毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

VICTORY/ROB MORATTI

カナディアン・メロディアス・ハードの名バンドとして多くの支持を集めたファイナル・フロンティアの中心人物で、近年は大御所サーガでの活動も話題となった(今年1月に脱退済)実力派シンガーの初のソロ名義作。これが、ハイ・クオリテ…

SVENSK KULTUR/RAFVEN

スウェーデン発“ジプシー・パンクス”8人組の3rdスタジオ作。トロンボーンとサックス、フィドルとアコーディオンを主軸に据えた、脱力系なのに情熱的なそのアンサンブルは、北欧や東欧のフォークとジプシー音楽の旨みが凝縮され、ど…

BABY ACTION/SCANDAL

華やかなルックスや若さだけでゴリ押しするガールズ・バンドは多い。しかし、このSCANDALは上等なルックスと若さに加えて、確たる演奏力を備える。試しにYouTubeでライヴ映像を観てみるとよい。初めて聴いた人でも、ロック…

Decisive/SABER TIGER

“世界”を見据えた新編成で活動を再開した日本の至宝が放つ注目作。ハロウィンなどを手掛けたトミー・ニュートン(ヴィクトリー)がミキシングを担当したことも話題だが、何よりも光るのは充実した楽曲群。攻撃性に満ちた革新的パワー・…

LIVE IN FRANCE/RODRIGO Y GABRIELA

日本でも人気の高いアコースティック・ギター・デュオ(男女2人組)による最新ライヴ・アルバム。’08年の“FUJI ROCK”に於ける圧巻の名演が忘れられないが、やはり彼らの真骨頂は生演奏だと再確認した。パーカ…

IT IS SO./STALA & SO.

フィンランドのグラム・ロック・バンドのデビュー作。ほとんどの曲を手掛ける中心人物であるシンガー:スタラは、モンスター・メタル・バンド:ローディから昨年脱退したキタその人で、ベーシストも元ローディのカルマ。グラマラス&ポッ…

EVERYTHING’S FINE/THE SUMMER SET

非常によくできたポップ・ロック・アルバム。女性ドラマーを含むアリゾナ出身の5人組で、いわゆる“エモメロ”と呼ばれたジャンルの注目株である。「いつだってボクはキミを愛してるよ」と何のてらいもなく歌う事実から分かるように、若…

DARKER DAYS/STREAM OF PASSION

オランダ出身、女性シンガーのマルセラ・ボヴィオを中心とした叙情ゴシック・メタル・バンドの3作目。まず何と言っても耳を惹かれるのはそのマルセラの透き通った儚げな歌声だろう。元々“うまいヴォーカリスト”ではあったが、ゴシック…

Breathing in peaks/STRAND

大阪を拠点に活動するマルチ・ギタリストの保原健三と関西のプログレ・バンド:SOPHIAの元ドラマー細川博司の2人組によるインスト・ユニットのデビュー作。ロック、メタル、ファンク、フュージョンが混合し、往年のプログレッシヴ…

GET NICE!/ZEBRAHEAD

毎年“SUMMER SONIC”に出ている気がするが(笑)、事実、今夏のサマソニに史上最多となる6回目の出場を果たすゼブラヘッド。フェス前の景気づけとも言える通算6作目が届いた。もちろん今回も、ファンの期待を裏切らないエ…

WELCOME TO THE MORBID REICH/VADER

ギターとベースが新たに加入し制作された新作。ただしレコーディング後にポール(dr)が脱退、新たに英国人ドラマーが加入した。前作『NECROPOLIS』(’09年)よりも重く攻撃的に、つまりよりヴェイダーらしい…

REV-RAPTOR/U.D.O.

独HR/HM界に於ける重鎮中の重鎮:ウド・ダークシュナイダー率いる5人組のスタジオ・フルレンス第13作。ついつい古巣アクセプトの復活作『BLOOD OF THE NATIONS』(’10年)と比べてしまうが、…

232 / 236 ページ最初230231232233234最後

掲載号別 レビュー 一覧