毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

ギターなるほどQ&A

質問する
奏法・理論・作曲

コードに合わせた即興やソロを自由に弾くことができません

コピー・バンドばかりしていて、コピーはできるのですが、コードに合わせて即興でオブリガートを入れたり、ソロを自由に弾くことができません。何を学べばいいのでしょう?

(Atsu-tsun/40代/男性)

蓄積されたフレーズを別な場面で使うことから始めてみましょう

ソロを自由に弾きたい…つまりアドリブが出来るようになりたいってことかな? だとしたら、何の心配もありません。今までたくさんのコピーをしてきたあなたには、たくさんのフレーズが蓄積されているはずですよね。アドリブへの第一歩は、その蓄積されたフレーズを別な場面で断片的に繋げて使うことから始まります(この段階では真のアドリブではありません)。

もちろんコード進行というものが存在しますから、どんな場面にも覚えているフレーズがそのまま移植可能かというとそうもいきませんが、まずやってほしいのは…3コードのブルース進行に対して、あなたの覚えているフレーズを断片的に繋ぎ合わせてカッコ良いフレーズを組み立てる作業です(パズルみたいなもんですね)。言ってしまえばこれはコピーの流用ですが、それで良いんです(キッパリ)。というか、アドリブ(即興)力はここから始まるんです(さらにキッパリ)。

コードとスケールの関係と言った理論的な考え方を突き詰めたところで、人を感動させられる「息の通った生きたフレーズ」はなかなか弾けません。すでに世に出回っている素晴らしいフレーズ、感動的なフレーズをたくさん吸収し、消化し、そして自分のスタイルへと応用していくことこそアドリブの基礎であり、その先に「真のアドリブ」が生まれてくるんです。コピーはアドリブの元なんですよ(笑)。長くなりましたが、今までたくさんの曲をコピーしてきたあなたがやるべきことは、その蓄積されたフレーズを別な曲で活用するという努力です。

最初から感動的なアドリブが出来る人なんて誰もいません。今、スーパー・ギタリストといわれている人達もコピーの流用からスタートしていますから、安心して下さい。自分の知っているフレーズで新たなギター・ソロを考える! すべてはここからですよ!

20160711-music