毎月10日発売。月刊ギター専門誌ヤング・ギターの公式ウェブサイト。

スラッシュのレコーディング機材フォト・ギャラリーを公開!

写真●ウイリアム・ヘイムス

Slash Photo Gallery

間もなく開催されるOZZFEST JAPAN 2013。ヘッドライナーのブラック・サバス、スリップノットを始め、洋楽・邦楽を問わず気になるメタル・バンドが目白押しだが、その中には昨年、待望のセカンド・ソロ『APOCALYPTIC LOVE』をリリースし、2年ぶりに日本にやってくるスラッシュもいる。

これにちなんで、昨年YGが独占取材を行なった、同アルバムにおけるレコーディング機材のフォト・ギャラリーを公開しよう。スラッシュのギター、アンプに始まり、ヴォーカリストだけでなくセカンド・ギタリストとしても才能を発揮したマイルス・ケネディの使用ギター、ベーシストのトッド・カーンズが使用したヴィンテージ・ベース各種、そしてスラッシュが実際にレコーディングを行なったブース”スラッシュ・ボックス”の内部まで、詳細にその風景を収めたエクスクルーシブな内容となっている。是非お楽しみいただきたい!

なお、より詳しい機材解説はスラッシュが表紙のヤング・ギター2012年6月号にも掲載されているので、そちらもお見逃しなく。

*各写真をクリックすると、拡大写真が表示されます。
 

Les Paul Replica / Slash

メインであるハンドメイドのレスポール・レプリカ。リアがセイモア・ダンカンのハンドワイヤリングによるカスタム・ピックアップに交換されている(フロントはオリジナルのAlnico II Pro)。

Gibson : Slash Appetite Les Paul Prototype #1

ツアーではメインで使用され(ボディー裏の塗装剥げはそのため)、新作でも幾つかのパートで使用されたAFDのプロト1号。ピックアップはAlnico II Pro Slash×2を搭載。

Gibson : Explorer Baritone Custom-made for Slash

スラッシュのためのカスタムメイドだが、ピックアップを含め基本的には市販モデルと同スペックのようだ。6弦=A。

ERNIE BALL / MUSIC MAN : Silhouette Bass Guitar Custom-made for Slash

エクスプローラーと同じくエクストラ・ロング・スケール・ネックのギター。カスタムメイドだが、やはり通常モデルと同仕様かと。

Jose Ramirez / Slash

ナイロン弦のアコースティック・ギター。「Anastasia」のイントロで使われたのはこれということになるだろう。

Gibson : Les Paul / Myles Kennedy

マイルス・ケネディがメインで使用したP-90ピックアップ搭載のゴールド・トップ。ブルース・キューリックからの借用品だそうだ。

PRS Guitars : Mira / Myles Kennedy

マイルスがライヴでプレイしているギターで、新作のレコーディングでも部分的に使用されたそうだ。

Gibson: SG / Myles Kennedy

1959年製のSG。ピックアップにP-90を搭載し、マイルスが長年所有していると言う。リズム・トラックで使用された。

Gretsch : Brian Setzer Model / Myles Kennedy

グレッチのブライアン・セッツァー・モデル。プロデューサーのエリック・ヴァレンタインの物で、マイルスが1曲リズム・トラックで使用。

Silvertone / Myles Kennedy

エリックが手に入れたというシルヴァートーン製。改造は施されていない。そのユニークなトーンゆえ、スラッシュとマイルスの音の違いを出す為に使われたギターの1つといえる。

