毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

FORTRESS/ALTER BRIDGE

現代アメリカン・メタルの代表格による4作目。’80年代メタルのドライヴ感、’90年代オルタナの浮遊感、そして’00年代以降のデス/ブラック・メタルの暴虐性やプログ・メタルの知性をも血肉…

PANDEMONIUM/OPERADYSE

フランス産シンフォニック・メタラーの1stフル。壮麗なオーケストラ・パートを纏って美旋律を疾走させる楽曲、プログレ・メタル・バンド:SPHERIC UNIVERSE EXPERIENCEにも籍を置くシンガーの明瞭かつナイ…

FROM BEER TO ETERNITY/MINISTRY

通算13枚目となる本作制作中の昨年12月、友人のバースデイ・ライヴにゲスト出演中、マイケル・スカシア(g)がステージ上で突然死(心臓発作)するという悲劇に見舞われたミニストリー。そのスカシアが遺した音源を元に完成させた新…

IT’S A JACO TIME!/TETSUO SAKURAI

日本のトップ・ベーシスト:櫻井哲夫が、毎年ジャコ・パストリアスの命日(9月21日)に行なっていたトリビュート・ライヴがバンド化。ジャコの名曲をリスペクトしながらも、メンバーの個性を活かしたアレンジで収録している。本誌的に…

MEIR/KVELERTAK

ノルウェー出身、9月に来日予定の9人組による2ndフル。R&R/ストーナー的なルーズなノリや、’80年代メタルのメロウなリード・ギター、果てはブラック・メタル的なトレモロ・リフも織り込みつつ、ひたすら暴力的に…

LIVE MEAT AND POTATOES/CHAD SMITH’S BOMBASTIC MEATBATS

ライヴ・ミート・アンド・ポテイトーズ チャド・スミスズ・ボンバスティック・ミートバッツ レッド・ホット・チリ・ペッパーズのチャド・スミス(dr)が、グレン・ヒューズのツアー・サポートの際にセッションしたジェフ・コールマン…

SAVAGES/GLAMOUR OF THE KILL

英国はヨーク出身の4人組による2ndフル。’11年リリースの前作『THE SUMMONING』は、まだ方向性を定めかねていたのか守りに入っているような印象もあり、いまひとつ突き抜けない感じがしたものだが、ルッ…

RHYTHM & BLUES/BUDDY GUY

今年で77歳になったブルース・レジェンド・ギタリストの新作は、[DISC 1]が“リズム”、[DISC 2]が“ブルース”と銘打たれた2枚組。“リズム”の方はホーン・セクションや女性コーラスを取り入れたファンクやR&#0…

DAGGERS/THE DEFILED

ロンドンを拠点に活動する5人組の2nd。メタルコアにカテゴライズされているようだが、ハードコアの要素は皆無。インダストリアルとの評も多々見受けられるが、エレクトロニクスの多用が通常となっている昨今、数多のスクリーモやジェ…

SAMMY HAGER & FRIENDS/SAMMY HAGER

’73年にモントローズのシンガーとしてデビューを果たしてから今年で40年を迎えたサミー・ヘイガーが、多くの友人をゲストに迎えてアニヴァーサリー・アルバムを完成させた。ジャーニーのニール・ショーン(g)、ジョー…

SURGICAL STEEL/CARCASS

’07年に再結成が宣言され、翌年“LOUD PARK 08”で来日も果たした英“リヴァプールの残虐王”が、ツアー限定の立ち位置から一歩踏み込んでスタジオ新作をリリース! 『SWANSONG』(’9…

THE GRIEVING/SHREDDY KRUEGER

カナダのポスト・ハードコア/スクリーモ・シーンで、スタッターフライ〜シークレット&ウィスパーと変態を繰り返してきたメンバーが結成した3つめの新バンド。新しくなるたびにメイン・ヴォーカリストが替わるという特性を持つ彼らだが…

1 / 3 ページ123