毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

XI/METAL CHURCH

前作から約2年半、米ベテラン・パワー・メタラーの第11作は、’88〜’94年に在籍していた人気シンガー:マイク・ハウの復帰アルバムとなった。他のメンツは’08年から変動なく、今回も首魁…

LEGACY/MYRATH

チュニジア出身の自称“プログレ/パワー・オリエンタル・メタル”バンドの第4作。前作から約4年半ぶりで、ドラマーが交替しているが、要のメンバーは不動だし、プロデューサーにアダージョの鍵盤奏者を迎えるのもこれまで通りで、スト…

VOICES FROM THE OCEAN/NORHOD

イタリア出身、ツイン・ギターにキーボード、女性ソプラノ・シンガーと男性デス・ヴォイス担当を擁する7人組による2ndフル。’13年の前作『THE BLAZING LILY』よりも楽曲が複雑(ただし難解ではない)…

LORDS OF BLACK II/LORDS OF BLACK

復活レインボーのシンガーに指名され、今や注目の的のロニー・ロメロ。彼が率いるスパニッシュ・メタル・バンドの2作目が、絶妙の時期に登場だ。ロメロの声質・節回しのR・J・ディオっぽさについてはもはやリッチー公認といえようが、…

THE TRUTH, THE CHAOS, THE INSANITY/ENDLESS

アクアリアでその実力を日本のファンに見せつけたヴィトール・ヴェイガ(vo)が、本バンドで日本デビューを果たしたのが’06年。そこから活動休止を経て約10年ぶりの復活となる3rd。エモーショナルで伸びのあるヴィ…

YOU AND I/JEFF BUCKLEY

夭逝した天才肌のミュージシャンとして語り継がれるジェフ・バックリィ。本作は彼が遺した幻の発掘音源だ。全10曲中8曲がカヴァーで、ザ・スミス、スライ&ザ・ファミリー・ストーン、レッド・ツェッペリンと多岐に渡る。録音時期は&…

SACRED BLOOD “DIVINE” LIES/MAGNUM

’72年に結成された英国バーミンガム出身の超ベテラン・ハード・ロック・バンドによる通算18作目。ボブ・カトレイ(vo)、トニー・クラーキン(g)のコンビに加え、今回もサンダーのハリー・ジェイムズ(dr)が参加…

INCARNATE/KILLSWITCH ENGAGE

米マサチューセッツ州のメタルコア界の覇者による7作目で、初代フロントマン:ジェシー・リーチ(vo)復帰後2枚目。スクリーマーから正統派のヴォーカリストとして覚醒しつつあるジェシーを活かすべく…か、作風がメロウというのが第…

STILL CAN’T THE DEAD/DOOM

再始動から1年半で遂に登場した新生DOOM第1弾。17年ぶりの新作だが、先進精神の果てにデジタルな実験音楽にまで突入していた前段階を通り越し、最高に無駄のないトリオ編成で技巧と激情をぶつけ合って最高に複雑怪奇な攻撃的音楽…

LUNAR PRELUDE/DELAIN

元ウィズイン・テンプテーションのマタイン・ウェスターホルト(key)率いるオランダ出身の6人組によるEP。新曲2曲、目下の最新作『THE HUMAN CONTRADICTION』(’14年)の2CDエディショ…

HAVOC/CIRCUS MAXIMUS

新世代プログレッシヴ・メタル・シーンを牽引するノルウェー産5人組の5th。’05年のデビュー以来11年、作毎に意欲的に進化を重ねている彼らだが、本作でもその勢いは些かも衰えず。持ち味でもある爽快ささえも感じさ…

URANIA/ASHES TO ASHES

イタリア北西部に位置する同国最大の港町ジェノヴァ出身5人組の2nd。紅一点美女シンガー:マルタ・ヴァサリオ嬢のキュートな可憐ヴォイスが印象的に響く楽曲は、オルタナティヴなモダン・テイストを発するゴシック/ヘヴィ・ロックと…

2 / 3 ページ123