毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

APOCALYPTIC LOVE/SLASH FEATURING MYLES KENNEDY AND THE CONSPIRATORS

前スタジオ作『SLASH』(’10年)に参加したシンガーの中で、むしろその知名度の低さゆえに強い印象を残したのが、アルター・ブリッジのマイルス・ケネディだった。果たして彼は、トッド・カーンズ(b)、ブレント・…

FORMSHIFTER/ALLEGAEON

たった1枚のセルフ・リリースEPをきっかけに名門“Metal Blade”とのディールを獲得したコロラド産メロディック・デス・メタル・バンドの2nd。重心の低いブルータリティと直球メロディーをバランス良く配合、洗練された…

SLIPSTREAM/BONNIE RAITT

今年でデビュー41周年を迎えたボニー・レイットの、約7年ぶりということになるスタジオ・アルバム。アルバム制作に関しては、すべてを知り尽くしているベテランだけに、完成度の高さは文句ナシ。ヴォーカリストに徹したようなAOR風…

THE MIDNIGHT CHASE/CRUCIFIED BARBARA

スウェーデン出身の女性ハード・ロック・バンドによる、約3年ぶりとなる3rdフル。タフ&ワイルド、軟弱野郎のタマを真っ正面からワシ掴みにしかねないアグレッシヴさにいよいよ拍車がかかり、全体的にはより強靭かつメタリ…

CRIMEN EXCEPTA/CRYSTAL VIPER

メタル・クイーン:マルタ・ガブリエル(vo, g)を擁するポーランド産トゥルー・メタラーの4th。今回は各曲間に短いSEを挟みながら、宗教裁判、黒魔術、魔女などをテーマとした中世世界を描くという今までにないドラマティック…

VIRGIN/exist†trace

メンバー全員が女性という、稀有な構成のヴィジュアル系バンドとして先駆者的な存在となっている’03年結成の5人組。本作はメジャーでは初のフル・アルバムだが、作品を重ねるごとに成長を感じさせてきた足跡を集約する内…

BLUNDERBUSS/JACK WHITE

解散したザ・ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイト(vo, g, key)の初ソロ・アルバム。アコ・ギター1本でしみじみ歌いました的なソロ作に非ず、全体が’60年代中期〜後期のブルース・ロック風のバンド・…

STORM CORROSION/STORM CORROSION

オーペスのミカエル・オーカーフェルトとポーキュパイン・トゥリーのスティーヴン・ウィルソン──ダークなプログ・サウンドの担い手として、互いに敬慕し認め合ってきた2つの叡智が、新たな音世界を拓くコラボ作をリリース! ミカエル…

DAMAGE CONTROL/JEFF SCOTT SOTO

シーン屈指の実力派シンガーによる通算5枚目のソロ作。’84年にY・マルムスティーンのシンガーとしてデビュー以来、その強靭なエモーショナル・ヴォイスを武器に多方面で活躍。そのアウトプットは幅広いスタイルに及んで…

EMOTIONAL FIRE/SUNSTORM

レインボーやイングヴェイ・マルムスティーンのバンドでの活躍が知られるジョー・リン・ターナー(vo)による、自身の手掛けてきた楽曲とも向き合うAOR/ハード・ロック・プロジェクトの3作目。今回の特徴は彼がバックグラウンド・…

BORN VILLAIN/MARILYN MANSON

’90年代以降のショック・ロックの旗手による、レーベルを移しての8作目。ベース偏重の前作から一転してのギター・アルバムとなっているが、これは前作で復帰のトゥイギーが今作よりギタリストに転向したことも関係するは…

LIVE EVERYBODY’S TALKIN’/TEDESCHI TRUCKS BAND

今年2月の来日公演で、ライヴ・バンドとしての凄さを強烈にアピールしたテデスキ・トラックス・バンドの、アメリカ・ツアー中のステージを2CDに収録した実況盤。実際にライヴを観た時にも感じたのだが、こうしてアルバムになったもの…

1 / 3 ページ123