毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

IMMINENCE - THIS IS GOODBYE
THIS IS GOODBYE/IMMINENCE

メタルコア新世代の立ち位置を伸び伸び謳歌するスウェーデン産若手4人組の2作目。’14年のデビュー作ではおよそ10年遡ったメタルコア最盛期のリフやリズムの組み立てを忠実に再現することでバンドの原点をピュアに主張…

ITHILIEN - SHAPING THE SOUL
SHAPING THE SOUL/ITHILIEN

『指輪物語』におけるゴンドールの領地イシリアンをバンド名に戴くベルギー産フォーク・メタラーの2nd。’14年に来日してエルヴェイティの前座を務めたが、その後キーボーディストが脱退してフィドラーが加わり、元々ハ…

FUYUKI KURATA - Tyrannosaurus
Tyrannosaurus/FUYUKI KURATA

クラシックもJ-POPも織り込んだケレン味のあるプログレ/グルーヴ・メタルで、メタル冬の時代と言われた’90年代に孤軍奮闘していたFEEL SO BADの鬼才:倉田冬樹(g, prog)によるフル・インストの…

HOUSE OF LORDS - SAINT OF THE LOST SOULS
SAINT OF THE LOST SOULS/HOUSE OF LORDS

“LOUD PARK 15”で初来日を果たしたUSメロディック・ロックの大御所による通算11作目。前作は完全にギター・オリエンテッドで、勢いのあるハードな楽曲が多かったが、本作では再び煌びやかなキーボードが随所に登場。特…

GHOST CRIES - DEORUM FESTUM
DEORUM FESTUM/GHOST CRIES

東京出身、女性シンガーを擁するメロディック・デス・メタル・バンドによる2nd。ドラマティックかつブルータル、大いに耽美性を感じさせるユニークな音楽性がさらに確信を持って押し進められており、サウンドの1つ1つに自信が漲って…

GIANLUCA FERRO - A HOLE IN THE OCEAN
A HOLE IN THE OCEAN/GIANLUCA FERRO

イタリア出身の多弦テクニカル・ギタリスト:ジャンルカ・フェロの3rdソロ・アルバムが登場した。メタル/フュージョン・タイプのナンバーを収録したオール・インストゥルメンタルの本作は、重厚なサウンドとプログレッシヴな展開を軸…

GYZE - NORTHERN HELL SONG
NORTHERN HELL SONG/GYZE

北海道出身の若きメロディック・デス・メタル・トリオによる3rd。ノーサー、カルマー、スカイファイアら“ボドム・チルドレン”な北欧出身バンド群と並列に位置するサウンドは、完全にワールドワイドなスケール感を保有。国籍を超越し…

EMMURE - LOOK AT YOURSELF
LOOK AT YOURSELF/EMMURE

今、米国ではサウンドの殺気に意識的なデスコア勢が自然と’90年代的ラップコアの煽動スタイルに接近する動きが顕著だが、このコネチカット出身激重バンドは早くから同路線を進んだ先導者の1つ。3年ぶり7作目となる本作…

DREAMSTORIA - DREAMS NEVER END
DREAMS NEVER END/DREAMSTORIA

ミンストレリックスのLeo Figaro(vo)、様々なビーイング系アーティストの作品に関わってきたアブソリュートの綿貫正顕(g)、六合の内田伸吾(dr)が始動させ、現在はLeoとも内田とも活動する杉森俊幸(b/元コンチ…

DIRTY WHITE BOYZ - DOWN AND DIRTY
DOWN AND DIRTY/DIRTY WHITE BOYZ

’90年代初頭にKISS OF THE GYPSYなるバンドでシンガーを務めていたトニー・ミッチェルが、デーモンなどで活動するメンバーを揃えて結成した新バンドによるデビュー作。英国産だが、音楽的な狙いを&#8…

CREEPER - ETERNITY, IN YOUR ARMS
ETERNITY, IN YOUR ARMS/CREEPER

’14年に英国で結成された、鍵盤奏者を擁する6人組ホラー・パンク・バンドの処女作。ミスフィッツ、ラモーンズ、AFI辺りの影響下にあるマイナー調の泣きのメロディック・パンクで気持ちよく疾走するが、シアトリカルさ…

THE CHARM THE FURY - THE SICK, DUMB & HAPPY
THE SICK, DUMB & HAPPY/THE CHARM THE FURY

硬派女性シンガーのキャロライン・ウェステンドルプを前面に立てたオランダ産激重バンドの2作目。メタルコア以降のソリッドな激烈サウンド手法を土台としながら、そこにメロディック・デスのドラマ性やオルタナティヴ・メタルの極太グル…

3 / 204 ページ12345最後

掲載号別 レビュー 一覧