毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

BOOK OF SHADOWS II/ZAKK WYLDE

ブック・オブ・シャドウズ II/ザック・ワイルド

ZAKK WYLDE - BOOK OF SHADOWS II
アーティスト名 ZAKK WYLDE
ザック・ワイルド
アルバム名 BOOK OF SHADOWS II
ブック・オブ・シャドウズ II


CD | ビクター | 2016年4月8日発売

Amazonで購入する

’90年代半ばのザック・ワイルド(vo, g, key/現ブラック・レーベル・ソサイアティ)を通じてサザン・ロック及び’60〜’70年代ロックの魅力を知った世代は結構いるはずだが、朗報だ。アコースティックを基軸に、ソロや一部のバッキングではプラグ・インというスタイルもあの時と同じ——20年ぶりにシンガーソングライターとしてのザックに焦点が当てられた、初ソロ作『BOOK OF SHADOWS』(’96年)の続編である。

今作はアコースティカルな作品だが、そこらの弾き語り盤とは別世界。微妙なピッキングのニュアンス、ザック自身によるハモンド・オルガンの音色選び、ドラムの叩き加減にも配慮が行き届いた、言うなればザ・バンドと同一線上にある豊穣のフォーク・ロック盤である。プロコル・ハルム、エルトン・ジョン、イーグルス、レーナード・スキナード…といった伝説からの薫陶が独自の視線を通して描かれているが、例えば「Lay Me Down」「Lost Prayer」ではヘンドリックス風のコードを入れているものの、言われてみれば…の程度。本誌4月号にてストーンズ的と本人が語る「Autumn Changes」も同様だが、こうした独特の音楽センスを深掘りしていく作業が実に楽しい(ぜひ、お手元には4月号を!)。ここ数年の禁酒生活の功…か、それこそ20年間分を“歌っている”かのような全ギター・ソロも筆舌に尽くし難く、ファンとしても20年ぶりに霧が晴れた気がしている。最高!
(菅原健太)