毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

PSYCHO DAZE BASS/MASAKI

今年でデビュー20周年を迎えた日本屈指のテクニカル・ロック・ベーシスト:MASAKI(CANTA、LIV MOON他)の、3枚目のソロ・アルバム。スラップ・プレイやタッピングなど彼のテクニカルなプレイが満載されたヘヴィ・…

THE POEM/LIGHTLESS MOOR

イタリア産ゴシック・メタラーの1st。ツイン・ギター+鍵盤を含む6人編成で繰り出すサウンドは、優美さとダークさが幻想的に混ざり合う中で、女性シンガーのソプラノにギターの片割れが吐き出す男声デス・ヴォイスが絡んで美醜の対比…

INHALE, DON’T BREATH/JINJER

ウクライナ出身、女性シンガー:タチアナを擁する5人組によるデビュー・アルバム。大枠はメタルコアの様相を示す音楽性だが、グルーヴ・メタルやメロディック・デス、スクリーモ〜デスコアの要素を巧みに切り貼りする、起伏に富んだ音楽…

DAMAGE/JIMMY EAT WORLD

インタースコープからRCAに移籍しての通算8作目。シンガーのジム・アドキンスによれば、「大人の失恋」がテーマ。30代後半のバンドマンが何を言うと思われるだろうが、彼らの場合、この年で“蒼さ”を歌っても欺瞞に思えないから不…

NIGHT VISIONS/IMAGINE DRAGONS

米国ラスヴェガスを拠点とするオルタナティヴ・ロック・バンドのデビュー作で、本国及びイギリスでは総合チャートにて初登場2位を記録した話題作。’08年に結成され、その後3枚目のEPからシングル・カットされた「It…

SHINING/CINQ ELEMENT

鹿児島出身5人組バンドのデビュー・フル・アルバム。“メロディック・ヘヴィネス”を標榜しているだけあり、キャッチーでありながらも重のパートにもしっかりこだわったサウンド・プロダクションは、これが初フル作とは思えぬ完成度。厚…

BREAKING ARROWS/BREAKING ARROWS

シャム・シェイドのDAITA(g)がかねてから水面下で始動を画策していた、アメリカ人ミュージシャンと新たにスタートさせた4人組によるデビュー・アルバム。シンガーは『SIAM SHADE Tribute』で「Get Out…

SWEET CEREBRAL DESTRUCTION/AZYLYA

’09年にベルギーのブリュッセルで結成されたという4人組シンフォニック・ゴシック・メタル・バンドによるデビュー作。率直に書いてしまうが、紅一点のリード・シンガーの歌唱力もいまいち、ゲロ声の男声グロウルも曲調に…

RESCUE & RESTORE/AUGUST BURNS RED

USメタルコアの頂点に君臨した感のあるABR、クリスマス企画盤を挟んで約2年ぶりとなるオリジナル・フル・アルバム。フォーマット化した“メタルコア”に則った楽曲を展開するバンドには食傷気味というか、はっきり言って全く興味の…

TRIAL BY FIRE/MEAN STREAK

スウェーデン産正統派パワー・メタル・バンドの3rd。全編から漂う’80年代の薫りからNWOTHM一派の文脈で語られることも少なくないが、ここで聴ける彼らの本質は、ハンマーフォールやドリーム・イーヴルらに並ぶ正…

CULTURE CLASH/THE ARISTOCRATS

’11年『THE ARISTOCRATS』で、1stながら技巧の極みを見せたガスリー・ゴーヴァン(g)率いるウルトラ技巧派トリオ:ジ・アリストクラッツの2nd。ファンの注目はテクニック…ということになるだろう…

NOVUM INTIUM/MASTERPLAN

R・グラポウ(g)率いるメロディック・メタラーの第5作。’09年に復帰したJ・ランデの再脱退により、アット・ヴァンスで来日経験もあるR・アルツィが新シンガーの座に&リズム隊も替わって、元ストラトヴァリウスのJ…

1 / 4 ページ1234