毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

STEELHAMMER/U.D.O.

ドイツの重鎮メタル・バンドの通算14枚目。結成から25年を超えるも、アクセプト時代から培われたソリッドなメタル魂は些かも不変。一切ブレない剛健な鋼鉄路線を堅持した上で、ゴス/ダーク・ウェイヴ風味やフランク・シナトラか!?…

IV/GIUNTINI PROJECT

イタリア人ギタリスト:アルド・ジュンティーニの主宰プロジェクトの4th。前作から7年のブランクが空いたが、本作でも再びシンガーに元ブラック・サバス他のトニー・マーティンを起用し、その“トニー期サバス”にも通じる重厚な様式…

BURNING ON THE WINGS OF DESIRE/BLOOD OF THE SUN

米テキサス州出身、セイント・ヴァイタスのヘンリー・ヴァスケス(dr)を中心とするバンドの4作目。ヘンリーとデイヴ・グライダー(key)以外のメンバーは流動的で、今回はポイント・ブランクのヴォーカルとギターを迎えている。Z…

GRADUATION DAY/STRUM UND DRANG

現役高校生バンドとしてまさに“疾風怒濤”の如くデビューしたフィンランド産ハード・ロック・バンドによる3rdで、前作から実に4年ぶりとなる新作。憂いのある歌メロを活かしたキャッチー路線はこれまで同様だが、前作まであった“1…

SEVENTH HEAVEN/X.Y.Z.→A

ラウドネス、筋肉少女帯、爆風スランプのメンバーからなるスーパー・バンドの約3年ぶりとなる通算7作目。4人の個性が火花を散らしてぶつかり合うダイナミックなハード・ロック/ヘヴィ・メタルは、本作で終始高いエネルギーを噴出。“…

DISTRICT ZERO/ALDIOUS

過去アルバム2作で人気を不動のものとした大阪出身5人組ガールズ・バンドの3rd。前任ヴォーカルの脱退に伴い、新メンバー:Re:NOを迎えての初のフル・アルバム。彼女の柔らかい声質によってか、以前に比べるとバンドの雰囲気に…

SHARA/SHARA

アースシェイカーのギタリストである石原愼一郎が、バンド・デビュー30周年記念作品に先駆けて発表する初のソロ・アルバム。まず注目されるのは、初期メンバーだった二井原 実(vo/ラウドネス)の参加で実現した第二期アースシェイ…

BLACK DOG BARKING/AIRBOURNE

オージー・ロックンロール・バンドの通算3作目フル。相変わらずの遊びダマなし、ド真ん中に160km台のストレートを投げ続ける一直線ぶりだ。前作、前々作からの成長を探すも特に見当たらず、かと言って何の不満も感じさせない内容。…

LIFE SENTENCE/SATAN

パライア名義の『UNITY』(’98年)以来となる、NWOBHMバンドの復活作。30年前のデビュー作『COURT IN THE ACT』(’83年)のラインナップが再結集し、その続編かというメタリ…

MAGNUS KARKSON’S FREEFALL/MAGNUS KARKSON’S FREEFALL

ミッドナイト・サン、ラスト・トライブを皮切りに数多くのバンド/プロジェクトを主宰し、現在はプライマル・フィアのメンバーでもあるスウェーデン人ギタリストの、初の(意外!?)ソロ作。ラッセル・アレン、ラルフ・シーパース、トニ…

SCARS/THE RESISTANCE

元イン・フレイムスのイェスパー・ストロムブラード(g)が、旧友グレン・ユングストローム(g)と新たに組んだグループの1stフルレンス作。この2人が組むとなると、思い出すのはディメンション・ゼロだが、確かにあの激速傾向はこ…

THE IRONHEARTED FLAG Vol.1: REGENERATION SIDE/GALNERYUS

衝撃のメジャー・デビューから10周年を記念して、小野“SHO”正利(vo)加入以前の作品からの楽曲を、現体制で再現したセルフ・カヴァー作。前任者のイメージが濃い初期曲であるが、小野の透き通るようなハイ・トーン、原曲に忠実…

1 / 3 ページ123