アレキシ・ライホ:2011年『RELENTLESS, RECKLESS FOREVER』復刻インタビュー[期間限定]

アレキシ・ライホ:2011年『RELENTLESS, RECKLESS FOREVER』復刻インタビュー[期間限定]

誰がニヒリストなのかはリスナーが聴いて決めて欲しいね!

アレキシ・ライホ
Alexi Laiho 10.18.2009 at LOUD PARK 09, JAPAN

YG:「Cry Of The Nihilist」のアルペジオ的なキメですが、これはギターですよね?

AL:俺だよ。実際のギター・ソロ前のハーモニー・パートだろ? あれはギターとキーボード。

YG:凄く正確なリズムだから、キーボードだけかとも思いました!

AL:そういう技術に関しては努力の賜物さ。俺はスタジオでも、1日6時間ほど練習したりする。このパートは凄く難易度が高かったんだ。アルペジオで、しかもオルタネイト・ピッキングだったからさ。膨大な練習時間を要する。こういうテイクを録るまでには相当な練習を重ねて、その上で臨んでいるんだよ。

YG:ちなみに、この曲は何を唄ったものですか? もしかして“ニヒリスト”とはアレキシの事でしょうか?

AL:俺の事かもしれないし、違うかもしれない。歌詞はちょっとブラック・ユーモア的な感じかな。誰がニヒリストなのかは、リスナーが聴いて決めて欲しいね(笑)。

YG:「Was It Worth It?」のソロ・パート冒頭はアームで音程変化を付けていますが、トレモロ・ユニットは上げる音程に合わせて調整しているのですか?

AL:フロイドローズ・トレモロのセッティングとしてはスタンダードなままだよ。俺にはそれで十分。これまで実験的に色々やって来たから、扱い慣れているだけの事さ。もちろんアームは雑に扱うとノイズがそのまま入ってしまうから注意しないといけない…、そういう意識はあるけどね。あと、アームの上下具合でメロディーを表現する際は、手が震えていちゃプレイ出来ないけど、これもつまり、慣れが解決してくれる事なんだ。

YG:「Northpole Throwdown」のソロ・パートはインプロヴァイズ性を感じさせるものですが、勢い優先で行ってみた…という感じ?

AL:確かにこのソロはそういうタイプのものだったね。パンク・ロック的な勢いと言うか。そういう性質のソロだから、これは1stテイクでやれた。事前に一切プランを立てず、クレイジーにプレイしたんだ。これにもアームが入っていて、俺に言わせればナンセンスかつクレイジーなソロだ。この曲にはそういうスタイルがぴったりだろ?

YG:「Party All The Time」は、何とエディ・マーフィーのカヴァー(’85年『HOW COULD IT BE』収録)なんですよね。COBのカヴァーには毎度驚かされますが、今回この曲を選んだ理由は?

AL:面白いかなあと思って(笑)。実は、これまで数多くカヴァーをして来たから、そろそろ何をやったら良いのか分からなくなって来ててさ(笑)。スレイヤーからブリトニー・スピアーズまで様々な曲をやって来たからなあ。まぁ今回も、要はサプライズになるものを選んだだけだよ。

YG:ファンはまたまた驚くと思いますよ。

AL:少なくとも、「これはCOBの書いた曲じゃないな」とすぐに気付くだろうね(笑)。

YG:ボーナス・トラックのうち、「Angels Don’t Kill」(’03年の4th『HATE CREW DETHROLL』収録)、「Everytime I Die」(’00年の3rd『FOLLOW THE REAPER』収録)は現段階で音源が届いていませんが、ライヴですよね。いつ、どこで収録したもの?

AL:前回ツアー時、’10年にやったUKのフェスティヴァルで録った音源だと思う。日本盤のボーナス・トラックをどうしようかと考えていた時、ライヴ音源が沢山ある事を思い出してね。そこから使う事にしたんだよ。日本のみんなに、何かこれまでと違うものを提供したいと思ってさ。

YG:では機材に関して。ギターはESPだと思いますが、以前投げて壊れてしまったと話していたお気に入りの“Pink Sawtooth”は、今回使えました?

AL:新作はすべてをその“Pink Sawtooth”でプレイした。スタジオには4本ほど違うギターを持ち込んだものの、このギターのサウンドが本当に素晴らしくてね。凄くしっくり来たから、結局これしか使う必要がなかったよ。これはマジで愛着を感じさせるギターでさ…、俺にこの上なく合うギターなんだよね。当初は曲毎にギターを変える考えもあったけど、そんな事なんて忘れてしまった(笑)。

YG:ちなみに、ピックアップはEMGの“ALX”ですよね。しばらく使ってみて、より信頼性を感じましたか?

AL:ホントその通り。すべてが凄く良いよ。出力の量も半端じゃないし、リー・ジャクソンのプリ・アンプとの相性もバッチリだ。もう俺にとっては欠かせない必需品だね。

YG:アンプは、今言ったリー・ジャクソンのプリアンプ“GP-1000”に、VHTのパワーアンプが最近の組み合わせですが、今回もそのコンビネーション?

AL:そうだね。リー・ジャクソンとVHTがメイン。あとキャビネットはマーシャルだ。音を重ねたパートでは、ブラックスター製のアンプも使ったけどね。これもなかなか良かったよ。それはすべてコーラス・ペダルに通してプレイしたんだ。

YG:コーラス・ペダル以外に、エフェクターを使う事はありました?

AL:いくつかのソロでワウ・ペダルを使った程度じゃないかな。それくらいだと思う。俺はギター・サウンドをドライなままにキープしておきたいんだ。それを損なうエフェクターは…ね。

FEATURED ALBUM

『RELENTLESS, RECKLESS FOREVER』CHILDREN OF BODOM
2011年発表

Amazonで購入する