毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

[動画]Line 6“Helix Floor” & “Variax Shuriken”スペシャル・デモンストレーション

サウンド・プロセッサーの最高峰“Helix Floor”と、モデリング・ギターの最新機種“Variax Shuriken”を題材に、Line 6製品の魅力に改めて迫ってみよう!

世界中の名器の音色を呼び出し、自由自在に操る…。そんな夢のような技術を現実のものにしてきたLine 6。

同社のサウンド・プロセッサーの最高峰“Helix Floor”と、モデリング・ギターの最新機種“Variax Shuriken”を題材に、改めてその魅力に迫ってみよう!

書き下ろしナンバー「Re:birth」を題材に解説を行なってくれたのは、Line 6製品のデモンストレーターを長年務め、普段の仕事でもフル活用しているという、ギタリスト阿部 学だ。

Helix Floor


2015年にリリースされて以来様々なギタリスト多大な支持を得続けている、Line 6製サウンド・プロセッサーのフラッグシップ・モデル。62種類のアンプ・モデル、104種類のエフェクト・モデル、37種類のスピーカー・モデル、16種類のマイク・モデルを内蔵し(2017年9月現在)、直感的な操作で自由に音作りすることが可能。

Variax Shuriken


弦振動をデジタル信号に変換し、独自のモデリング技術によって様々なギターや多彩な弦楽器のサウンドを出力することが可能、チューニングもワンタッチで変更する…という魔法のようなギター。当モデルはTWELVE FOOT NINJAのギタリスト、スティーヴ“ステヴィック”マッケイが主導することで開発されており、27インチ・スケールを採用しているのが最大の特徴。

使用機材


撮影時は“Helix Floor”と“Variax Shuriken”に加えて、フル・レンジ&フラット・レスポンスなパワード・スピーカー“StageSource L2t”をモニターとして使用。

Line 6公式ウェブサイト

http://line6.jp

当ページの連動記事をヤング・ギター本誌に掲載!

YOUNG GUITAR 2017年10月号

特別価格 980円

詳細

演奏者プロフィール

阿部 学あべ まなぶ

13歳の頃からギターを弾き始め、バンド活動を開始。六本木ピットインなどを拠点としながらセッションを行ないつつ、楽器メーカーのインストラクターや、女性ユニット“Zwei”のサポート・ギター、東京ディズニーリゾートでのショウ出演、渡辺美奈代アニヴァーサリー・ライヴでの演奏、その他レコーディングなど多彩な活動を続ける。近年はLine 6製品のデモンストレーションやセミナー、個人レッスンにも力を入れており、自身のバンドである“Number Club”、“叫人Factory”やソロ活動も継続中。2008年にはソロ名義での作品『Memories』もリリース。