毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

THE KILLING GODS/MISERY INDEX

米国メリーランド産社会派デス・メタルの先導者が放つ5作目。スタジオ作品としては4年ぶりで、この間にツイン・ギターの一方が替わっているのだが、密集ブラスト・ビートに寸分違わずシンクロする鋼のシュレッドの圧力には些かの鈍りも…

TIME/J&K

2タイトル同時のコチラは、ファンク、ロック、ジャズ/フュージョンをバランス良くミックスしたエレクトリック・ギター・インストの世界。1度聴いたら口ずさめそうなメロディアスな曲が中心だが、決してスムース・ジャズ的な方向ではな…

IMMORTALIS/sukekiyo

DIR EN GREYの京(vo)が結成したソロ・プロジェクトの1st。決して音楽的にかけ離れているわけではないが、繊細な旋律をしっかり歌い上げる、より耽美的な作品という印象だ。匠(g, piano)とUTA(g)による…

ABOUT LAST NIGHT/SLEEPER AGENT

ケンタッキー出身の6人組による2nd。前作のガレージ・ロックから一転、ずいぶん洗練された新作となった。ジャケからも分かるように女性ヴォーカルのアレックスを前面に押し出しており、今後は彼女を活かして攻勢をかけていくはずだ。…

地獄の斬曲剣/地獄カルテット

近年は中華圏でのライヴも多い、敏腕プレイヤー4名の集合体。本作は7曲のカヴァーと書き下ろしの3曲で構成された企画アルバム。アントニオ猪木の入場曲でお馴染みの「炎のファイター」で幕を開け、氣志團の「One Night Ca…

IN A LOCKED ROOM ON THE MOON/NICK JOHNSTON

参上、カナダ出身の26歳。超テクニシャンである。が、奇をてらったり、何かに特化した常識外れということではない。あくまでも、通常のスタイルでセンス光る音使いをし、スリリングなリックを紡ぎ出す、それがニック。今月号DVDに収…

MAGIC MOUNTAIN/BLACK STONE CHERRY

米ケンタッキー州の現代サザン・ハード/ヘヴィ・ロックの旗手による4th。前作から約3年の時間はバンドのアイデンティティを再確認するには十分…、洗練された前作はその他大勢に埋もれそうだったが、今作は浮足立たずに南部の土地に…

THE BEAUTY OF DESTRUCTION/DEVIL YOU KNOW

米西海岸技巧派デスコアの精鋭、オール・シャル・ペリッシュのフランチェスコ・アートゥザート(g)が、キルスウィッチ・エンゲイジを脱退したハワード・ジョーンズ(vo)を誘い始動した新バンドのデビュー作。激烈ではあるが決めどこ…

OUR ENDLESS WAR/WHITECHAPEL

デスコアなるカテゴライズは不要(メンバー談)、アメリカ産エクストリーム・バンドの4th。ブレイクダウンやブラスト・ビートを用いた咆哮轟くデス・メタリックな極悪ナンバーは不穏きわまりなく、あからさまにメロディーに色気を見せ…

SHADOWS OF THE DYING SUN/INSOMNIUM

一昨年初来日も果たしたフィンランドのメロディック・デス・メタラーの6th。分かりやすさという側面で現在のアモルフィスにさらなる接近を見せる一方で、バンドの出自でもあるメロデス黎明期を思わせる暗く、そして冷たく煌めく激しさ…

WINNER/Gacharic Spin

国内外で精力的にライヴ活動を行なっている、実力派女性バンドによる2枚目のフル・アルバム。すべてがエンターテイメントと言える、躍動感のあるパフォーマンスをすぐさま想起させる仕上がりだ。即効性の高い、疾走感のあるキャッチーな…

KEYED UP/DON AIREY

ディープ・パープルでもお馴染みの鍵盤奏者によるソロ4作目。ジャズ・スタンダードを’70年代オルガン・ロック風にアレンジしたものやレインボーの「Difficult To Cure」の再演を含む、ドンならではの押…

1 / 3 ページ123