毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

TESTAMENT - BROTHERHOOD OF THE SNAKE
BROTHERHOOD OF THE SNAKE/TESTAMENT

新作は4年ぶりだが相も変わらず極上スラッシュ・メタルが突っ走る。ベイ・エリア・スラッシャーの古参、貫禄の11作目。往時の連携力を回復したチャック・ビリー(vo)とギタリスト2人:アレックス・スコルニック&エリック・ピータ…

SUICIDAL TENDENCIES - WORLD GONE MAD
WORLD GONE MAD/SUICIDAL TENDENCIES

’82年結成の、米クロスオーヴァー・スラッシュ/ハードコアの重鎮による12作目。元スレイヤーのデイヴ・ロンバード(dr)が加入し、ベースとリズム・ギターも刷新されたが路線変更はない。’70年代ハー…

STEVE GRIMMETT'S GRIM REAPER - WALKING IN THE SHADOWS
WALKING IN THE SHADOWS/STEVE GRIMMETT’S GRIM REAPER

グリム・リーパーは’79年に英国で結成されたヘヴィ・メタル・バンド。’83年、’85年、’87年のそれぞれにアルバムをリリースし、それ以降解散状態にあったが、ヴォーカルのス…

HERMAN FRANK - THE DEVIL RIDES OUT
THE DEVIL RIDES OUT/HERMAN FRANK

元アクセプトのギタリストによるソロ3作目。’12年の2nd制作時のラインナップからはマスタープランのR・アルツィ(vo)が残留し、ジェイデッド・ハートのM・ミューラー(b)と元レイジのA・ヒルジャーズ(dr)…

HARDLINE - HUMAN NATURE
HUMAN NATURE/HARDLINE

オリジナル・メンバーとしてはジョニー・ジョエリ(vo)を残すのみとなった、USハード・ロック・バンドによる5thフル。今回は外部ライターを起用せず、プロデューサーでもあるアレッサンドロ・デル・ヴェッキオ(key)が1人で…

HANSEN & FRIENDS - XXX - THREE DECADES IN METAL
XXX – THREE DECADES IN METAL/HANSEN & FRIENDS

欧州メロディック・メタル界のゴッドファーザーが活動30周年の節目に放つ初ソロ・プロジェクト作。ヘヴン・シャル・バーンやカーカスの面々とのコラボはちょっと意外だったが、決してデス・メタルやメタルコアに挑んだわけではなく──…

grief of WAR - ACT OF TREASON
ACT OF TREASON/grief of WAR

東京の4人組スラッシュ・メタル・バンドによる、約7年ぶりとなる3rdアルバム。中心人物のManabu Hirose(vo, g)以外のメンバーは刷新されている。ガツガツとしたリフにギター・メロディーを巧みに凝らすスタイル…

FRANCIS DUNNERY - VAMPIRES
VAMPIRES/FRANCIS DUNNERY

イット・バイツの元フロントマンのソロ作3種が一挙リリース。中でも注目は、I・バイツの過去曲を再録した『VAMPIRES』(’16年)で──もうずっとかつてのイメージから距離を置き、’09年作『TH…

FEEDER - ALL BRIGHT ELECTRIC
ALL BRIGHT ELECTRIC/FEEDER

4年ぶりとなる通算9作目。前作以降、グラント・ニコラス(vo, g)、タカ・ヒロセ(b)は共にソロ活動に突入し、それぞれ別の顔を見せてくれた。特にタカはLUNA SEAのINORANらとMuddy Apesとして精力的に…

ERIC JOHNSON - EJ
EJ/ERIC JOHNSON

孤高のギター・マエストロが初めて制作したフル・アコースティック・アルバムで、オリジナル9曲とジミ・ヘンドリックスやサイモン&ガーファンクルらのカヴァー4曲で構成された通算6作目。ニューエイジ、クラシック、カントリーなど多…

AMARANTHE - MAXIMALISM
MAXIMALISM/AMARANTHE

今やスウェーデンを代表するまでに成長したハイブリッド・モダン・メタラーの4th。ダーティな濁声を交えたエクストリームな風合いは元来の個性として保持しつつ、近未来的クリーン感の中で紅一点の美麗フロント・ウーマン:エリース嬢…

ALTER BRIDGE - THE LAST HERO
THE LAST HERO/ALTER BRIDGE

現代の大衆型USメタルの旗手による5作目。重厚な頭3曲を抜けて飛び込んでくる、“EVH”オマージュの効いた’80sハード「My Champion」の清々さはマジカルだが、この鮮烈さは曲順への配慮によるマジック…

5 / 194 ページ最初34567最後

掲載号別 レビュー 一覧