毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

名古屋のKORG STUDIO EXTREMEがリニューアル・オープン!

名古屋のKORG STUDIO EXTREMEがリニューアル・オープン!

去る9月20日(木)、愛知県名古屋市昭和区にあるKORG STUDIO EXTREMEがリニューアルした。楽器の製造・輸入、販売を行うコルグの直営スタジオとあって、同社取扱いの最新機材を含む多数の機材が導入されたスタジオとのことなので、早速足を運んでみた。


同スタジオの外観。名古屋市営地下鉄鶴舞線の八事駅から約5分の距離で、国道153号沿いなのでアクセスも抜群だ。

スタジオは15畳のAスタジオ、18畳のBスタジオ、40畳のCスタジオの3つで構成されており、どの部屋もミーティングなどに使うことのできるミーティング・スペースを完備。また、中京エリアのリハーサル・スタジオとしては初となる、DRとSAKAEのドラム・セットも導入されている。



Aスタジオは15畳のリハーサル・ルーム。KORGのシンセはもちろん、同社取扱いのシンセサイザー、Nordやベースアンプのaguiler、VOXアンプなどが常設。もちろん自身の機材を持ち込むことも可能だ。ドラム・セットにはDRがスタンバイされている。ゆったりとしたミーティング・エリアも使用可能だ。



BスタジオはSAKAEのドラム・セットが用意されている。もちろんAスタジオと同様の最新機材が揃ったものとなっている。同ルームは室内にミーティングができるエリアが用意されているので、話題をすぐにサウンドに反映させやすい部屋だ。鍵盤楽器はステージ・ピアノ“SV-1”と最新シンセ“KROME”も用意されているぞ。話題のプログラミング・アンプのKEMPERも使用が可能。




Cスタジオは最大の広さの40畳の広さを誇る。プロユースにも耐えることができる広さと機材を備えているのはもちろん、50人程度の規模のセミナーやイベントを行うこともでき、過去にはマーティ・フリードマンによるPRSセミナーも実施されたことがある。また、KORG MS2000やRhodes MKⅠⅠなどヴィンテージのキーボードもスタンバイされている。このCスタジオにはシャワー・ルームも完備されており、バンド以外のリハーサルにも活用することが可能だ。

また、同店の魅力のひとつとして、店内に用意されているPRSやWarwick、VOXなどのエレクトリック・ギターや、Martin、Taylor、Collingsなどのハイ・エンドなギターを1時間たったの100円で借りることができる。気になるブランドの楽器を購入前に自身のバンドで大音量で試すこともできるのだ。


エレクトリック・ギター、ベースの一部。VOXの“Virage2”、PRS Guitarsの“SC58”“Custom24”“Studio”、Warwickの“Corvette $$”“Streamer”“Thumb”など各ブランドの中でもハイ・エンドのものを借りることができるぞ。


Martin、Santa Cruz、PRS、Taylorのアコースティックも借りることができる。

今後も機材は常に最新のものを導入したいとのことで、特に鍵盤楽器に関してはひとつのスタジオに4台は導入したいとスタジオの袴田氏も語っていた。また、消耗品の販売も行っているので、仕事帰りの会社員が手ぶらで集まってリハーサルをしたりといったことができるのも魅力的だ。

10月31日(水)まではオープン記念キャンペーンとして、2時間の料金で3時間利用ができるとのことだ。中京エリアのミュージシャンにはぜひ一度使用をおすすめしたいスタジオとなっているぞ。

KORG STUDIO EXTREME(コルグ・スタジオ・エクストリーム)

所在地
〒466-0825
愛知県名古屋市昭和区八事本町100-51
052-832-5691(電話受付時間:11:00〜23:00)

ウェブサイト
http://www.korgstudio.jp/

スタジオ利用料金(1バンドにつき1台分駐車場無料※興正寺駐車場)
Aスタジオ、Bスタジオ:¥1,500/1h
Cスタジオ:¥2,000/1h

スタジオ利用可能時間帯
月曜日〜木曜日:11:00〜23:00
金曜日、土曜日:11:00〜24:00
日曜日:11:00〜22:00

アクセス