Gibson:SG High Performance 2019[ギブソンタイムズ 第4回]

Gibson:SG High Performance 2019[ギブソンタイムズ 第4回]

ギブソン(及びそのファミリー・ブランド)の現行ラインナップからYG編集部が心惹かれた1本を、スペシャル・ムービー連動で紹介していくWEB連載企画“ギブソンタイムズ”! 

今回取り上げるのは、同社の伝統的モデルにモダンな仕様を施した“SG High Performance 2019”だ。前回紹介した“Les Paul Standard HP-II 2018”と同様に、よりコンテンポラリー志向なスペックが特徴となっている。

ボディーはAAクラスのフィギュアド・メイプル(トップ)とマホガニー(バック)で構成されており、ネックにはマホガニー、指板にはリッチライトを採用。24フレット仕様である点も見逃せない。またグローヴァーのロック式ペグを搭載している他、ブリッジ・サドルにチタン材を使っているのも特徴だ。ピックアップはフロントに“Burstbucker Pro Rhythm”を、リアに“Burstbucker Pro Lead +”をマウントしている。

そして本機で要注目なのが、4つのコントロール・ノブをプッシュ/プルすることで得られる豊富なサウンド・ヴァリエーションだ。2つのヴォリューム・ノブはフロント・ピックアップとリア・ピックアップのコイル・タップ(or スプリット)・スイッチ、フロント・トーン・ノブはフェイズ・アウト・スイッチ、リア・トーン・ノブはコイル・スプリット時に使用するコイルを内側 or 外側で切り替えられるセレクト・スイッチをそれぞれ兼用。これらを駆使することで、本機1本だけで多種多様なシチュエーションに対応することが可能となっている。またボディー内部にはDIPスイッチが装備されており、各ピックアップにハイパス・フィルターや過信号サプレッサーを掛ける…といった便利な機能も有している。

映像でデモンストレーターを務めてくれたのは、BREAKERZのギタリストとして知られ、またソロ・アーティストとしても精力的に活動しているAKIHIDE。彼には歪んだ音色→クリーン・サウンドの順で、自由に本機を試奏してもらった。レコーディングの際に使用した機材は、マーシャルの アンプ・ヘッド“JVM410H”と4発入りキャビネットだ。

その他、本モデルの詳細はこちらまで。
http://www.gibson.com/Products/Electric-Guitars/2019/USA/SG-High-Performance-2019.aspx#H2SGS19U8CH1
Gibson:SG High Performance 2019

Specifications

ボディーAAフィギュアド・メイプル(トップ)&マホガニー(バック)
ネックマホガニー
フィンガーボードリッチライト
ジョイントセット・ネック
フレット数24
スケール628mm
ブリッジチューン・O・マティック&ストップ・テイルピース
ピックアップギブソン“Burstbucker Pro Rhythm”(フロント)&“Burstbucker Pro Lead +”(リア)
コントロールヴォリューム×2、トーン×2、3ウェイ・ピックアップ・セレクター、DIPスイッチ
価格339,000円(税別)

デモンストレーション動画