アレキシ・ライホ:2008年『BLOODDRUNK』復刻インタビュー[期間限定]

アレキシ・ライホ:2008年『BLOODDRUNK』復刻インタビュー[期間限定]

挑戦するものがないと飽きちゃうタイプなんだよ

YG:次は「Tie My Rope」。この曲ではギターとキーボードの掛け合いが見事だけど、キーボードがあんな風に合わせるのは難しいですよね。

AL:ヤンネにとっては簡単みたい(笑)。こういう掛け合いにはもう慣れているんだよ。ちなみに、多くの人が「COBは最近キーボードを昔ほど入れていない」と思ってるようだけど、不思議だよ。むしろ増えてるんだ。「いかにもキーボード」という使い方ばかりじゃないから、目立たないのかもしれないな。例えば、ヘヴィなギターにピアノ・サウンドを重ねる…とかね。これ、凄くカッコいいんだよ。ピアノじゃないような音になって。これって「COB的サウンド」の1つの秘密…かもね(笑)。

YG:「Tie My Rope」はアルバム・リリース前からウェブ上(MySpace)で公開されていたけど、ファンの反応はどうでした?

AL:意外にも好評だった。インターネット時代の現在、新しいものに対しては批判する傾向がユーザーにはあるだろ? 「前の方が良かった」「新作は最低。デビュー作が好き」とか言いやがる(笑)。そういう奴らにはカマッてられないけど、とにかく批判が多い。ところが、今回ばかりはかなり良い反応を得ているんだ。正直、ビックリしたね。励みになった。

YG:「Done With Everything, Die For Nothing」は短い曲ですが…。

AL:長いタイトルの割にはね(笑)。

YG:短い曲だけど、リフの応酬、速いソロとツインのハーモニー、複雑なキメ等々、インスト分野は凄く忙しい曲でもありますね。

AL:そうだね。あと、ローペ(ラトヴァラ/g)もソロを弾いていて、これがまたタマらない。昔気質なシュレッド・プレイだよ。そのパートが最もイカしているかもしれないな。全体的な事を言うと、この曲は“整理”に苦労したよ。最初は全然上手く行かなくてね。リハーサル中はいくつものリフのヴァージョンが山ほど出て来たんだよ(苦笑)。最高のリフが生まれた。ところが、どうもすっきりと整理出来なくてね。それで四苦八苦した訳。でも結果は上々。多分、コード進行がモノを言ったんだと思う。初めはつまらないコードで演ってたんだけど、「こんなの丸ごと捨てて新しいものを作ろう」と決めたら、曲にピッタリの進行が見付かったんだ。“売れ線”とは真逆と言おうか、プログレッシヴ的で斬新だけど、たまにはこの手のものも演りたいんだよね。それでも昔ながらのCOB色を出せたから、大満足の1曲だよ。

YG:前のアルバムの曲は「どれもライヴで唄いながらギターをプレイするのが難しい」と言ってましたが、これも強敵では?

AL:どうだろう…。その点で問題があるとすれば「Lobodomy」だね。この曲はリフもヴァースもリズムがマジでメッチャクチャだ(笑)。7拍子と9拍子の混合から4分の4拍子になって、また同じ事の繰り返し…、さらにヴォーカルがギターと正反対のリズムを刻んでるんだよ。かなり頑張らなきゃ(笑)。でも何とかするさ。それが使命だもの。

YG:“弾きながら唄う”というライヴを考慮した作りにすればよかった…と思う事もあるんじゃないでしょうか?

AL:そういう後悔はないな。むしろ歓迎する。挑戦するのが好きだからさ。それにみんなが思うほど、弾きながら唄う事って苦にならないんだよね。もちろん苦労する事もあるよ。例えば前作の「Living Dead Beat」。ヴァースにリズム中心のギター・リフがあるんだけど、そこにリズムを外したヴォーカルを重ねている訳。あれはヤヤこしかった。

YG:具体的に、どういう練習で慣れて行くんですか?

AL:まずリフを思いっ切りスローに弾いて、そこに小声で歌を乗せて行くんだよ。ゆっくりとね。それを徐々に速くして行くと、気が付けば唄いコナせているという訳。たまにそういう練習を要する曲があるけど、その種の問題は嫌いじゃない。さっきも話したように、俺は挑戦するのが好きだし、そういうものがないと飽きちゃうタイプなんだよ(笑)。