランド産“ノーザン・メランコリー”メタラーの第5作。脱退したヤンネ・マルクス(g)の後任は迎えず、ギター・パートはヴィレ・レイヒアラ(vo, g)が1人でコナしたよ…

Sexy Finger Ⅲ/PANTHER

元SEX MACHINEGUNSのメンバーが顔を揃えるザ・サイクルで活動するギタリストが放つ、約7年振りとなる3枚目のソロ・アルバム。全編をインストゥルメンタルで構成したのは、あくまでも“奏者”であろうとするPANTHE…

212/NEIL ZAZA

テクニカルかつ旋律的なプレイで、中国や韓国などで大きな支持を受けているアメリカ出身ギタリストの7thソロ作。冒頭こそ、荘厳なシンセにスウィープの嵐を絡めるという大仰な展開ながら、2曲目以降はニールならではの卓越したメロデ…

205 / 229 ページ最初203204205206207最後

掲載号別 レビュー 一覧