アレキシ・ライホ:2015年『I WORSHIP CHAOS』復刻インタビュー[期間限定]

アレキシ・ライホ:2015年『I WORSHIP CHAOS』復刻インタビュー[期間限定]

ハッピーなヴァイブが入っているね。毛色の違うものを時折混ぜ込みたいと思うんだ!

アレキシ・ライホ
Alexi Laiho in 2015

YG:「I Worship Chaos」はとてもCOBらしい曲名で、ちょっとニヤッとしたファンも多いと思いますが、これは何を歌った曲ですか?

AL:このタイトルは、俺が静けさに我慢できない性分だっていうことから思い付いたんだ。俺って、静寂っていうのが全くダメでさ。頭がおかしくなりそうになるんだ。いわゆる混沌(chaos)とした状態に囲まれている方が、落ち着くし快適になれる。そういうことを歌っているんだよ。ちょっとゴメン(と言って缶コーヒーのフタを開ける)…それにずっとカフェインを摂っていないとダメでもある(笑)。

YG:「I Worship Caffeine」でも良さそうですね。

AL:ああ、そうだね。ハハハ! ケイオスとカフェインは仲良くやっていけそうだ。

YG:イントロのリフはシンプルではありますが、開放弦を巧みに使っていて、さすがアレキシ!と思いました。こういうリフは、例えば携帯電話のメモ機能に山ほど録音してあったりするんですか?

AL:わざわざ録りはしないけど、アイデアはどこでも生まれるよ。交通渋滞の中でだって閃くことがあるしね。どうやら俺の頭は、思い付いたメロディーは忘れないと決めているらしいんだ。だからすぐに録音する必要はないのさ。ギターを手に取って弾き方を探る機会が訪れるまで、ちゃんと憶えていられるんだよね。まあかつての俺には、どうにもアルコールでダメな時期もあったけど…(笑)。今は大丈夫だ。

YG:この曲も珍しくアレキシのソロは入っていませんが、代わりに入っているヤンネのキーボード・ソロが、すごくギターっぽくて面白いですね。

AL:ヤンネにとっては自然なことなんだと思う。当然のことながら、彼は多くのキーボード奏者に影響を受けて来たわけだけど、ギタリストからの影響も多いんだ。俺がたくさん聴かせる音楽の中からインスパイアされている部分がある。アリス・クーパーからメタリカから、何でもありだよ。無意識なのかもしれないけど、そういったギター・ミュージックからの影響はプレイにちゃんと出ているよ。俺の勝手な印象だけどね。キーボードの使い方としては他の奏者とかなり違っていて、クールなスタイルを身に付けているよな。

YG:7曲目「Hold Your Tongue」は、リフのニュアンスや曲展開のシンプルさが、オールドスクールな’80年代へヴィ・メタルを思い起こさせました。

AL:ああ、分かるよ。メロディックなハイ・トーン・ヴォーカルが乗りそう…というか、(元スキッド・ロウの) セバスチャン・バックが歌っていそうだね(笑)。

YG:ギター・ソロはメジャーな音使いで、ダークかつヘヴィなCOBの音楽の中では異色ですよね。

AL:どういうつもりで弾いたかはあまり憶えていないけど、ちょっとリスナーを驚かせたかったところかも知れないな。全体のKeyはメジャーじゃないけど、ソロの部分はメジャー・コードから始まっていて、いわゆるハッピーなヴァイブが入っているね(笑)。こんな風にして、毛色の違うものを時折混ぜ込みたいと思うんだよ。

YG:次の「Suicide Bomber」。物悲しいメロディーがしっかりと感じられるイントロのリフが出色ですが、どういう風に組み立てたアイデアですか?

AL:うーん…俺の中では、他の曲と大して違うことはやってないよ。つまらない回答だと分かってはいるけど、それが真実だ(笑)。オールドスクールなブラック・メタル風のアイデアを、色々とこねくり回しただけさ。2本の弦を同時に弾いていて、片方は開放弦、もう片方は1オクターヴ高いポジションでメロディーを弾く…みたいな組み合わせだ。そうやってるうちに出来上がった曲だよ。

YG:対してギター・ソロはちょっとロックンロールの匂いがして、これも少し意外な展開ですね。

AL:俺は以前から、古いロックンロールやブルースも好きで聴くからね。そういうのが出たのかもしれないな。

YG:9曲目「All For Nothing」。前作には「Dead Man’s Hand On You」という、COB史上初のバラードが入っていましたが、この曲も同系統ですね。

AL:進化型ってところだね。意図的にそう作ったわけじゃなくて、ただ自然と出て来たものなんだけど、楽曲として仕上げる作業はとてもチャレンジングだった。作業は一番大変だったんじゃないかな。だからというわけじゃないけど、けっこう誇りに思っている曲なんだ。実際、好きだと言ってくれる人がすごく多いよ。アルバムの中でもお気に入りだって。

YG:後半にはアレキシとヤンネの掛け合いソロが出て来ますが、ここは2人で顔を突き合わせてライヴ録りした部分ですか? 別々に録ったのだとすれば、息の合い方が驚異的なんですが。

