毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

[動画]Line 6 “HX Effects” スペシャル・デモンストレーション by 大橋英之

サウンド・プロセッサー“Helix”シリーズのエフェクト機能を継承した最新機種の高品質サウンドを動画で体感!!

発表以来プロ・ギタリストから圧倒的な支持を得ている、Line 6のサウンド・プロセッサー“Helix”シリーズ。その派生モデルとして誕生した“HX Effects”は、アンプ・モデリングを大胆に排除し、ペダルボードの中心に置くことを前提として設計されている。そのサウンドの素晴らしさを伝えるため、ギタリストの大橋英之が徹底試奏を行なった(動画はこちら)。

Line 6_HX_top
Line 6_HX_rear

試奏の際はマーシャル“JVM410H”(ヘッド)と“1960A”(スピーカー・キャビネット)を組み合わせ、下図のような4ケーブル方式で接続。これにより、コンプレッサーや歪み系といったプリ・エフェクトをアンプの前段に、空間系やモジュレーション系といったポスト・エフェクトをプリアンプとパワーアンプの間に、それぞれルーティングすることが可能になる。より詳細な解説は2018年6月号P.168からの本誌特集に掲載されているので、そちらをぜひご覧いただきたい。

図 4ケーブル方式を使用した接続方法

line6-figure

動画

0:05 オープニング
1:15 デモンストレーション
5:23 サウンド解説1
9:51 SIGNAL FLOW & サウンド解説2
15:24 STOMPモードとPRESETモード
17:32 SNAPSHOT
20:18 音作りの手順
25:50 エンディング

Line 6 HX Effectsの詳細はこちらへ
http://line6.jp/hx-effects/

当ページの連動記事をヤング・ギター本誌に掲載!

演奏者プロフィール

ohashi-hideyuki
大橋英之おおはし ひでゆき

福島県出身、13歳の頃よりギターを弾き始める。2001年には音楽学校MI JAPANとヤング・ギターが主宰するギタリスト・オーディション“GIT MASTERS”に入賞し、翌年同校へ入学、さらに2003年からは東京校GITの講師に就任。現在はセッション・ギタリストとして、黒夢や清春、ROOT FIVE他、様々なアーティストのレコーディング、ライヴ等で活躍中。
twitterアカウントは https://twitter.com/hideyukiohashi