ヤング・ギター YOUNG GUITARヤング・ギター創刊45周年記念バッジ

毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

OLYMPUS LS-100サンプル音源

オリンパスの高性能レコーダー“LS-100”で録音した高品質サウンドをチェック!

 title=オリンパスがリリースした、本格的なレコーディングが誰にでも実現できる高性能レコーダー“LS-100”。

今回はヤング・ギター2012年5月号P.90〜91に掲載した、本機を使っての数パターンの録音方法に沿って録られた音源を公開しよう。“LS-100”がいかにハイ・クオリティな音質での録音を可能としているか、実際に聴いてチェックして欲しい。

パターン1/内蔵マイクで歌とギターを録る

最もシンプルな録音方法。1m程度離れた位置に“LS-100”を置き、内蔵ステレオマイクで録音。(WAV、13.6MB)

パターン2/ギターはエレアコでラインに直結

ヴォーカルはスタジオ備え付けのシュア“SM-58”で録音し、プリ・アンプ内蔵のギターはシールド1本を使って“LS-100”にラインで直結しただけ。[パターン1]以上にクリアな音質でギターを録音できた。(WAV、14.1MB)

パターン3/パターン2にさらにダビング

[パターン2]で録音したものと全く同じセッティングで、すでに録音したものを聴きながら、同じフレーズをダビングしてダブルに。本体のミキサー機能でヴォーカルをセンターに、ギターをL/Rに振り分けた。(WAV、14.1MB)

パターン4/歌とギターを両方マイクで録る

アコースティック特有の空気感をリアルに演出するため、生ギターを使用し、“SM-58”を2本用意。ヴォーカル/ギター共にマイキングして録音した。(WAV、13.8MB)

パターン5

誌面では写真掲載を省略した録音パターンだが、ここでは[パターン4]の音源に、[パターン2]同様の方式でライン録りしたギターのトラックをダビングしている。マイク録りとライン録りをミックスすることにより、ギター・パートの音は一層クリアかつ太いものとなっている。(WAV、13.8MB)