アレキシ・ライホ:2008年『BLOODDRUNK』復刻インタビュー[期間限定]

アレキシ・ライホ:2008年『BLOODDRUNK』復刻インタビュー[期間限定]

“ヘヴィネス”だけはすべての作品に共通するテーマ

YG:では「Banned From Heaven」。2ndソロにはテクニカルな部分もありますが、基本はインプロヴァイズですよね。

AL:前もって書いたりはしてないよ。

YG:ソロには、即興のインプロヴァイズ、組み立てて行くコンポジション、その中間など色々ありますが、この作品ではどんなスタイルが多かったですか?

AL:中間…という事になるのかな。まずとにかく弾いて、そのインプロヴァイズを録音してみる。それを聴いて、気に入った部分があれば、そこを生かしてもう一度弾いてみる。で、またそれを聴き返して…という繰り返しなんだ。それで集まったフレーズを20回ほど繰り返して弾いてみると、それ自体がソロ・パートになるという訳。前もってソロを書く場合もあるけど、俺の場合それは稀。基本的に新鮮味を欲しているから、その場で1からという事が多い。その方が良いものは出るような気がする。

YG:最後の「Roadkill Morning」はスピード感勝負の曲だけど、拍子も面白いですよね。

AL:2ヴァースあって、1つは6拍子なんだ。

YG:あと、凄いドラム・キックが入る箇所がありますが、あれは痛快!

AL:ブレイクが入るパートだろ? 確かに強力だよ、あれは。ヤスカ(ラーチカイネン/dr)がダブルのバスドラで決めてるよ!

YG:ワウ・ペダルを使ったソロ・パートは、「ロックンロール!」という気持ち?

AL:そういうフィーリング。バッキングのヴァイブはそれ風だし、(ヴェルヴェット・リヴォルヴァーの)スラッシュみたいな感じを出したかったから、ついついそれっぽいリックが(笑)。そこにアクセントとして少々変わった音やベンドを加えたソロだね。

YG:以上9曲の他、ボーナス曲も入るんですよね?

AL:多分、スイサイダル・テンデンシーズの「War Inside My Head」をカヴァーすると思う。未定だけど、一応そんな話をしてるところなんだ。

——インタビューした1月の時点では、予定としてこう話していたが、結局ザ・スプートニクスの「Ghost- riders In The Sky」、リーフの「Just Dropped In(To See What Condition My Condition Was In)」という2曲のカヴァーが収録される事になった——

YG:それにしても、前のアルバム同様、今回もかなり短いですよね。収録時間がやたら長くなっている現代では珍しい…。

AL:この手の音楽は40分くらいがベストじゃないかな。こんなにうるさい音、それだけ聴いたら充分だよ(笑)。確かに今、世の中には長けりゃいいって感じのアルバムを作るバンドが少なくない。でも、俺にはそれがどうも理解出来ないんだ。意味ないよ。そりゃ俺達だって、クズ同然の捨て曲を少し余計に放り込む事は、やろうと思えば出来る。でも、そうしなかったから全体のクオリティを保てた訳だよ。要するに“厳選”してるって事。それが自慢なんだ。「ビシッと短く行こうよ」ってね。結果、短過ぎたのなら、また次を出せばいいさ。

YG:スレイヤーみたいに?

AL:スレイヤーはちょうどいい長さかもね! 心地好いほど。『REIGN IN BLOOD』(’86年)なんて30分なかったもんな(笑)。

YG:アルバム制作では事前にプランを練らないという事ですが、出来上がった作品を聴いてみると、回を重ねる毎にヘヴィになっている点は気付いてますか?

AL:もちろん。それはバンドとしての目標だから。アルバム毎のテーマ云々という事とは違う。チルドレン・オブ・ボドムはそこを目指しているんだよ。よりヘヴィに、より過激に、よりアグレッシヴに…、それを目指し、常に前作を上回るように心掛けている。だから、そうだね…、“ヘヴィネス”だけはすべての作品に共通する意識的なテーマなのさ。

YG:では、録音に使用した機材を教えてくれますか?

AL:ギターはESPの“Pink Sawtooth”。

YG:ピックアップを交換してるのですか?

AL:最近、セイモア・ダンカンに換えてみた。前はEMGのパッシヴ・ピックアップ“HZ”とゲイン・ブースターを組み合わせていたんだ。ところが、セイモア・ダンカンから“Blackouts”という、とてつもないアクティヴ・ハムバッカーが出てね。これはアウトプットが抜群な上に、それまで使っていたEMGのサウンドに凄く近い。以前のサウンドも充実していて、どんなアンプにつなごうが、ゲインを思いっ切り下げてガツンとしたドライヴ・サウンドを得る事が出来たんだけど、“Blackouts”はそのクオリティを保ちつつ、それでいて扱いやすい。あと、ダンカンのピックアップは高音域がいいよ。

YG:アンプは?

AL:古いリー・ジャクソンのプリ・アンプとVHTのパワー・アンプ。それからギターを重ねるパートでは、スレイヤーのケリー・キングも持ってたマーシャルを使ってる。ビッグなコードに合うアンプだよ。

YG:最後に、教則DVDはどんな内容?

AL:凄くオフィシャルなもの…とだけ言っておく。中身は楽しみにしてくれ(笑)。

——このDVDは、2008年に米国Rock House Methodから発表された『Alexi Laiiho of Children of Bodom: Melodic Speed, Shred & Heavy Riffs』シリーズだと思われる——

以前から話しているヤンネと一緒の“ギター&キーボード教則モノ”も、早く撮りたいと思ってるんだ。そっちは全然違う雰囲気の、砕けたものになるだろうね。プレイを教えながらも、色んなロケ地でバカやって、映画みたいな感じにしたいんだ。それを誰にも指図されず、俺達流にやるつもり。でもまだだよ。いつかね(笑)。

FEATURED ALBUM

CHILDREN OF BODOM - BLOODDRUNK

『BLOODDRUNK』CHILDREN OF BODOM
2008年発表

Amazonで購入する