毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

STRANGE ANG3LS/DAVID MARK PEARCE

他のアーティストのバックやセッション、スタジオでプレイしてきたデヴィッド・マーク・ピアース初のソロ・アルバム。ギタリストとしてだけではなく、エンジニア/プロデューサーとして数多くのレコーディングも経験しているというだけあ...

SAVIOR NEVER CRY/CONCERTO MOON

新ラインナップで制作した通算9枚目のアルバム。後任シンガーに迎えられたのは、福岡で結成されたスクリーミング・シンフォニーで活動してきた久世敦史で、前任者にも通じるパワーを押し出した歌唱スタイルが持ち味だ。この声の存在感が...

THE BOTTOM DEEP/COMMUNIC

ノルウェー産プログレ・パワー・メタル・バンドによる4th。ネヴァーモアにキャンドルマスのエキスを注入したようなダークかつドゥーミー、刺々しく攻撃的だがメリハリをわきまえた音楽性は今回も高い完成度で示されており、トリオとは...

BLACK AND WHITE AMERICA/LENNY KRAVITZ

レニクラが“ロードランナー”からアルバムを出すとは隔世の感がある。直接的なタイトルから分かるように、自らのルーツを掘り起こしながらファンク、ロック、バラードといつもながらの“レニー節”を詰め込んだ。すべての楽器を操るマル...

THE DISCOVERY/BORN OF OSIRIS

米イリノイ州シカゴ出身の6人組プログレッシヴ・デスコア・バンドによる3rd。ガツンガツンと無慈悲に進むマシーナリーなリフと、ツイン・ギターによるハーモニーが紡ぐ美メロディー、そしてそれらを丹念に繋ぎ合わせる多彩かつ巧みな...

LIVIN' MY DREAM/BAI BANG

2ndアルバム『COP TO CON』('91年)が日本の北欧メタル・ファンから好評を博したスウェーデン産バンドのバイ・バング。その後も地道な活動を続けていた彼らの7枚目のアルバムが、日本盤としてはその2nd以来20年ぶ...

ANTHRAX - WORSHIP MUSIC
WORSHIP MUSIC/ANTHRAX

ジョーイ・ベラドナ(vo)を含むクラシック・ラインナップの復活に歓喜したのが'05年。あれからもう6年も経った。その間のアンスラックスは正直「何フラフラしてんだよ」と言いたくなる活動状況だった。ようやく完成した8年ぶりの...

REVIVAL - THE ANSWER
REVIVAL/THE ANSWER

ZEP〜フリーのライン上にある、ブルース・ベースの英国型ハード・ロックをモダンなサウンド・プロダクションで轟かせる、北アイルランドの4人組の3作目で、そうしたデビュー以来の路線を継承する新作だ。タメを効かせたシンプルなリ...

MAN OR MACHINE/ALPHA TIGER

ドイツの5人組正統派HMバンドのデビュー作。若さほとばしる'80年代型サウンドを聴けばNWOTHMムーヴメントの一派とされていることに納得できるが、特徴的なハイ・トーン・ヴォーカルと疾走するツイン・ギターが交錯する風合い...

BACK TO THE START/AIRRACE

レッド・ツェッペリンの故ジョン・ボーナムの息子、ジェイソン・ボーナム(dr)が初めて本格的に参加したバンドとして話題になりながらも、アルバム1枚を残して解散したエアレースが復活を果たし、27年ぶりに2ndアルバムを発表し...

UNBREAKABLE/ABSYNTH AURA

女性シンガー:クロド嬢をフィーチュアするイタリア産ゴシック・メタル・バンドのデビュー作。キャッチーに展開する垢抜けた楽曲の中で、パワー溢れるシャウトからナイーブなメロウネスまで豊かな表現力を見せつけるクロド嬢は、元ヴィジ...

TEMPLE OF ROCK/MICHAEL SCHENKER

前作『IN THE MIDST OF BEAUTY』('08年)で、マイケル・シェンカー・グループ(MSG)の初代シンガー:ゲイリー・バーデンを迎えたこともあって、往年のファンからの注目度が再び増しているマイケル・シェン...

248 / 250 ページ最初246247248249250

掲載号別 レビュー 一覧