毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

STATE OF SHOCK/HITTEN

スペイン南部ムルシア出身のヘヴィ・メタル・バンドの2nd。オールドスクールな'80年代型正統派メタルを身上としているが、いわゆる“NWOTHM”にカテゴライズされる北欧のバンド群とは一味違う独特のレトロ感が何とも美味しい...

PEDAL TO THE METAL/DRIVE, SHE SAID

マーク・マンゴールド&アル・フリッチによるメロハー・デュオがまさかの復活を果たし、'03年作『REAL LIFE』以来となる第5作を完成させた。冒頭曲のイントロがタッチ風(歌はボン・ジョヴィ風?)…と思ったら、曲名が「T...

TITANIC MASS/DYNAZTY

スウェーデンの5人組メタル・アクトの5th。初期のスリージーなハード・ロックから作を重ねる毎に徐々にメタルな剛性を増し、前作では完全に正統派メタル・スタイルへとシフト。本作もそれをさらにメタリックに進化させた激熱な1枚に...

CRCK/LCKS/CRCK/LCKS

これまで2枚のリーダー・アルバムをリリースするなど、実力派若手ジャズ・ギタリストとして注目を集める井上 銘がポップス・シーンに進出。ソロ・デビューも果たしている東京芸大卒の女性シンガー小田朋美(vo, key)、ものんく...

FORWARD IN REVERSE/DIZZY MIZZ LIZZY

デンマークが誇るトリオによる、実に20年ぶりとなる3枚目のスタジオ・アルバム。どこかひねくれているのにキャッチーでクセになる彼らの楽曲は本作でもブランクを一切感じさせない新鮮なエネルギーに満ち溢れており、変則的なリズム展...

BOOK OF SHADOWS II/ZAKK WYLDE

'90年代半ばのザック・ワイルド(vo, g, key/現ブラック・レーベル・ソサイアティ)を通じてサザン・ロック及び'60〜'70年代ロックの魅力を知った世代は結構いるはずだが、朗報だ。アコースティックを基軸に、ソロや...

CherryHearts/CherryHearts

既にライヴハウス・シーンを席巻している若手女性ロック・バンドのデビュー・アルバム。キラキラの見た目はギターを持ったアイドルの体だけれども、動画を見るとステージでは動きまくり煽りまくりで会場をドカンドカン沸せている。男性の...

SANTANA IV/SANTANA

サンタナの3rdアルバム『III』('71年)でプレイしていたグレッグ・ローリー(key, vo)、マイケル・シュリーヴ(dr)、マイケル・カラベロ(per)、『III』から弱冠17歳でバンドに加わったニール・ショーン(...

enigma/Tak Matsumoto

前作『New Horizon』('14年)以来、約2年ぶりにリリースされたB'z松本孝弘ソロ作品。インタビューによれば、神秘的かつ不穏な雰囲気のあるメロウな表題曲「enigma」を軸としてアルバム制作を始めたそうだが、そ...

CHEAP TRICK - BANG ZOOM CRAZY...HELLO
BANG ZOOM CRAZY...HELLO/CHEAP TRICK

今年“ロックの殿堂入り”を果たしたことでも話題を集めている、重鎮ポップ・ロック・アクトの最新フル。前作『THE LATEST』('09年)よりもパワフルかつ生々しいバンド・サウンドになった印象で、リック・ニールセンによる...

TRIFLES AND PANDEMONIUM/A.C.T

スウェーデンで'94年に結成された5人組による、初のライヴ・アルバム。いわゆるスタジオ・セッションを収録したもので、観客を目の前にしたコンサートに漂う熱気こそないが、演奏に集中することを主眼に置いた手法ではある。プログレ...

Blizzard Of ANIMETAL THE SECOND/ANIMETAL THE SECOND

詳細な素性は非公表となっている、Queen.Mなる女性シンガーを擁するプロジェクトの2作目。初代とはプロデューサーも異なるためアプローチの仕方も違うが、アニメ・ソングをメタル・カヴァーするコンセプトは同様だ。今回はラウド...

2 / 3 ページ123