毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

SINSAENUM - REPULSION FOR HUMANITY
REPULSION FOR HUMANITY/SINSAENUM - その悪魔の翼をより大きく広げて爪も尖らせた新作

F・ルクレール(g, b, key, vo/ドラゴンフォース)とJ・ジョーディソン(dr/元スリップノット etc.)を中心とする6人組エクストリーム・メタル・バンドの2作目。前作に続き'90年代初期のUSデス・メタルへ...

Scheherazade - LIVE GAIA
LIVE GAIA/Scheherazade - 結成40周年、日本プログレ界の草分けによる2017年のライヴ音源

結成40周年を機に再始動し、完全新作アルバムの発表も実現した本邦プログレ界の草分けであるシェラザード。本作はその美意識をあらためて現在に伝えてくれるライヴ盤で、最新作『once more』の発売&40周年を記念して昨年行...

THE UNITY - RISE
RISE/THE UNITY - ガンマ・レイのファンならドキッ! 本邦デビュー作の2nd

現ガンマ・レイのマイケル・エーレ(dr)が中心となって'09年に結成されたラヴ・マイト・キルが活動休止に陥ったことで、メンバーの1人をガンマ・レイのヘニュ・リヒター(g)と入れ替える形で誕生した新バンドによる2ndにして...

UNITED - ABSURDITY
Absurdity/UNITED - 自己の再確認と未来へ向けた強力な宣言

約7年振りの新作(10作目)は、'14年に亡くなった実質的なリーダーの横山明裕(b)を欠いての再起作。彼の後任は元ジュラシック・ジェイドの遠田譲士で、ヴォーカルには'04年まで在籍していた湯浅正俊が復帰した。重心を落とし...

U.D.O. - STEELFACTORY
STEELFACTORY/U.D.O. - 「これぞメタル!」な第16作

ダークシュナイダー名義でのアクセプト曲限定ツアーが終盤を迎える中、新たな第一歩となる第16作が登場! 御大ウド(vo)の息子がドラマーを務める初スタジオ作で、カスペリ・ヘイッキネンも後任ビル・ハドソンも早々に脱け、アンド...

TRIX - FESTA
FESTA/TRIX - “お祭り騒ぎ”に拍車をかける、しなやかな音色と適材適所の好演

その陽気なエネルギーで日本を明るくするスーパー・フュージョン・グループ:トリックスは、昨年加入した佐々木秀尚(g)の活躍も目覚ましく、ますます意気軒昂。最新スタジオ作のこちらは、話題のサキソフォン奏者:ユッコ・ミラーをゲ...

URIAH HEEP - LIVING THE DREAM
LIVING THE DREAM/URIAH HEEP - 大英帝国が誇るベテラン・ハード・ロッカーの通算24作目

来年で結成50周年を迎える大英帝国が誇るベテラン・ハード・ロッカーの通算24作目。ミック・ボックス(g)の豪快なギター・ワークとフィル・ランゾン(key)の絶妙なオルガン捌きが対峙する楽曲群は、その根幹こそ数十年間不変の...

AIRBORN - LIZARD SECRETS“PART ONE - LAND OF THE LIVING”
LIZARD SECRETS“PART ONE - LAND OF THE LIVING”/AIRBORN

かつてオルタナ・メタル流行の只中に真正メタルへの熱い思いを抱いてイタリアから登場し、メロディック・パワー・メタル新世代と目された当バンドも、今や結成20周年超の古顔。4年ぶり5作目となる本作は3部作予定のコンセプト連作の...

BULLETBOYS - FROM OUT OF THE SKIES
FROM OUT OF THE SKIES/BULLETBOYS

'86年の結成以来、30名以上が出入りし、DJアシュバ(g)やスティーヴン・アドラー(dr)らGN'Rファミリーも在籍した、L.A.拠点R&Rバンドの9作目。今やオリジナル・メンバーはマーク・トリエン(vo)のみで、ヴァ...

ANTHRAX - KINGS AMONG SCOTLAND
KINGS AMONG SCOTLAND/ANTHRAX

スラッシュ・メタル四天王の一角、アンスラックスによる最新ライヴ・アルバム(DVDも同時発売)は、'17年2月15日にスコットランドのグラスゴーで行なわれた2時間に及ぶステージの模様を収録。バンドの演奏にはスタジオ作品のそ...

ALEX BEYRODT'S VOODOO CIRCLE - RAISED ON ROCK
RAISED ON ROCK/ALEX BEYRODT'S VOODOO CIRCLE

突如バンドを脱退したデイヴィッド・リードマン(vo)の後任としてハービー・ランハンス(シンブリード他)を迎えて制作された通算5作目。このバンドはブルージーなテイストを盛り込んだ古典的な様式美ハード・ロックを現代的なサウン...

CANNIBAL CORPSE - RED BEFORE BLACK
RED BEFORE BLACK/CANNIBAL CORPSE

今年結成30周年を迎える彼ら、いかに神格化されようが、万人受けしないデス・メタルのグロ側面を飽かず突きつけてくる執念には感動さえ覚える。そんな流血殺傷メタルのプロが放つ14作目。現ラインナップになって5作目を数えることも...

3 / 243 ページ12345最後

掲載号別 レビュー 一覧