毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

BURIALS/AFI

気づけば結成22年目の大ベテランの彼らだが、4年ぶりとなる新作でも妙に落ち着くことなく独自のゴシック・ロックを突き詰めている。先に公開したミュージック・ビデオがヘヴィ・ロックの「I Hope You Suffer」と、オ…

Lapis Lazuli/AKIHIDE

BREAKERZのギタリストであるAKIHIDEの2ndソロ。自身がヴォーカルを務め、シンガー・ソングライターとしての一面も覗かせた、今年5月にリリースされた前作『Amber』から打って変わって、今作は全編アコースティッ…

OCEANIA : LIVE IN NYC/SMASHING PUMPKINS

’12年12月にニューヨークのバークレイズ・センターで行なわれたライヴを収録した、’02年の『VIEUPHORIA』以来約11年ぶりとなる映像作品。最新フル『OCEANIA』(’12年…

AVATARIUM/AVATARIUM

本業キャンドルマス(休止中)の他にも複数のドゥーム・メタル関連活動を常に同時進行しているレイフ・エドリング(b)の新プロジェクト初アルバム。中低速の重くダークなリフが主流でこれもドゥームの域内に違いないが、新進気鋭の女性…

MARK OF THE BEAST/SIGN OF THE JACKAL

ダーティな声質の女性シンガーを擁するイタリア産新世代硬派メタル・アクトの初アルバム。ホラー映画っぽいイタリア語のセリフSEなどをちりばめながら、リフの刻みで疾駆していくスタイリッシュさがマニア心をくすぐる。メンバー全員ダ…

THE SRCRETS OF L.A/AOR

フランス出身のソングライター、フレデリック・スラマのプロジェクトが放つ9作目。もちろん、音楽性は普遍的なメロディック・ロック。ファーギー・フレデリクセン、ジェフ・スコット・ソート、ヨラン・エドマン、ミカエル・アーランドソ…

ALL I WANT FOR CHRISTMAS/TOMMY EMMANUEL

カントリー系アコースティック・ギターの達人:トミー・エマニュエルが、誰もが知る有名クリスマス・ソングをカヴァーした異色作。曲によって独奏と二重奏のスタイルを使い分け、時にヴァイオリンなどのストリングスも交えながら、温かみ…

WINNERS & BOOZERS/FIDDLER’S GREEN

’09年の日本上陸以来、アイリッシュ・パンク・シーンの枠を越えて知名度を拡大しつつあるフィドラーズ・グリーン。本作は通算12枚目。既に活動22年目の大ベテランで、地元ドイツやヨーロッパ各国では押しも押されもせ…

RETROSPECT/EPICA

オランダ産ゴシック/シンフォニック・メタラーが、今年3月23日に母国にて行なったデビュー10周年記念ショウの模様を、約3時間に渡って記録した3枚組ライヴCD。看板美女シンガー:シモーネ嬢の美しくも力強い歌唱、そして総勢7…

THE WRONG SIDE OF HEAVEN 2/FIVE FINGER DEATH PUNCH

パンテラ以降のメタルの激烈さを完全に保持しつつ、同時にポップにも振り切れている5FDPサウンドの中毒性は、塩辛いジャンク・フードを頬張りながらコーラで喉を潤すアメリカ文化にも通じる…などと分かった気になっていた。今年7月…

ANY GIVEN MOMENT/FERGIE FREDERIKSEN

TOTOの’84年作品『ISOLATION』でヴォーカルを務めたファーギーによる、2年ぶりとなるソロ通算3作目。’10年に肝臓がんを公表してファンを驚かせた彼だが、病魔と闘いながら全身全霊を込めて…

THE HOLY EMPIRE/WARLORD

L.A.メタル期に謎のバンドとしてマニアに寵愛されたエピック・メタラーが、ビル・ツァミス(g)&マーク・ゾンダー(dr)に加えて、あのフィリップ・バイノ(b)、ダミアン・キング三世ことリック・アンダーソン(vo)という布…

1 / 4 ページ1234