毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

AWAKENING/WARDRUM

ギリシャ産ヘヴィ・メタル・バンドの4th。ピックを使わないフィンガー・ピッキングというメタルとしては特異なプレイ・スタイルで流麗にスリルを紡ぐギタリスト:コスタ・ヴレトの強力な存在感を主軸に据えたメロディアスなヘヴィ・メ…

GHOST SHIP/THEOCRACY

アメリカ南東部のジョージア州アセンズを拠点とする4人組が、約5年ぶりに放った4作目。メロディック・パワー・メタルを基盤にしながら、時にはプログレッシヴな展開を盛り込み、アグレッションの表現にはスラッシュに通じる豪快さも見…

VOL.2 – PRAYERS FOR THE BLESSED/SIXX:A.M.

『VOL.1 – PRAYERS FOR THE DAMNED』(’16年)と同時制作され、対となる5作目。前作が“陰”ならば今作は“陽”——ダーティさよりも’80年代のアリーナ・ロッ…

DIM DAYS OF DOLOR/SIRENIA

ノルウェー出身、マルチ・プレイヤーのモルテン・ヴェランドを中心とするプロジェクトの通算8作目。ヴォーカルがアイリンからエマニュエル・ゾルダンにチェンジしている。シンフォニック・フィメール・ゴシック・メタルという基本路線は…

MIRRORWORLD/SERIOUS BLACK

現在欧州メタル・シーンの最前線で活躍する著名バンドのメンバーが集まったスーパー・バンドの2nd。マスタープランのR・グラポウ、元ブラインド・ガーディアンのトーメンらを中心に発足したが、デビュー作のみで両名は離脱。本作では…

Another Veiled Story〜運命の系譜〜/Schonberg

東京や神奈川を拠点に活動しているシンフォニック・メタル・バンドの2nd。’12年から制作を始めるも諸事情により作業を中断。’15年後半から再開して完成させた本作は、19世紀のオペラ歌手を主人公にし…

ATMOSPHERICAL/NIVA

中心人物トニー・ニヴァ(vo)以外のメンバーを総入れ替えして制作された、約2年ぶりとなる5作目。ライオンズ・シェア時代の朋友ラーズ・クリスがギタリスト兼プロデューサーとして参加。これが奏功してか、前作では雑だったアレンジ…

LIVE AT THE REGENT THEATRE/NEW ENGLAND

およそ35年前の活動中は大成功に恵まれずじまいだったものの、解散後にメキメキ評価を高め、今やAORハード界の伝説的存在。復活を果たした米東海岸産4人組が’14年に地元マサチューセッツ州で行なった再結成お披露目…

ONE SIDED WAR/MICHAEL SWEET

ギタリストに元ナイト・レンジャー〜現ホワイトスネイクのジョエル・ホークストラとエンジェルズ・オブ・バビロンのイーサン・ブロッシュを迎えて制作された、ストライパーのフロントマンによるソロ7作目。エヴァネッセンスのウィル・ハ…

BREAK THE CHAIN/KNOW YOUR NEMESIS

ノルウェー出身の4人組。ソイルワーク辺りに触発されたであろうモダン・エクストリーム・メタルをプレイしているが、デス・メタル的な要素はマイルドにソフィスティケイトされ、必要十分にアグレッシヴでありながら全体の印象は都会的に…

BATTLES/IN FLAMES

スウェディッシュ・メロディック・デスの継承発展に専念して20年超の泣きメロ激重達人が放つ12作目。早くからUS激重ロックの影響を消化しながら人気を高めてきた彼らだが、ここにきて遂に本場のヒット請負人ハワード・ベンソンをプ…

NOBODY’S FAULT/HEVIDENCE

新譜も好評なDGMの創立メンバーの1人:ディエゴ・リアリ(g)がそのDGMを脱退後の’10年に結成したエヴィデンスが、メンバー・チェンジ(現DGMのベーシストも在籍)と共にバンド名を変更し、改名前から通算して…

1 / 3 ページ123