毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

PLACE VENDOME - CLOSE TO THE SUN
CLOSE TO THE SUN/PLACE VENDOME

マイケル・キスクが歌い、デニス・ワードがプロデュースするAORプロジェクトの通算4作目。本作から新たにケインズ・オファリングのヤニ・リマタイネンやDGMのシモーネ・ムラローニらが外部ライターとして楽曲を提供している。叙情…

PIMEA METSA - NO BLOOD, NO GLORY
NO BLOOD, NO GLORY/PIMEA METSA

スペインの6人組フォーク・メタラーの2ndフル。民俗楽器担当はおらず、時々聴こえてくるそれっぽい音色は(アコーディオンを除き)シンセで代用しているようだ。ケルト風味がエルヴェイティを想起させ、エイルストームの影響も窺える…

MICHAEL SCHENKER FEST - LIVE - TOKYO INTERNATIONAL FORUM HALL A
LIVE – TOKYO INTERNATIONAL FORUM HALL A/MICHAEL SCHENKER FEST

6名の歴代MSGメンバーを従えた“マイケル・シェンカー祭”の東京公演(’16年8月)を完全収録した映像作品で、2枚組CDも同時リリース。各メンバーをくまなく収めたカメラワークのおかげもあって、人数の多い宴ムー…

UNRULY CHILD - CAN'T GO HOME
CAN’T GO HOME/UNRULY CHILD

米産老舗メロディアス・ハード・バンドの、前作から約3年ぶりとなる6th。’09年にオリジナル・メンバーにて奇跡の復活を遂げて以来3作目となる本作も、彼ら本来の魅力がこれでもかと詰まった充実作となった。煌びやか…

PUNKY MEADOWS - FALLEN ANGEL
FALLEN ANGEL/PUNKY MEADOWS

’70年代にKISSのジーン・シモンズに見出され、彼らと同じ“カサブランカ・レコード”からデビューしたことで話題となったエンジェル。その中心人物だったパンキー・メドウス(g)が、初のソロ・アルバムを発表した。…

RAGE - THE DEVIL STRIKES AGAIN
THE DEVIL STRIKES AGAIN/RAGE

独ベテラン・メタラーのオリジナル・スタジオ・フルとしては第19作目。昨年、15年以上在籍したヴィクター・スモールスキらと袂を分かち、新たにベネズエラ出身のマルコス・ロドリゲス(g)、ギリシャ出身のヴァシリオス・マニアトプ…

Shiver of Frontier - Memory of Destiny
Memory of Destiny/Shiver of Frontier

元ディヴァイン・ウィンドのメンバーが中心となって結成されたジャパニーズ・メタル・バンドのデビュー作。音楽性はネオ・クラシカルやシンフォニックの要素を取り入れたメロディック・スピード・メタルで、これぞ“クサメロ”と呼べる音…

SCORPION CHILD - ACID ROULETTE
ACID ROULETTE/SCORPION CHILD

とても若手とは思えぬ古風で濃口のブルース・ロック趣味が話題となったデビュー作から3年、米国テキサス産爆音ヘヴィ・ロッカーがメンバーを大幅に入れ替えて放つ2作目。ギター2本編成からギター1本+キーボード編成への変更はかなり…

SAOSIN - ALONG THE SHADOW
ALONG THE SHADOW/SAOSIN

’03年のバンド初出し音源が収録されたEPの発表後に脱退した初代シンガー、アンソニー・グリーンが復帰した米スクリーモ・バンドの3作目。アンソニーも前任者も透明感のあるハイ・トーンが持ち味で、スクリーモ・バンド…

REZET - REALITY IS A LIE
REALITY IS A LIE/REZET

ドイツ出身の4人組スラッシュ・メタル・バンドによる3rdアルバム。メガデス流のインテレクチュアル風スラッシュに、クリエイターの暴力美学を盛り込み、時に初期メタリカに通じる突進力を発揮する音楽性は、3作目にしてもまだ完成度…

TRIX - EVOLUTION
EVOLUTION/TRIX

菰口雄矢(g)が参加以降、俄然注目度がアップしているトリックスの13作目が完成。爽やかでポップなフュージョン・インストというスタイルを基本にしている彼らだが、今作はバンド結成以来、初のヴォーカル入り曲が10曲中5曲も収録…

RECKLESS LOVE - INVADER
INVADER/RECKLESS LOVE

フィンランド産ヘア・グラム・ロックンローラー4人組による、2年半ぶりとなる4作目。シンガロング必至のスタジアム・ロックで幕を開ける本作も、キャッチーなコーラスと印象的なフック・ラインに富んだ楽曲がズラリと並んでおり、グル…

3 / 201 ページ12345最後

掲載号別 レビュー 一覧