毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

THE PATIENT/NODRAMA

’05年結成のスペインはバスク産、日本のBLOOD STAIN CHILDも所属する伊“Coroner Records”よりリリースの2ndフル。印象としては、ソイルワークの『NATURAL BORN CHA…

THE TURN OF THE LIGHTS/ANDRE MATOS

T・トルキらとのシンフォニアが呆気なく空中分解し、今年春に古巣ヴァイパーで25周年ツアーを行なったA・マトス(vo)が、自らの名を冠したグループにて、『MENTALIZE』(’09年)に続く3rdをリリース。…

A SINNER’S SAINT!/MILLION DOLLAR RELOAD

昨年日本デビューを飾った、北アイルランドの5人組による2作目。AC/DC、エアロスミス、ガンズ・アンド・ローゼズから影響を…と資料にもあるが、北アイルランド色ゼロのアメリカンなロックンロールである。同じような音楽背景を持…

SIEGFRIED/ALHAMBRA

ガルネリウスのYUHKI(key)を中心にライトブリンガーのHIBIKI(b)らを擁する国産プログレッシヴ/テクニカル・メタラーの4th。前作は壮麗な持ち味を活かしつつも“歌謡ハード”とも呼びたくなるようなキャッチーかつ…

KOBRA AND THE LOTUS/KOBRA AND THE LOTUS

美貌の女性シンガー:コブラ・ペイジを中心とする、カナダ出身の5人組によるデビュー・アルバム。KISSのジーン・シモンズのレーベル“Simmons Records”の第1弾アーティストである。歌メロはディオ、ツイン・ギター…

TRANSFORNATION/FAIL EMOTIONS

次世代スクリーモが続出中の東欧、こちらもロシアはヤロスラヴリからの登場。エレクトロニクス含有量を増やすバンドが続出する昨今だが、彼らの場合むしろそれを前面に押し出した自称“トランスコア”。BLOOD STAIN CHIL…

OCEANIA/THE SMASHING PUMPKINS

’07年に『ZEITGEIST』で復活を遂げた新生スマパンの5年ぶりの新作。前作のリリースに伴うツアーで一体感を増したバンド・メンバーのジェフ・シュローダー(g)とマイク・バーン(dr)に加え、2年前に加入し…

COUNTDOWN/DRIVER

インペリテリのロブ・ロック(vo)、プロデューサー業も好調なロイ・Z(g/ハルフォード etc.)を中心とするバンドの2ndフル。最近のこの2人の音楽性とは一線を画す、手堅い印象の正統派ヘヴィ・メタル(結成された&#82…

MANALA/KORPIKLAANI

フィンランドが誇るフォーク・メタラーの1年半ぶりとなる8th作。今作は自国の叙事詩“カレワラ”に登場する黄泉の世界をテーマに描かれており、これまでの彼らの代名詞だった飲んだくれお祭りムードが若干影を潜め、シリアス&ダーク…

THE STORY OF LIGHT/STEVE VAI

コンセプト・アルバム三部作の第二部となるスティーヴ・ヴァイの新作。彼の思い描く壮大なストーリーと各楽曲が連動しており、7弦ギターを駆使したヘヴィなリフが印象的な①から、ヴァイ流ブルースの③、ゴスペル調の④、ハワイアン・テ…

LIZARD DUSK/TRACEDAWN

フィンランド出身の6人組メロディック・デス・メタル・バンドの3枚目にして日本デビュー作。モダン・テイストを加味したキラキラ・キーボードと、幅広いプレイを見せるギターがこのバンドの核を担っているが、ギタリストの紡ぎ出す一筋…

天空の地獄絵巻/ZIGOKU QUARTET

“テクニカル”がテーマの1st、テクニカルにプラス“メロディアス”をフィーチュアした2nd、そして本作3rdでは“攻撃的に、叙情的に”がテーマという。小林信一(g)始め全パートのテクニックの凄まじさは言わずもがな。個人的…

1 / 3 ページ123