毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

THE UNFORGIVING/WITHIN TEMPTATION

結成15年目に入った蘭産5人組の第5作。コミックとのメディア・ミックスによるコンセプト・アルバムで、一聴してすっきりポップなサウンドにちょっと驚くが、白い衣装に身を包んだメンバー写真や、海外での先行シングル「Faster…

RAZORBACK KILLERS/VICIOUS RUMORS

06年『WARBALL』で完全復活したのも束の間、メンバー交替が頻発していた米産メタルの古豪が、無事に新作を完成させた。本作は彼らの売りであるツイン・リードがいきなり満開。元メンバーのマーク・マクギーにブラッド・ギルス、…

KISS OF LIFE/VEGA

イギリスのキックのシンガーとして活躍してきたニック・ワークマンが、主に作曲チームとして実績を残してきたジェイムズ&トム・マーティン兄弟と結成したバンドで放つ1stアルバム。両者は日本でも好セールスを記録しているイッサのデ…

THE LOST BROKEN TUNES VOL.2/USELESS ID

イスラエル・パンクの第一人者、2ヵ月連続となる秘蔵曲集。第2弾は過去の作品(の未発表曲や廃盤の音源)から選出した内容となっている。初代ヴォーカルのガイ・カーメル(現在はギター)が歌っている曲も収録し、青臭く荒削りなアンサ…

THE UNION/THE UNION

サンダー解散後の動向が注目されていたルーク・モーリー(g)が、ピーター・ショルダー(vo/元ウィンターヴィル)と共に新たにスタートさせたプロジェクト:ジ・ユニオンのデビュー作。サンダーのほとんどの曲を手掛け、ソングライタ…

DREAMING IN BLACK AND WHITE/TRUST COMPANY

02年のデビュー作をスマッシュ・ヒットさせながらも、’05年に活動休止した米国アラバマ州のバンドの復活作で通算3作目。活動休止まではパドル・オブ・マッドにも通じるような、ヘヴィ・リフの心地よい重低音とポップな…

IN PARADISUM/SYMFONIA

ティモ・トルキ(g)とアンドレ・マトス(vo)という大物2名を中心に、ヤリ・カイヌライネン(b)、ウリ・カッシュ(dr)、ミッコ・ハルキン(key)らメロディック・メタル界の強者が集結した超スーパー・バンドが登場。聴こえ…

THE FIGHT OF OUR LIVES/STRAIGHT LINE STITCH

米テネシー州出身の5人組モダン・アメリカン・メタル〜メタルコア・バンドによる4th。ツイン・ギターの片翼とドラムがチェンジしている。以前は女性シンガー:アレクシス・ブラウンのグロウル/シャウト/クリーンを自在に織り交ぜた…

RETURN TO LIVE – LOUD PARK 2010/SPIRITUAL BEGGARS

マイケル・アモット(g)率いるレトロ&ヘヴィな5人組の、“LOUD PARK 10”出演時のパフォーマンスを収めたライヴ盤。アポロ・パパサナシオ(vo)による「また来年3月に会おう!」というMC通り、彼らは今月下旬に単独…

SWEET CARRION/EACH OF THE DAYS

英名門“Candlelight”からのリリースを果たしたことでも知られるロスト・エデンのシンガー率いる愛知の6人組、1stフル。ドラマーに加えパーカッショニストも在籍する変則的な編成。L・エデン同様メロデス/00&#82…

THE TAKING/DUFF McKAGAN’S LOADED

アイザック・カーペンター(dr)を新たにラインナップに加えての新作は、これまでの軽快なパンク・ロック・アルバムとは一線を画し、ズシリと低重心なヘヴィ&グルーヴ指向が支配的。サウンドガーデンやパンテラ、デフトーンズを手掛け…

EYE OF THE STORM/DIVINEFIRE

『FAREWELL』(’08年)という作品を発表しながら、早くも復活を遂げた彼らの5th。シンフォ・ブラックに通ずるような緊張感を煽る大仰なキーボード、ヤニ・ステファノヴィック(g, b, dr)のネオクラ風…

1 / 4 ページ1234