毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

MASSIVE ADDICTIVE/AMARANTHE

スウェーデン出身の6人組メロディック・ハイブリッド・メタラーの3rd。特徴的な“シンガー3名体制”のうちグロウル担当が交替しているが、マイナス要素とはならず一層のステップ・アップを図っている。弾力たっぷりに撃ち抜かれるエ…

SCIENCE & SURVIVAL/I AM GIANT

“SUMMER SONIC 2006”にも参戦したブラインドスポットの元メンバー、シェルトン・ウールライト(dr)を中心とする4人組の2作目(国内盤はタワーレコードにて数量限定販売)。前バンドは初期リンキン・パーク風だっ…

FIGHT THE SYSTEM/JADED HEART

’13年2月に行なわれた2度目の来日公演でも堂々たるパフォーマンスを披露した、安定的に良作を生み出すドイツ拠点の5人組による12枚目のアルバム。基本的な音楽性は近作と同様で、メロディアスなハード・ロックが根幹…

AGLAEA(GAIA III)- LEGACY/VALENSIA

’05年以来、ずっと音沙汰がなかった蘭産マルチ・ミュージシャンのデビュー20周年作にして、何とラスト・アルバム。詳細不明ながら、今後は映像方面に進むらしい。魔法のようなポップ・センスで、これまでも隠してこなか…

DREAMCHASER/VICTORIUS

ノイズ・レコードを創設し、ハロウィンやレイジなどのバンドを世に送り出した“ジャーマン・メタルの仕掛人”カール・ウォーターバックが発掘した、ドイツの新世代ピュア・メタラー5人組による3rd。ドラゴンフォース風に畳み掛けるオ…

PIT STOP/DALTON

元トリートのドラマー:マッツ“ダルトン”ダールベルグが’85年に結成したスウェーデン産メロハー・バンドによる25年ぶりとなる3rdにして、オリジナル・メンバーでの奇跡の復活作。’90年代初頭にグラ…

UNHEIMLICH/GIANLUCA FERRO

今月号インタビューで紹介している多弦ギター巧者、イタリア出身ジャンルカ・フェロが’11年に発表した本邦初作品。本作をひと言で表現すれば“多彩”であり、それは「僕は色が好き。音楽とはこうした要素を組み合わせて活…

Judge the JOKER/AREA51

石野洋一郎(g)とKate Cain(vo)によるネオ・クラシカル・メタル・バンドの約4年半ぶりとなる4th。Kateのハイ・ピッチでも力強く妖艶に伸びる歌声は魅力的であり、石野の卓越したギター・テクニックと1音1音の粒…

THE YEAR THE SUN DIED/SANCTUARY

米シアトル産パワー・メタラーの復活作。ネヴァーモアの前身としても知られるが、そのシンガー&ベーシストが逆に残党として再編に参画しているとはいえ、アルバム全編にネヴァーモアっぽいダークな浮遊感や閉塞感が漂っていて驚いた。ネ…

THE SINGULARITY(PHASE 1 NEOHUMANITY)/SCAR SYMMETRY

スウェーデン産の激烈なるファンタジーの語り部が放つ6作目。ヨナス・キェルグレン(g)脱退によりペル・ニルソンのギター1本の編成で再出発、という微妙なタイミングの作品だが、およそ10年かけて確定した独自のドラマティック美学…

GOTCHA RHYTHM RIGHT HERE!/JOHN TROPEA

E・クラプトン、P・サイモン、デオダードetc.、世界の巨匠達の歴史的名盤に無数に名を連ねるN.Y.最高峰のセッション・ギタリスト。7年ぶりの新作は、’70年代クロスオーヴァー回帰とも言えるファンク・フュージ…

BACK TO OBLIVION/FINCH

日本に“スクリーモ”というジャンルを知らしめた鮮烈なデビュー作から早12年。その後、2度の活動停止を挟みながら、2年前のデビュー作発表10周年ツアーをきっかけとして本格的に活動を再開。低空飛行の間も日本のファンとは密接な…

1 / 3 ページ123