毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

新譜:ジューダス・プリーストの新作は12曲が完成、来年発表予定

アメリカのBillboard.comがジューダス・プリーストのヴォーカリスト:ロブ・ハルフォードに行なったインタビューによると、現在ジューダス・プリーストの新曲は14曲中12曲のレコーディングやミックスが完了しており、来年には新しいアルバムを発表できるということだ。

グレン・ティプトン(g)とロブは今年初め、ツアーの始まる前に作曲を開始した。新作についてロブは「伝統的なブリティッシュ・ヘヴィ・メタル・アルバムだ。リフ、ヴォーカルのスクリームなど、前に進みながら保ち続けてきた、ファンの好きな伝統的要素が入っている」と話している。

春にはグレンとツイン・ギターの双璧をなす主要メンバーの一人、K.K.ダウニングの脱退という青天の霹靂にも直面したが、現在はリッチー・フォークナーを後任に迎えツアーを引き続き行ない、「これがジューダス・プリーストの最後ではない事を証明している」とのことだ。