毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

動画:ウィリー・アドラー、シグネチュア・ギターを語る

動画:ウィリー・アドラー、シグネチュア・ギターを語る

アメリカのヘヴィ・バンド、ラム・オヴ・ゴッドウィリー・アドラーが、自身のシグネチュア・ギター、"ESP WILL ADLER BK CAMO”について話したビデオクリップが公開されている。

この中でウィリーは「初めて手に入れたESPのギターが自分のメインであり、作曲やプリ・プロダクションなどでも使っている。家にあるオリジナルの物もどんな時でも使えるギターで、総てが素晴らしく、とても良い音を出せる」と語っている。

また、ウィリーはラム・オヴ・ゴッドの近況にも触れ、現在はアルバム制作の為にプロデューサーのジョシュ・ウィルバーンと共にスタジオに入っているそうだ。「ブルータルな内容だけど、これまでのラム・オヴ・ゴッド作品の中で最も幅広いアルバムになるだろう」と話しており、リリースは今年の暮れか来年の頭を予定している。

「いつもサポートしてくれてありがとう。今は少し(ツアーから)離れているけど、今一生懸命アルバムを作っている。そして2012年にはまたライヴに戻りたいね。ファンのみんなやESPの事が大好きだ。みんなの存在なしでは俺達は活動していけないよ」(ウィリー)