毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

NAMM2016レポート

NAMM2016 1日目:ギター

掲載ブランド:フェンダー、ギブソン、ESP、ディーン・ギターズ、ヤマハ他

(写真はクリック or タップで拡大)

いよいよ開幕。印象としては昨年よりも人が多く、初日から活気がある様子。各メーカーから新製品が多く発表されたほか、アーティストのサイン会やデモ演奏も盛んに行なわれ、どのブースも午前中から人で溢れ返っていた!

(※各写真をクリック/タップで拡大)

キャパリソン Caparison

24フレット、スルー・ネック・ジョイントの“TAT-FX”と2ハムバッカー仕様の“TAT-II FX”は限定モデル。いずれも“Snow Cloud”と“Dark Night”のカラーがラインナップされている。


公式ウェブ:Caparison

クラース・ギターズ Claas Guitars

“Moby Dick”シリーズはネックのジョイント部分を通常より長くとっているため、ネックの振動をしっかりボディーに伝えられるのが特長だ。こちらはバール材をトップに用いたヘッドレスの6弦と、マーブル模様が強烈なヘッドありの7弦。


公式ウェブ:Claas Guitars

ディーン・ギターズ Dean Guitars

デイヴ・ムステインの金箔を使った特別モデルやマイケル・シェンカーのダブル・ネックなど、多数のシグネチュア・ギターがディーンのブースを飾る! レギュラー・モデルもヴァラエティ豊か!!


公式ウェブ:Dean Guitars

ESP ESP

忍者をイメージした“Shinobi”をはじめ、ギターと見まがうほどの豪華なエキシビション・モデルが目を惹くESPのブース。シグネチュア・モデルには、グレン・ティプトンやホワイトチャペルなどの新顔が加わったほか、ジェイムズ・ヘットフィールドのVシェイプ“Vulture”などヴェテラン・ユーザーのニュー・モデルなども展開され、大盛況に!


公式ウェブ:ESP

フェンダー Fender

フェンダーからは“American Elite”シリーズ、アコースティックの“Paramount”シリーズが発表。U2のジ・エッジのストラト(アンプもあり)やジョージ・ハリスンのモデル、限定モデル“Magnificent”シリーズ、カスタム・ショップのマスター・ビルダー達による入魂のコレクション・モデルの数々…と、見所満載だ!


公式ウェブ:Fender

フリーダム カスタム ギター リサーチ Freedom Custom Guitar Research

アッシュ材の杢目を活かしたシースルー・フィニッシュ“忍”シリーズに追加された“牙”を施したモデルなどが展示!


公式ウェブ:Freedom Custom Guitar Research

ギブソン Gibson

ギブソンのブースでは、ギブソン・メンフィス製ホロウ・ボディーのモデルが数多く展示され、大きな存在感を放っていた。スタンダードなモデルやカスタム・ショップ製、ボブ・ディランのシグネチュア・モデルを含むアコースティックも充実!

一方エピフォンからはレス・ポール氏生誕100周年記念モデルが注目を集めており、他にジョー・ボナマッサやビョーン・イェロッテのシグネチュアも展示されていた。また、自由に試奏が可能で、多くの人が気になるギターをチェックしていた。


公式ウェブ:Gibson Epiphone

モーリス Morris

新しいヘッドのモデルや、7弦のバリトン・ネックのアコースティック・ギターがディスプレイ。


公式ウェブ:Morris

オーガ Ogre

堅牢でファンタジックな筐体が話題を呼んでいるオーガ。ギターのルックスもインパクト大!


公式ウェブ:Ogre

タカミネ Takamine

タカミネの2016年限定モデルは鮎の友釣りに引っ掛けた“Decoy”(おとり)という名前を持つ、清らかな水のようなフィニッシュのモデルが目玉。その他、熱処理によって経年変化を再現したサーマル材を用いた“TT”シリーズも。


公式ウェブ:タカミネ

トム・アンダーソン Tom Anderson

ヴィンテージ・ライクな弾き心地と上質のトーンが高い人気を集めている“Icon Classic”の、フィエスタ・レッド・フィニッシュ・モデル。


公式ウェブ:Tom Anderson

ヤマハ YAMAHA

ギター製作を開始してから今年で50周年、ヤマハのエレクトリック・ギターには“Revstar”という新シリーズがお目見えした。同社SGシリーズの流れを汲んだこのモデルは、全部で8種類のヴァリエーションを揃えている。アコースティックでは“FG/FS”シリーズが新たなブレーシング・パターンを採用してリニューアルされ、合わせて大きく注目を集めていた。


公式ウェブ:ヤマハ

ゼマイティス Zemaitis

ゼマイティスからはディスク・フロントの新しいモデルやアコースティック、ウクレレなどに注目。


公式ウェブ:Zemaitis