AL:ここに関してまず言いたいのは、ヤスカ(ラーチカイネン/ dr)が完全にクレイジーになってくれたのが素晴らしかったということだ。’60〜’70年代に遡ったようなフィーリング…、つまりルールなんか全くなくて、ただ心から出る音をプレイするだけの時代だ。彼はそういう意気込みで叩いてくれたよ。で、キーボードとギターの掛け合いに関してだけど、まず俺がそのドラム・フィルに従うように弾いて行ったんだ。その後でヤンネが自分のパートを入れた。だから顔を突き合わせて弾いたわけじゃないけど…、そういうやり方でも良い結果になっただろうね。次回はチャレンジしてみたいな。

YG:本編最後の「Widdershins」。この曲にもギターとキーボードによる、職人技のようなハーモニー・ソロが出て来ますね。とても複雑で大変そうな…。

AL:こういうのはいつも、俺が細部まできっちりと作り上げるんだ。ヤンネにはそれに合わせて弾いてもらう。おっしゃる通り、確かに複雑だよ(笑)。

YG:全体的には爆発的に弾きまくっている曲ですが、その合間で同じ音程を長い間刻み続けるシンプルなパートもあって、対比が面白いと思いました。

AL:こういう曲は「ダカダカダカ…」っていう、めちゃくちゃ速いビートが特徴だよね。だからそこをしっかりと刻むことが最も大切なんだけど、合間で所々、音を抜いて行く。さっきも言ったように、俺は色々な要素を混ぜ込むのが好きだからさ。発想としては同じかな。

1 回だけの予定だったけど、すごく楽しかったから何故か続くことになっちまってね!

YG:ボーナス・トラックとして今回は、プラズマティックス、ケニー・ロギンス、アモルフィス、バナナラマの曲を収録していますね。ほとんどポップス系のアーティストですが、この中で1つだけ、アモルフィスは同郷のデス・メタル出身バンド。COBはいつもなるべくメタル系以外から選んでカヴァーして来たので、実は意外な選曲なのでは?

AL:そうそう、よく分かっているね。昔はセパルトゥラやスレイヤー、W.A.S.P.なんかをカヴァーしたこともあったけど、最近はあんまりやらなかった。アモルフィスの「Black Winter Day」(オリジナルは’94年『TALES FROM THE THOUSAND LAKES』に収録)に関しては、ちょっとしたお遊びだったんだ。アモルフィスの連中から「COBの曲をカヴァーするから、お前らもお返しに俺たちのカヴァーをやってくれよ」と言われたんだよ。彼らとは以前から仲が良いからね。で、彼らは実際に「Everytime I Die」(オリジナルは’00年『FOLLOW THE REAPER』に収録)をカヴァーしてくれたんだ。面白いよね。

——註:チルドレン・オブ・ボドムとアモルフィスは去る9月、お互いに3曲ずつ収録したスプリット・シングル『TALES FROM LAKE BODOM』をリリース。アモルフィス・ヴァージョンの「Everytime I Die」はその中で聴くことができる——

YG:アルバム制作で使ったギター、アンプ、エフェクトについて教えてください。新しい機材にインスパイアされるようなことはありました?

AL:ほとんどは『HALO OF BLOOD』で使ったのと同じだよ。ESPのシグネチュア・ギターにマーシャルのアンプ…。ローペが弾く予定だったパートは、すべてエングルのアンプで録ったけどね。一応違いを付けたかったんだ。ああ、そうだ…クリーン・サウンドはESPのSTシェイプで録ったんだ。超クリーンな音を狙いたかったからさ。他に秘密兵器は…残念ながらなかった気がする。

YG:了解しました。さて、10月には“LOUD PARK 15”で来日することも決まっていますが、アレキシはCOBと、ザ・ローカル・バンドというカヴァー・バンドでも参戦することになっていますね。これはどういうバンドですか?

AL:’80年代の曲をカヴァーするバンドなんだ。モトリー・クルー、ポイズン、ヴァン・ヘイレン、そういう感じだね。純粋なお楽しみなんだよ。ザ・シックスティナイン・アイズのドラマーであるユッシ69、レックレス・ラヴのシンガーであるオリ・ヘルマン、そしてベースがサンタ・クルーズというバンドでギターとヴォーカルをやってるアーキー。それに俺を加えた4人で、1回だけ地元でショウをやったんだ。確か’13年の末のことだったと思うけど、すごく楽しかったから何故か続くことになっちまってね。本当にお遊び的なライヴだったんだけど、何故かありがたいことにソールド・アウトになったもんでさ(笑)。基本的には1年に1回限りなんだけど、今回は“LOUD PARK”にも出ることになったから、初めて1年に2回ショウをやるわけだ。

——註:ミニ・アルバム『LOCALS ONLY – DARK EDITION』が、日本盤は11月18日に発売された——

FEATURED ALBUM

CHILDREN OF BODOM

『I WORSHIP CHAOS』CHILDREN OF BODOM
2015年発表

Amazonで購入する