毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

[動画]アイバニーズ“AZ”シリーズ4機種を佐々木秀尚が徹底試奏!

秀逸なプレイアビリティと多彩な音色を誇る、究極のスタンダード・モデルが登場!

今年のNAMMショウで発表され大きな話題となっている、アイバニーズ渾身のニュー・モデル“AZ”。特殊な加熱処理(エステック)が施されたローステッド・メイプル・ネック&指板、セイモア・ダンカンが“AZ”のために作り出したピックアップ“Hyperion”、そのサウンド・ヴァリエーションを倍増させるAlterスイッチ、ゴトーとのコラボレーションにより開発された新型トレモロ・ユニット“T1802”…など、非常に強力なスペック満載のモデルとなっている。

現在発売中のヤング・ギター2018年4月号ではこの最新シリーズについての特集を組み、その詳細を細かく解説しているが、ここでは記事と連動したスペシャル・デモンストレーション映像をご覧いただこう。

今回は有形ランペイジ、TRIXなどで活躍中のギタリスト:佐々木秀尚に“AZ2402Q”、“AZ2204”、“MM1”、“TQM1”という4機種を試奏してもらった。1本のモデルにつきクリーン・サウンドと歪みサウンドの2パターンで、ピックアップ・セレクターとAlterスイッチを何度か切り替えながらプレイしているので、その効果の程をよく理解してもらえることだろう。なお各ギターの演奏中、画面の右上に使用しているピックアップのコイル図が表示されるが、赤色()は通常の出力、ピンク色()はコイル・タップ状態の出力、オレンジ色()はシリーズ接続での出力であることをそれぞれ示している。下記に掲載した2つの図を参照しつつ、極上のデモンストレーションを味わっていただきたい!

図1 2ハムバッカー・モデルのサウンド・ヴァリエーション

AZ - HH

図2 SSHモデルのサウンド・ヴァリエーション

AZ - SSH

当ページの連動記事をヤング・ギター本誌に掲載!

演奏者プロフィール

佐々木秀尚ささき ひでひさ

ジャズ/フュージョン・スタイルを得意とする、国内屈指の実力派ギタリスト。有形ランペイジのメンバーであり、昨年からは'16年に脱退した菰口雄矢(g)の後任としてTRIXに加入している。また著名アーティストのサポートや教則本の執筆などもコナし、多彩なフィールドで活躍中だ。

佐々木秀尚 作品情報

TRIX - FORTUNE

『FORTUNE』/TRIX

CD | キングレコード | 2017年10月25日発売