毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

活動:テスタメントからポール・ボスタフが脱退

イギリスの雑誌Terrorizerのサイトによると、ベイエリア・スラッシュ・バンドの重鎮テスタメントから、ドラマーのポール・ボスタフが正式に脱退する。

ポールは今年、手首に重症を負ってバンドを一時離脱していたが、回復次第バンドに復帰する予定だった。しかしこのたび、元アンスラックスのシンガー、ダン・ネルソンと共に別のプロジェクト”Black Gates”を立ち上げることを理由に、テスタメントと袂を分かつことになった。

バンドは、10月から11月にかけてアンスラックス、デス・エンジェルと共にアメリカをツアーし、ニュー・アルバム『THE DARK ROOTS OF EARTH』も同時に制作中だが、この間はずっとデヴィン・タウンゼンドやストラッピング・ヤング・ラッドなどで知られるジーン・ホグランが代役を務めてきた。しかし、新しい正式ドラマーはオーディションによって選ばれるとのことだ。ヴォーカリストのチャック・ビリーによると、「俺達には新作もあるし、ツアーもやる。だから何度もメンバー・チェンジはしたくない」とのこと。

また、チャックはポールの脱退も友好的なものだったと話している。「俺達は今でも友達だ。ただポールは、今はもっと自分がコントロールできる状況下で、曲作りなどのアーティスティックな活動を進めて行きたいと思っている。新しいプロジェクトでは、総てのプロセスを彼が手がける事ができるんだ。テスタメントは、エリック・ピーターソンがメイン・ソングライターのようなもので、そのやり方でもう25年も続けてきているからね」

今回の脱退により、前作『THE FORMATION OF DAMNATION』(2008年)が、ポールがテスタメントでプレイした最後の作品となる。

記事全文(英語):Paul Bostaph leaves Testament, starts band with ex-Anthrax singer Dan Nelson

TESTAMENT 作品紹介

THE FORMATION OF DAMNATION
THE FORMATION OF DAMNATION

TESTAMENT

テスタメント

| キング | | 2008年発売

購入/詳細