Martin : DM / Myles Kennedy

ギター・テクの所有物で、録音では使用されていないが、マイルスが曲作り用に毎日弾いていたそうだ。

Amplifiers

マーシャルを中心としたスラッシュのアンプ・セクション。AFDのヘッド2台を中心に使用された。

Marshall : 2203KK & JVM410H

上段はケリー・キング・モデルの2203KK、下段はJVM410H。後述するAFD100と併用された。

Marshall : JCM800 2203KK

ケリー・キング・モデル。切れ味の良いトーンが魅力で、AFDのDIRTYとブレンドさせて使われた。

Marshall : JVM410H

多彩なサウンドが魅力のJVM410Hは、チャンネルをOD1に固定して使われた。

Marshall : JCM800 #34

スラッシュが古くから使用しているJCM800で、通称#34と呼ばれている。AFDの#34モードの参考になったヘッドだ。

Marshall : AFD100

本作のメイン・サウンドを担うスラッシュのシグネチュア・アンプ、AFD100が2台。上段は歪み用としてDIRTY 1、下段はクリーン用としてCLEAN 1と記されている。

Marshall : AFD100 DIRTY 1

歪み用。コントロールは左からPOWER(10)PRESENCE(4)BASS(6)MIDDLE(6)TREBLE(5.5)MASTER(7)GAIN(6.2)となっている。モードは#34。

Marshall : AFD100 CLEAN 1

クリーン用。コントロールは左からPOWER(10)PRESENCE(0)BASS(7)MIDDLE(2)TREBLE(0)MASTER(10)GAIN(2)で、モードはAFD。

Marshall : JMP, JCM800

アーティストの機材システムのセットアップ、モディファイ、オリジナル・アンプ製作などで著名なラック・システムズ社のデイヴ・フリードマンによる改造が加えられたマーシャル3台。2203KK、JVM410H、#34と同様にAFD100とブレンドして使用されたが、3台とも「それぞれある特定の部分に特化した独自のサウンド」であるために、より限定された部分で使用されているそうだ。

Marshall : AFD Cabinets

左のスラントが付いたAキャビを歪み用、右のストレートのBキャビをクリーンで鳴らした。ライヴ録音時は音の混在を避けるため、スタジオのキッチンに設置してマイキングしたそうだ。

Effect Pedals 1

アンプの前にはBOSSのPQ-4が。緑と黒のペダルはアンプのスイッチャーだ。

Effect Pedals 2

(左から)MXRのTremolo Stereoとカスタム・ペダル(下段はブースター/オーヴァードライヴ、上2機はオクターヴ・ファズ)、ジム・ダンロップのカスタム・ワウ、同スラッシュ・シグネチュア・ワウSW-95。

Effect : Talk Box

ヘイル・サウンドのThe Talk Boxもセットアップ。

Slash Box

左の小部屋が“Slash Box”と呼ばれるギターの録音ブース。スラッシュ以外のメンバーはブースの外で(スラッシュのキャビ同様、ギターとベースは他の部屋で鳴らされ、マイキングされた音をヘッドフォンで聴きながら)、ヘッドフォンを着けたくない(!)スラッシュはブース内でモニター・スピーカーからの音を聴いて、全員一斉にライヴ演奏/レコーディングされる。

Slash Box : Inside

ブース内、モニターの上にあるのはトーク・ボックス用のアンプでVOX製Night Train。

Gibson : Les Paul Bass / Todd Kerns

トッド・カーンズ(b)が主に使用したレスポール・ベース。ギター・テクの友人が所有している。

Rickenbucker : 4000 Series / Todd Kerns

リッケンバッカー。こちらはブルース・キューリックから借用したモデルで、アルバム中2〜3ヵ所で使用された。

Gibson : Grabber / Todd Kerns

1970年代に作られたグラバー。プロデューサーのエリック所有で、1〜2曲で使用された。

Univox : Hi-Flyer / Todd Kerns

フラット・ワウンド弦を張ったUnivox。かなり古いもののようだ。

Fender : Precision Bass / Todd Kerns

フェンダーのプレシジョン・ベース。こちらもフラット・ワウンド弦が張られており、トレヴァー所有の1本だ。

Musicman : Stingray / Todd Kerns

トッドが主にライヴで使っている、ミュージックマンのスティングレイ。アルバムでも使用されている。

Gibson : Thunderbird / Todd Kerns

アルバムの数曲で使われた、ギブソンのサンダーバード。ドラマーのブレント・フィッツの所有物だそう。

Studio

スタジオの全景。