毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

アルバム・レビュー

YGセレクションの最新リリース情報&レビューをお届け!

THE SEARCH FOR EVERYTHING/JOHN MAYER

'17年1月と2月にアルバムに先行して、4曲入りEPを2作品、デジタル配信のみでリリースしていたジョン・メイヤーが、その8曲に新たに4曲を加えた形となる通算7枚目のスタジオ・フル・アルバムを発表した。前々作『BORN A...

THE WORLD'S BEST HOPE/ALL 4 1

キース・エマーソン、カール・パーマーとのスリーに参加していたロバート・ベリー(b, vo)、ボストンのゲイリー・ピール(g)、近年のMR.BIGをサポートするマット・スター(dr)、実力派として知られるテリー・ブロック(...

ONE MORE LIGHT/LINKIN PARK

iTunesのジャンル分けで“Metal”とタグ付けされるのが一級の皮肉に思えてくる。メタル・ギターはほぼなし、腹に響くビートもシャウトもここにはない。徹頭徹尾“歌”を中心に据えた作品であり、リンキン・パーク史上最大の冒...

NO GRAVE BUT THE SEA/ALESTORM

英スコットランド出身、酔いどれパイレーツ・メタラーの第5作。前身バンド時代からのギタリスト(当初はベース)が脱退し、ハンガリーのウィズダムから後任を迎えているが、特に目立った路線変更はナシ…というか、おふざけボーナス曲も...

DANCE AND LAUGH AMONGST THE ROTTEN/CARACH ANGREN

自作ホラー物語の激重サウンド・ドラマ化に全身全霊で取り組む、蘭産シンフォニック・ブラック・メタル・トリオの5作目。最大の特徴たる重厚荘厳なオーケストレーションの要アルデック(key)と欧州劇的激烈メタルの匠ピーター・テク...

FEEDING THE BEAST/EZOO

T・マーティンとのザ・ケイジ、G・ヒューズとのヴードゥー・ヒルで知られるイタリアのギタリスト/プロデューサー:D・モロが、今度はG・ボネット(vo)とコラボ! 2人はELECTRIC ZOO名義で'04年にツアーを行なっ...

DEFYING GRAVITY/MR.BIG

初期4作品を手掛けたケヴィン・エルソンをプロデューサーに迎えた、約3年ぶりとなる9枚目のアルバム。ファンとしてはパーキンソン病と闘っているパット・トーピー(dr)の参加が気になるところだが、彼の意向に沿ってマット・スター...

WE'RE ALL ALRIGHT!/CHEAP TRICK

7年ぶりにリリースされた前作『BANG ZOO CRAZY...HELLO』('16年)に続き、チープ・トリックが早くも新作を発表した。前作同様、今作もリック・ニールセンのハードなギター・リフが目立っており、ロックンロー...

CHUCK/CHUCK BERRY

'17年3月18日に90歳で他界した“ロックンロールの神様”チャック・ベリーの遺作がリリースされた。生前から曲を作り続けていたというチャックは、'14年頃から本格的にアルバム制作に乗り出し、友人たちや家族の協力を得て本作...

INCORRUPTIBLE/ICED EARTH

米フロリダのベテラン・ピュア・メタラーによる12th。シンガーの座にイントゥ・エタニティーのステュウ・ブロックを据えた新体制となって3作目となる本作でも、エピックなドラマをシリアスに描く剛健な作風は健在だ。頭領ジョン・シ...

STARMOURNER/GHOST BATH

当初は中国産を自称していたため、異境的デフヘヴン・フォロワー“鬼浴”としてマニアの話題になっていたポスト・ブラック・メタラー4人組。“ニュークリア・ブラスト”と契約しての前作発表で実は米国産と判明したものの、そのサウンド...

HALFWAY THERE/MARK SLAUGHTER

スローターのシンガーによる2年ぶりとなるソロ第2作。前作同様、ドラム以外のほぼすべてのパートを本人が担当。速弾きを含むギター・ソロを披露するなどマルチな才能を発揮している。ドラムはPiNKやスティーヴ・ルカサーなどとのセ...

1 / 3 ページ123