毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

FLASH POINT/SPIDERS

スウェーデン出身、女性ヴォーカルをフィーチュアする4人組による1stフル・アルバム。ギターは今年ウィッチクラフトを脱退したジョン・ホイルズで、初期メンバーにはグレイヴヤードのアクセル・ショベル(dr)もいた。'60年代後...

SAMURAI SESSIONS vol.1/雅-MIYAVI-

本誌読者でも注目している人が多いはず。超絶日本人ギタリスト:雅-MIYAVI-の新作が登場だ。'11年からスタートした、多彩なジャンルのアーティストとのセッション・シリーズを収めたベスト盤的内容。CMでもお馴染み、KRE...

TO THE END/ORDEN OGAN

'96年結成、'04年にデビューを果たして以降は順調に活動を続ける中堅ジャーマン・パワー・メタラーの、前作から約2年ぶりとなる4th。大仰なクワイアを伴って勇壮なメロディーを綴る様はブラインド・ガーディアンやガンマ・レイ...

SLAVE TO THE EMPIRE/T&N

何があったか、リンチ・モブ終焉。今後ジョージの“ホーム”はこのT&Nということになるのか。核になるメンバーはジェフ・ピルソン(vo, b)、ミック・ブラウン(dr)のドッケン組(この他、数人のゲスト・シンガーと...

DOKKEN - BROKEN BONES
BROKEN BONES/DOKKEN

'10年の『GREATEST HITS』でのセルフ・カヴァーはジョン・レヴィンにとって良かったのか、その逆か。あまりにもジョージ・リンチのソロ&バッキング丸コピが高精度過ぎたため、あの限りに於いては“ジョージ彷彿”という...

THE MAGIC DOOR/CHRIS ROBINSON BROTHERHOOD

活動を停止したブラック・クロウズのクリス・ロビンソン(vo, g)率いるバンドの、7月のデビュー作と対になる2作目。'60年代後期〜'70年代初期の空気感で醸成されたナチュラルでソウルフルな南部サウンドは、今を生きるバン...

BLACKOUSTIC/KOTIPELTO & LIIMATAINEN

ケインズ・オファリングでもタッグを組んでいたストラトヴァリウスのティモ・コティペルト(vo)と元ソナタ・アークティカのヤニ・リマタイネン(g)の2人によるアコースティック作。収録曲はヤニ作の新曲1曲を除いてすべてカヴァー...

A WAR YOU CANNOT WIN/ALL THAT REMAINS

シャドウズ・フォールの初代シンガーだったフィリップ・ラボンテを中心とする、米マサチューセッツ州出身のメタルコア/MAメタル・バンドの6作目フル。今回もまたいい意味でどっしりと安定した、激と情が緻密に織り合うドラマティック...

PRIDE OF LIONS - IMMORTAL
IMMORTAL/PRIDE OF LIONS

元サバイバーのジム・ピートリック(g)と、良質なソロ作品もリリースしているトビー・ヒッチコック(vo)によるプロジェクトが約5年ぶりに放つ4枚目のアルバム。もちろん、基本的な音楽性に変化はなく、'80年代のAORなどに通...

CELEBRATION DAY/LED ZEPPELIN

'07年12月10日、アトランティック・レコードの創設者、アーメット・アーティガン氏追悼で開催されたロンドン・O2アリーナに於けるコンサートでの一夜限りの再結成が大きな話題となったレッド・ツェッペリン。そのライヴ音源と映...

Versailles/Versailles

'12年12月20日をもっての活動休止を発表している彼らのメジャー第3弾、通算5枚目となるフル・アルバム。既発曲や再録を含め、まさに彼らの王道劇的チューンから、今までに見られなかった実験的な楽曲、10分を超す幻想的なバラ...

SOUNDS THAT CAN'T BE MADE/MARILLION

'79年から活動するイギリスのベテラン5人組による17枚目のスタジオ・アルバム。日本盤のリリースは14年ぶりという事実が、欧米との歴然たる人気の差を物語るが、相応のクオリティの作品を生み出し続けてきたバンドであることは確...

1 / 3 ページ123