毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

AFTERMATH OF THE LOWDOWN/RICHIE SAMBORA

アフターマス・オブ・ザ・ローダウン/リッチー・サンボラ

アーティスト名 RICHIE SAMBORA
リッチー・サンボラ
アルバム名 AFTERMATH OF THE LOWDOWN
アフターマス・オブ・ザ・ローダウン


CD | ユニバーサル インターナショナル | 2012年9月12日発売

Amazonで購入する

前作『UNDISCOVERED SOUL』(’97年)から15年ぶりということになる新作だが、話は少し遡って…1stソロ『STRANGER IN THIS TOWN』(’91年)を聴いた時、あまりの歌のうまさにビックリしたのを憶えている(それ以前からボン・ジョヴィでのコーラス・ワークでその実力は分かっていたが…)。ソロでの来日公演も素晴らしかったし、まさにアーティスト=リッチー・サンボラの底力を見せつけられた感じだった。
で、今作。音楽的に更に幅が広がり、作曲面やサウンド・メイクを含めて、前2作以上にスケールの大きさが感じられるというのが第一印象。細かな所まで計算され、作り込まれたサウンド・プロデュースが施されているのだが、ヴェテラン・アーティストの作品にありがちな円熟路線ではなく、全体にダイナミズムに溢れた仕上がりになっている。その辺で大きなポイントになっているのが、ファズ系の歪みの強いディストーションを多用したギターの“トーン”かもしれない。リッチーのギターというと“シュアなテクニックに裏打ちされた端整なプレイ”といったイメージがあるのだが、今回はかなり歪ませたトーンでワイルドに迫り、新たな一面を見せている。今年で53歳のリッチーだが、自分のカラーを守るのではなく、違ったアプローチにチャレンジする貪欲さが良い。枯れた味わいの作品を作るのは、まだまだ先なのだろう。
(森 岳史)