毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

NAMM2017レポート

NAMM2017 3日目:アクセサリー

掲載ブランド:グラヴィティ・ピックス、DRストリングス、モノほか

(写真はクリック or タップで拡大)

DR Strings DRストリングス

DRストリングスには、新たな技術と製法が採用された“Veritas”シリーズが登場。“Accurate Core Technology”(ACT)と呼ばれる独自技術によりコア材の表面を極限まで研磨して均一化することで、巻線がよりタイトに巻き付けられる。これにより汗や汚れの侵入を防ぎ、ノン・コーティング弦でありながら従来の弦の4倍は長持ちする弦が誕生した。エレクトリックの巻線には独自素材のカンタム・ニッケルを用いており、クリアでレンジの広いサウンドを提供。アコースティック・ギター用の弦にもACT技術が使われており、巻線の素材は独自配合のフォスファー・ブロンズだ。

公式ウェブ:DRストリングス(キクタニミュージック)

Gravity Picks グラヴィティ・ピックス

ハンドメイドでピックを製作するグラヴィティ・ピックスの中でも、オーソドックスなティアドロップ型を元にした“Classic”シリーズの一覧。中央に穴の空いた“Elipse Grip Hole”の取り扱いが、日本でも始まったようだ。

公式ウェブ:Gravity Picks(荒井貿易)

Mono モノ

ギター・ケースで有名なモノにペダルボードが登場した。手前はペダルが踏みやすいように角度が付けられた“Pedalboard Small”、奥はフラットなタイプの“Pedalboard Lite”。どちらも、エフェクターの数に応じて2種類のサイズが選べるようになっている。

公式ウェブ:Mono

Vemuram ヴェムラム

ヴェムラムのブースにて発見したペダルボード…? 1つは“Allies”というブランドの製品らしい。