毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

KAIROS/SEPULTURA

イゴール(dr)も脱退してからの2枚目。前作では気負いに由来するものなのか、コンセプチュアルな構成によるものなのか、窮屈な部分が時折顔を見せていたが、ここで聴くことができるのは圧倒的なセパルトゥラ感! しかもみんな大好き…

THE TRUTH IS…/THEORY OF A DEADMAN

“ニッケルバックの弟分”の名でデビューを飾った4人組、通算4作目。地道なドサ回りとシングル・ヒットによって、皮肉にも日本盤がスルーされた前作『SCARS AND SOUVENIRS』(’08年)がミリオン・セ…

FLY FROM HERE/YES

新ヴォーカリスト:ベノワ・デイヴィッドを迎え、プロデューサーには『90215』(’83年)を手掛けたトレヴァー・ホーンを起用した通算20枚目。注目は「序曲」+5つのパートで構成された約24分のタイトル組曲で、…

DARKNESS IN THE LIGHT/UNEARTH

3度の来日を経験し、メタルコアの代表格となった彼らの約3年振りの5作目。バンドの“カッコよさ”の源である怒涛のパワーで押す突進力や緩急をつけたブレイクダウン、フックのあるメロディーは相変わらずの高い水準を感じ取れるが、や…

IMPACT/TRIX

元T-SQUAREの須藤 満(b)、元カシオペアの熊谷徳明(dr)、窪田 宏(key)によるフュージョン・バンド:トリックスに、若手実力派ギタリストの菰口雄矢が加入。新生トリックスの第1弾となったこの作品では、爽やかで快…

PRESSURE AND TIME/RIVAL SONS

L.A.出身の4人組による2ndアルバム。ジミ・ヘンドリックスをフィーチュアしたMC5がレッド・ツェッペリンのコスプレをしてザ・フーの曲をやっているような、ブルース基盤のロックをプレイする。乾いたギター・サウンドと粘りの…

FROM CHAOS TO ETERNITY - RHAPSODY OF FIRE
FROM CHAOS TO ETERNITY/RHAPSODY OF FIRE

イタリアン・ファンタジック・メタルの雄の8thは、’04年発表の5thから続くダーク・シークレット・サーガの最終章となる節目の1枚。壮大な歌劇的シンフォニック・メタルのスタンスは前作までと一切変わらぬが、近年…

DEDICATED TO CHAOS/QUEENSRYCHE

結成30周年を迎える彼らの新作。ジェフ・テイト(vo)曰く、『EMPIRE』(’90年)の未来形とのことだが、音楽的にはロックを軸としつつもフォーマットを限定せず、ポップでありながらジャンル上の拡散傾向を示す…

COME READ THE WORDS FORBIDDEN/MORTON

ウクライナ出身、同国の著名なプロデューサーであるマックス“モートン”パシチニク(vo)を中心とするバンドのデビュー作。一言で表すなら欧州型のメロディック・パワー・メタルであり、言うなりゃキャメロットからプログレ要素を除い…

VARJOINA KULJEMME KUOLLEIDEN MAASSA/MOONSORROW

“FINLAND FEST 2011”で初来日を果たした“エピック・ヒーゼン”メタラーの第6作。10分超の大曲をSEで繋いだ、とてつもなくダークなコンセプト・アルバムで、その絶望的な物語は、邦題『我、死者の国を影のごとく…

REVERENCE/MERGING FLARE

フィンランド産ヘヴィ・メタル・バンドのデビュー・アルバム。その筋では超有名(?)なガンマ・レイのトリビュート・バンド:ガーディアンズ・オブ・マンカインドのメンバーを擁していることもあって、まるで“ガンマ・レイ+エドガイ”…

WATCH OUT!/LOVEX

フィンランドの6人組による3枚目のアルバム。かの国特有の叙情旋律を配したメランコリックかつダークなハード・ロックがこれまでの持ち味だったが、楽曲はポップな色合いを際立たせる方向性へとシフト。あたかも別のバンドの音源かと錯…

205 / 217 ページ最初203204205206207最後

掲載号別 レビュー 一覧