毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

OCEANIA : LIVE IN NYC/SMASHING PUMPKINS

’12年12月にニューヨークのバークレイズ・センターで行なわれたライヴを収録した、’02年の『VIEUPHORIA』以来約11年ぶりとなる映像作品。最新フル『OCEANIA』(’12年…

BURIALS/AFI

気づけば結成22年目の大ベテランの彼らだが、4年ぶりとなる新作でも妙に落ち着くことなく独自のゴシック・ロックを突き詰めている。先に公開したミュージック・ビデオがヘヴィ・ロックの「I Hope You Suffer」と、オ…

Lapis Lazuli/AKIHIDE

BREAKERZのギタリストであるAKIHIDEの2ndソロ。自身がヴォーカルを務め、シンガー・ソングライターとしての一面も覗かせた、今年5月にリリースされた前作『Amber』から打って変わって、今作は全編アコースティッ…

LAY IT ALL ON ME/JAMES CHRISTIAN

ハウス・オブ・ローズのヴォーカリストとして活躍するジェイムズ・クリスチャンによる、’04年以来実に9年ぶりとなるソロ通算3作目。プロデュースからレコーディング、マスタリングまですべて本人が自身のスタジオで行な…

BACK FROM HELL/BLITZKRIEG

伝説のNWOBHMバンドがまたまた復活! B・ロス(vo)は今年セイタンでも復帰作を出したが、さらなる古巣の再始動も準備していたとは。しかも、’02年加入のK・ジョンソン(g)の新相棒は、何とロスの実息──い…

ANGELS CRY – 20TH ANNIVERSARY TOUR/ANGRA

’93年のデビュー作『ANGELS CRY』から20年。それを記念するツアー最終日のサンパウロ公演を収録したアニヴァーサリーDVD。現在不在のヴォーカルはラプソディー・オブ・ファイアーのファビオ・リオーネが務…

MIAMI POP FESTIVAL/THE JIMI HENDRIX EXPERIENCE

3月の『PEOPLE, HELL AND ANGELS』に続き、本作は’68年5月に行なわれたマイアミ・ポップ・フェスティヴァルでのライヴ音源。今回もエディ・クレイマーとプロデューサーに名を連ねるヘンドリック…

WAITING FOR THE END TO COME/KATAKLYSM

カナディアン・デス代表として第一に挙がる名ではないかもしれないが、最高度にダーティなデス・ヴォイスとブラスト・ビートで20余年に渡りマニアの崇拝を惹きつけて止まぬ古豪が放つ11作目。激重グルーヴやメロディック路線の試行錯…

Revolution/Crying Machine

大阪出身、5人組HR/HMバンドの3rdアルバム。ストラトヴァリウスを彷彿とさせる北欧系の澄み切った透明感と、ジーノのようなエモーショナルで切ないテイスト、オーセンティックなJ-ROCKスタイルが混在したような方向性であ…

THE WHITE BALANCE/KIKO LOUREIRO

音楽スタイルで言えば、メタル、ブラジル音楽やジャズをテーマにし、これまでキコは4枚のソロ作品をリリース。ANGRAとは明らかに違うギタリスト像をそこでは見せてきた。ここに収録されたのは、そんなソロでのライヴ・パフォーマン…

帰ってきたヘビーメタル/THE冠

元SO WHAT?の冠 徹弥(vo)が放つ約1年半ぶりの4th。メタルの王道的ストロング・スタイルでゴリゴリ突き進むヘドバン・チューンあり、パーティ・ハードなシンガロング・ナンバーありと、これまで以上にキャッチーさとヘヴ…

II/KING KOBRA

ヴォーカルに元ラフ・カット他のポール・ショーティノを迎えて復活を果たした、カーマイン・アピス(dr)主導のハード・ロック・バンドによる復活第2弾。前作同様、他のメンバーはオリジナルの布陣だ。注目すべきは楽曲の充実度で、ア…

1 / 4 ページ1234